この記事の読了時間: 548

他界 意味 使い方とは 逝去 違い 類義語

 

他界」という言葉は、
親族の死などに対して使うことが多いですね。

「祖母が他界しました。」

「友人が他界しました。」

ところが、
その具体的な使い方に精通している人は
意外と少ないかと思います。

そこで、今回は
他界」の詳しい使い方、さらによく使う「逝去」との違いも
詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

他界の意味

 

まず、「他界」の意味を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【他界(たかい)】

自分が属さない世界。よその世界。

死後の世界。あの世。来世。また、夢や忘我状態のときに魂がさまよう所。

死ぬことを婉曲にいう語。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

他界(たかい)」は、
一般的には③の意味で使うことがほとんどです。

すなわち、「死ぬことを婉曲的に表現した語」ですね。

婉曲(えんきょく)」とは、
物事をはっきり言わずに、遠回しに言うこと」だと思ってください。

 

「死ぬ」とか「死亡」などと言うと、
何となく残酷でひどい言い方に聞こえてしまいます。

まして、「人が亡くなる」ということは
身内の人にとってはデリケートで深刻な状況だと言えます。

そこで、あからさまに死を表現するのではなく、
「〇〇が他界した」などと言うわけです。

 

元々、「他界」という言葉は仏教を由来とします。

仏教では、「死ぬこと」=「違う世界に行くこと
だと信じられてきました。

よく映画や漫画の世界などで、
「死んだ人があの世へ行く」というシーンを見るかと思います。

頭の上に輪っかを付けた状態で、
閻魔様に出会ったり、ヘビの道を歩いたりなど・・・。

あれはまさに、現世とは異なる世界にいること
を表した象徴的なシーンだと言えるでしょう。

つまり、
「他界」とは「の世(あの世)に行くこと」
を文字通り簡潔に表した言葉だったわけですね。

他界の敬語表現

 

「他界」を敬語表現として使うにはどうすればいいでしょうか?

まず、「他界」という言葉自体に
「死」を露骨に表さないというある種の配慮的な意味が含まれています。

したがって、普通に使う分には
他界しました」などで構いません。

後は状況に応じて
他界いたしました」などと丁寧に言ってもよいでしょう。

 

ただし、自分の身内ではなく
他人の死に使う場合は注意が必要
です。

この場合は、
他界なさる」「他界なさりました」などと言うようにしてください。

相手に対して「他界」を使う場合は、
その人に対して敬意を込めなければいけません。

なので、この場合は尊敬語を使うわけです。

スポンサーリンク

他界と逝去の違い

 

「他界」とよく似た言葉で「逝去」があります。

逝去(せいきょ)」とは、
他人の死を尊敬を込めて表した言葉」です。

意味としては、
「他界なさる」「他界なさりました」などとほとんど同じなので、
混同する人も多いかと思います。

しかし、実際には両者は微妙に意味が異なります。

 

まず、「他界」は、
「身内の死」と「他人の死」、両方に対して使えます。

一方で、「逝去」は他人の死には使えますが、
身内の死には使うことができません。

これはなぜかと言うと、
「逝去」にはこの言葉自体に尊敬の意味が強く込められているからです。

身内の死に対して、
「尊敬」を込めるというのは何だかおかしな話ですよね。

それを周りに発表するのはもっとおかしな話です。

「逝去」というのは
あくまで他人を敬った言葉だと認識しておいてください、

なお、先ほども説明した通り
「他界」は元々、仏教用語から来ていますので、
仏教以外の宗派(キリスト教など)には使わない方がいいでしょう。

もしも身の回りで厳格なクリスチャンの方が亡くなられた場合などは
「逝去」の方を使うのが無難です。

他界の類義語

他界 類義語 敬語

 

「他界」に似た言葉は他にも多くあります。

以下に、一つ一つ確認しておきましょう。

「死去」

 

死去(しきょ)」とは、
人が亡くなる」という意味です。

これは文字通り「死んで去る」と書くので
分かりやすいかと思います。

「死去」も「他界」と同じく、身内にも他人にも使える言葉ですが、
「死去」には仏教的な要素は含まれません。

なので、あくまで死んだことへの明確な事実のみを伝えるような時に使います。

「死亡」

 

死亡(しぼう)」にも「人が亡くなる」という意味があります。

ただし、「死亡」の場合は、
事件や事故・犯罪的な要素などが含まれときに使われます。

普段の病気などで亡くなったときは、
この言葉は使わないので注意してください。

「永眠」

 

永眠(えいみん)」にも、
人が亡くなる」という意味があります。

これは「永く眠る」、つまり「遠のり」と書くことからも分かるでしょう。

「永眠」は、元々キリスト教を由来とします。

キリスト教では、「死」という概念は、
違う世界へ行くことよりも永い眠りにつくことと信じられています。

そのため、仏教由来の「他界」と区別して
日本では「永眠」も使われる場合があります。

「亡くなる」

 

亡くなる」も、「人の死」を表す代表的な言葉です。

最も簡易的な言い方なので、
日常会話からビジネスまで幅広く使われています。

ただし、「亡くなる」の場合は
身内に対してしか使えないので注意が必要です。

他人に使うような場合は、
「お亡くなりになる」「亡くなられる」などのように
尊敬語にするようにしましょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を例文で確認しておきます。

 

【他界の使い方】

  1. 祖母が昨年暮れに他界しました。この場で発表させて頂きます。
  2. ずっとがんと闘病中だった兄ですが、本日、他界しました。
  3. 社長は2日前に他界なされました。82歳でした。

 

【逝去の使い方】

  1. 山田様のご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。
  2. 社長のご逝去に際し、私共も惜別の念を禁じ得ません。
  3. 御尊父様ご逝去された由、お悔やみ申し上げます。

 

【死去の使い方】

  1. 2歳年下の弟は、先月に死去いたしました。
  2. 長年一緒に生活していた妻が、昨日死去いたしました。
  3. 癌と闘っていた叔父ですが、本日、残念ながら死去いたしました。

 

【死亡の使い方】

  1. 交差点の衝突事故で、2人が死亡した。
  2. 強盗犯の銃撃により、計10人が死亡する悲惨な事件だった。
  3. 今回の事件の死体は、死亡後約2時間が経っていると思われる。

 

【永眠の使い方】

  1. イエスキリストは十字架に処刑後、まもなく永眠した。
  2. 愛犬のポチが、昨日永眠しました。15歳でした。
  3. 彼は昨年8月に永眠し、帰らぬ人となってしまった。

 

【亡くなるの使い方】

  1. 長年付き添ってきた母が、本日亡くなりました
  2. 亡くなる数日前から、夫は子供のことを心配していましたよ。
  3. 先生がお亡くなりになったと聞き、大変驚いています。

まとめ

 

では、この記事のまとめです。

 

他界」=「死ぬことを婉曲的に表現した語」。仏教で「違う世界へ行くこと」が由来。

逝去」=「他人の死を尊敬を込めて表した言葉

【両者の違い】⇒「他界」は「身内」と「他人」の両方の死に使えるが、「逝去」は他人の死にしか使えない。

類義語」=「死去・死亡・永眠・亡くなる」など。

 

英語では「死」は「death」という単語しかありません。

ところが、日本語では数多くの「死」を表す言葉があったわけですね。

この記事をきっかけに、
ぜひ多種多様な「死」を表す言葉を使い分けられるようにしましょう。

関連:>>逝去の意味とは?使い方や例文・類語を解説

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)