この記事の読了目安: 52

形勢逆転 意味 使い方 類語 英語 例文

 

形勢逆転」という四字熟語があります。

普段からよく使われる言葉なので、
聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

ただ、その具体的な使い方まで把握している人は少ないかと思います。

そこで今回は、
「形勢逆転」の意味や例文・類語・英語訳
などを詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

形勢逆転の意味・読み方

 

まずは、この言葉の意味と読み方です。

【形勢逆転(けいせいぎゃくてん)】

勢力などの優劣の状態が逆転すること。劣勢だった勢力やチームなどが優勢になり、逆に優勢だった勢力やチームなどが劣勢になること。形勢が逆転すること。

出典:三省堂 大辞林

形勢逆転」は「けいせいぎゃくてん」と読みます。

意味は「劣勢だった勢力が優勢になること」逆に、
優勢だった勢力が劣勢になること」を表します。

例えば、
野球の試合で1-3で負けていたとしましょう。

しかし、
味方のヒットやホームランなどで
5-3まで逆転したとします。

このような時に、
形勢逆転した」などと言うわけです。

 

あるいは、逆のパターンも考えられます。

味方のチームが3-1で勝っていましたが、
逆転ホームランを打たれて3-5になってしまいました。

このような時も、
形勢逆転された」などと言うことができます。

つまり「形勢逆転」とは
その時の勝ち負けの勢いが逆になること」を意味するわけですね。

形勢逆転の語源・由来

 

次に、この言葉の語源を確認していきましょう。

まず「形勢」は「形の勢い」と書くので、
その時々の形や勢いの方向性」を表します。

そして、「逆転」は文字通り
逆になること」「ひっくり返ること」などを表します。

 

これらの言葉を見ても分かるように、
「形勢逆転」は「物事の勢いがひっくり返ること
を意味した言葉ということが分かるでしょう。

スポーツやゲームの情勢は、
どちらかの勢いに偏っていることが多いです。

しかし、
いつまでも片方に勢いが偏っているわけではありません。

いずれは状況や立場が逆転するようなことが起こります。

そんな時に「形勢逆転」を使うわけです。

スポンサーリンク

形勢逆転の類語・対義語

形勢逆転 類語 対義語

 

続いて、「形勢逆転」の「類語」を紹介します。

【主客転倒(しゅかくてんとう)】

物事の順序や立場が逆転すること。

主人と客の立場が入れ替わることからできた言葉です。

【形勢一変(けいせいいっぺん)】

物事の状況や様子が急に変わること。

「一変」とは、「急に変わること」「全く変わってしまうこと」
などを意味します。

【下克上(げこくじょう)】

下の者が上の者に打ち勝ち、権力を手中にすること。

南北朝時代~戦国時代に起こった農民の一揆が由来です。

【攻守転換(こうしゅてんかん)】

攻撃と守りが逆になって変わること。

「転換」とは「異なるものに変わること」を意味します。

以上、4つの類語を紹介しました。

基本的には、
「お互いの立場が変わること・逆転すること」
などを表した言葉が類語となります。

この中では、「形勢一変」がほぼ同じ意味なので、
「同義語」と言ってもよいでしょう。

 

逆に、「対義語」としては、
「現状維持」が挙げられます。

【現状維持(げんじょういじ)】

現在の状態をそのまま保つこと。

こちらはスポーツなどでは使われませんが、
比較的よく使われる四字熟語です。

今の状況や状態が変わらないことを表す言葉なので、
「形勢逆転」の「反対語」となります。

形勢逆転の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「形勢逆転」は英語だと次のように言います。

 

reverse the situation(状況が逆転する)」

change the situation(状況が変わる)」

 

「reverse」は「逆転する・反転する」などの意味を持つ動詞です。

これに「状況」を意味する「situation」を付けることで、
「形勢逆転」と訳すことができます。

また、後者のように「change」を使って
「状況が変わる」という言い方をすることもできます。

ただ、こちらの言い方だと
「逆転する」という意味合いが少し薄れるため、
前者の方が本来の意味としては近いと言えます。

 

例文も紹介しておきましょう。

It is difficult to reverse a situation at a critical moment.
(土壇場で形勢逆転するのは難しい。)

The situation changed to my advantage.
(形勢逆転し、私の有利となった。)

スポンサーリンク

形勢逆転の使い方・例文

 

では、最後に「形勢逆転」の使い方を例文で確認しておきましょう。

 

  1. 残り10分。サッカー日本代表はついに形勢逆転された。
  2. 形勢逆転を許してしまったが、ここから再度巻き返しを図ろう。
  3. 将棋では、たった1つのミスで形勢逆転されることがよくある。
  4. 形勢逆転が命取りになるカードゲーム。それが大富豪である。
  5. 形勢逆転を狙って、残り時間は全力で頑張ってください。
  6. ライバル会社に売り上げで勝っていたが、下半期は形勢逆転されたようだ。

 

上記のように、
「形勢逆転」は様々な場面で使うことができます。

最も多いのはゲームやスポーツなどの勝負事に対してです。

最後の例文のようにビジネスに対して使えるのも特徴と言えます。

 

また、すでに説明したように、
「劣勢」「優勢」、どちらの立場にあっても使うことができる
ということでした。

なので、「劣勢⇒優勢」の場合は、
「形勢逆転する」「形勢逆転を狙う」などの言い方をします。

逆に、「優勢⇒劣勢」の場合は、
「形勢逆転される」「形勢逆転を許す」などの言い方が多いです。

どちらで使われているかは、このように
後ろにつく動詞や文脈によって判断するようにしましょう。

関連:>>ミイラ取りがミイラになるとは?意味や語源・使い方を解説

形勢逆転のまとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

「形勢逆転」=劣勢だった勢力が優勢になること・優勢だった勢力が劣勢になること。

語源・由来」=物事の形や勢いがひっくり返ることから。

類語・対義語」=「主客転倒・形勢一変・下克上・攻守転換」「現状維持」

英語訳」=「reverse the situation」「change the situation」

ということでした。

 

日々スポーツの試合などを見ていると、
情勢が一気に逆転することがよくあります。

そんな時は「形勢逆転」という四字熟語を使ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)