この記事の読了時間: 415

伸びる 延びる 違いとは意味 使い分け 道 寿命

 

今回は、
伸びる」と「延びる」の違いを解説していきます。

「のびる」という言葉は普段からよく使われていますね。

「身長が伸びる

「寿命が延びる

この2つの使い分けは、
一体どう行えばいいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

伸びるの意味

 

まずは、「伸びる」の意味からです。

【伸びる(伸ばす)】

それ自身の全体が長くなる。

引っ張られてまっすぐになる。

水分を加えて、引き伸ばす。

発展する・発達する。

伸びる(伸ばす)」の意味は大まかに4つに分かれます。

1つ目は、
それ自身の全体が長くなる」という意味です。

【例】

  • 身長が伸びる
  • ヒゲが伸びる
  • 草木が伸びる

 

2つ目は、
引っ張られてまっすぐになる」という意味です。

【例】

  • ゴムが伸びる
  • 針金が伸びる
  • しわが伸びる
  • 背筋が伸びる

 

3つ目は、
水分を加えて引き伸ばす」という意味です。

【例】

  • 絵の具を伸ばす
  • 小麦粉を伸ばす
  • クリームを伸ばす

 

そして最後は、
発展する・発達する」という意味です。

【例】

  • 勢力を伸ばす
  • 才能を伸ばす
  • 売上を伸ばす

 

伸びる」のイメージとしては、
全体が自由な形に増大すること」だと思ってください。

もっと簡単に言えば、
ビヨーンとのびる」ようなイメージですね。

延びるの意味

 

続いて、「延びる」の意味です。

【延びる(延ばす)】

つぎ足して長くなる。

日時が遅れる。

限界点の外に出る。危機を脱する。

延びる(延ばす)」の意味は大まかに3つに分かれます。

1つ目は、
つぎ足して長くなる」という意味です。

【例】

  • 道路を延ばす
  • 線路を延ばす
  • 地下鉄を延ばす

 

2つ目は、
日時が遅れる」という意味です。

【例】

  • 会議を延ばす
  • 遠足を延ばす
  • 旅行を延ばす

 

3つ目は、
限界点の外に出る・危機を脱する」という意味です。

【例】

  • 逃げ延びる
  • 生き延びる
  • 落ち延びる

※「落ち延びる」とは、
「捕まらずに、遠くへ逃げること」を言います。

 

「延びる」のイメージとしては、
限界点が、さらに遠くへ移ること」だと思ってください。

言いかえれば、
加わる・延長する」ということですね。

スポンサーリンク

伸びると延びるの違い

伸びる 延びる 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

伸びる」=全体が自由な形に増大すること。(ビヨーンとのびる)

延びる」=限界点がさらに遠くへ移ること。(加わる・延長する)

ということでした。

 

つまり両者の違いを簡単に言うと、

伸びる」は「それ自体が長くなること

延びる」は「付け足して長くなること

だと言えます。

 

例えば「ゴムを伸ばす」であれば、
「ゴムの両端を引っ張り、ゴム自体を長くする」という意味になります。

一方で、「ゴムを延ばす」だと、
「このゴムに別のゴムを結び付けて長くする」という意味になるのです。

 

それぞれの語源も確認しておくと、

「伸びる」の「」は、
「伸縮」「伸長」「屈伸」などと同じ漢字です。

転じて、「伸」の方は、
ちぢんでいるもの(かがんでいるもの)をのばす
という意味になります。

つまり、「伸びる」は原則として
「伸縮性のあるものに使う言葉」ということが分かるかと思います。

 

一方で、「延びる」の「」は、
「延長」「延期」「遅延」などと同じ漢字です。

転じて、
「延」=「引き延ばす・範囲が広がる・遅れる」などの意味になります。

よって、「延びる」の方は時間や日程・道路など
「延長・延期できるものに使う言葉」となるわけです。

 

以上まとめると、

伸びる」=それ自体が長くなること。伸縮性のあるものに使う

延びる」=付け足して長くなること。延長・延期できるものに使う

となります。

 

ちなみに、「伸びる」には「発展する・発達する」などの意味もありましたが、この意味の場合は「伸縮性」ではなく「伸びしろがあるので伸びるを使う」と覚えておくとよいでしょう。

※「伸びしろ」とは、
「成長や発展していく可能性」のことです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきます。

 

【伸びる・伸ばすの使い方】

  1. 彼は髪の毛が伸びるスピードがとても速い。
  2. 小麦粉を伸ばして、手作りのピザを作る。
  3. 会社全体で売り上げを伸ばす努力をしよう。
  4. ヒモの長さが伸びるマジックを披露する。
  5. 10代の頃が一番学力が伸びると言われている。

 

【延びる・延ばすの使い方】

  1. 寝坊したせいで、出発が延びてしまった。
  2. 相手側は支払いの期日を延ばしてくれた。
  3. 何とか野良犬から逃げ延びることができた。
  4. この駅では地下鉄のホームを延ばす工事をしている。
  5. ひもをつないで長さを3メートルだけ延ばす

 

関連:>>発育と発達の違いとは?成長の意味も解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

伸びる」=全体が自由な形に増大する。それ自体が長くなる

延びる」=限界点がさらに遠くへ移る。付け足して長くなる

「伸びる」は「伸縮性のあるもの」に使い、
「延びる」は「延長・延期できるもの」に使う。

ということでした。

ポイントは、
「両者の語源を覚えておくこと」だと言えるでしょう。

では今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)