この記事の読了時間: 445

寄付 寄贈 違い 贈呈 意味

 

皆さんは、
寄付」と「寄贈」の違いを
説明できるでしょうか?

 

震災が起こった時に
「お金が寄付された」などという
言い方をよく聞くと思います。

また、学校や美術館などに
寄贈」と書かれたものもありますよね。

これらの言葉には、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

寄付の意味

 

まずは、
「寄付」の意味です。

【寄付/寄附(きふ)】

金品を贈ること。特に、公共の団体や社寺などに金品などを贈ること。

出典:三省堂 大辞林

寄付」とは、
公共の団体などへ金品を贈ること」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • NPO法人へ寄付する
  • 日本ユニセフ協会へ寄付する

 

寄付」は、公共の団体に
無償でお金を提供するような場合に使います。

逆に言えば、
利益を得ている一般企業や営利団体には
使わない言葉ということですね。

 

また、贈るモノとしては、
「金品」が対象となります。

金品(きんぴん)」とは、
お金や財産のこと」だと思ってください。

 

身近な例だと、
「現金以外に時計やネックレス・指輪など」
も金品に含まれますね。

寄贈の意味

 

続いて、
「寄贈」の意味です。

【寄贈(きぞう)】

⇒(主として学校などの公共性の高いところに)品物を贈ること。

出典:三省堂 大辞林

寄贈」とは、
主に学校などに品物を贈ること」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 母校へピアノを寄贈した
  • 小学校へ本を寄贈した

 

寄贈」は、
公共性のある場所へ品物を贈る
という点がポイントですね。

「公共性」とは、
「社会全体が関わっている」という意味です。

そして、「品物」とは、
「人が使ったり利用したりできるもの」
を指します。

 

つまり、
みんなが関わるような学校や病院へ
人が使えるものを贈ること

寄贈」と言うわけですね。

スポンサーリンク

寄付と寄贈の違い

寄付 寄贈 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

寄付」=公共の団体などへ金品を贈ること。

寄贈」=主に学校などに品物を贈ること。

ということでした。

 

両者の違いは、2つの点から
比較すると分かりやすいでしょう。

 

1つ目は、
贈るモノの違い」です。

 

寄付」は「金品を相手に贈ること」ですが、
寄贈」は「品物を相手に贈ること」です。

 

したがって、
いくらお金がかかろうが、
1万円の本を被災地に送っても
それは寄付とは言えません。

なぜなら、
本というのはあくまで品物であって
財産ではないからです。

 

逆に、うまい棒並に低い金額であっても
「現金10円」を被災地に送れば、
それは寄付と言えるわけですね。

 

2つ目は、
贈る対象の違い」です。

 

「寄付」は
公共の団体に対して幅広く使います。

また、場合によっては
「個人」に対しても使える言葉です。

 

一方で、
「寄贈」は学校などの「教育機関」、
病院などの「医療機関」など対象が限定されます。

これはなぜかと言うと、
「寄贈」は品物を贈る行為だからですね。

 

「寄贈」する場合は、大前提として
品物を置けるような場所しか対象になりません。

したがって、
贈る対象の範囲で言えば
寄付」>「寄贈とも言えるわけです。

 

ちなみに、辞書の説明だと
寄付」≒「寄附」とも書かれています。

しかし、この2つは
厳密には使い分けすべき言葉です。

 

詳しい違いは、
以下の記事を参照してください。

>>寄付と寄附の違いとは?意味や使い分けも

スポンサーリンク

贈呈の意味

 

似たような言葉で
「贈呈」があります。

「贈呈」の意味も確認しておきましょう。

【贈呈(ぞうてい)】

人に物を贈ること。

公式の場などで、人に物を贈ること。

出典:三省堂 大辞林

贈呈」とは、
公式な場で人に物を贈ること」を言います。

 

「贈呈」は、「人に贈る」
という点がポイントですね。

この時点で、
団体に贈る「寄付」や「寄贈」とは違う
ということが分かるかと思います。

 

また、同じ「物を贈る行為」でも
贈呈」は立場が上の相手に送ります。

例えば、
「結婚式での花束贈呈」や
「記念品の贈呈」といった行為ですね。

 

言い換えれば、
相手への尊敬が含まれた行為
とも言えるでしょう。

逆に、「寄付」や「寄贈」は
「立場が同等もしくは格下の相手に使う」
と考えてください。

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
確認しておきましょう。

 

【寄付の使い方】

  1. 売上金10億円を、日本赤十字社に寄付した。
  2. 募金したお金は、被災地に寄付する予定です。
  3. 100万円分の時計が、慈善団体に寄付された。
  4. 寺院設立のため、多額の寄付金を集める。

 

【寄贈の使い方】

  1. 自費出版した本を、図書館に寄贈する。
  2. この絵画は、卒業生による寄贈品です。
  3. 体育祭で使うテントを学校に寄贈した。
  4. 最新の医療機器が大学病院に寄贈された。

 

【贈呈の使い方】

  1. 新郎新婦から、両親へ花束が贈呈された。
  2. 名誉職の称号を贈呈する予定です。
  3. 記念品の贈呈式が都内で行われた。
  4. MVPとしてビール1年分が贈呈された。

 

補足すると、「贈呈」は
食品など「形の残らないもの
にも使うことがあります。

対して、
「寄贈」は同じものでも
「何かしら形が残るものに使う」と考えてください。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回の内容をまとめると、

寄付」=公共の団体などへ金品を贈ること。幅広い対象

寄贈」=主に学校などに品物を贈ること。限定的

贈呈」=公式な場で、(立場が上の)人へ物を贈ること。

ということでしたね。

 

ポイントとしては、
「誰(どこ)に何を贈るのか?」
という点を押さえておきましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク