この記事の読了目安: 545

勧善懲悪 意味とは わかりやすく 例文 使い方 類語 英語

 

ドラマや映画・小説などに
よく登場する四字熟語があります。

それが、「勧善懲悪」です。

この言葉の意味や由来・具体的な使い方などが
気になる人も多いかと思います。

そこで今回は、
「勧善懲悪」の意味を分かりやすく簡単に解説しました。

さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

勧善懲悪の意味・読み方

 

まず、この四字熟語を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【勧善懲悪(かんぜんちょうあく)】

善良な人や善良な行いを奨励して、悪者や悪い行いを懲らしめること。

出典: 三省堂 新明解四字熟語辞典

勧善懲悪(かんぜんちょうあく)」とは、
善い人や善い行いをした者をほめ、悪者や悪い行いをした者を懲(こ)らしめる」という意味です。

例えば、水戸黄門などの時代劇では、
悪代官が私利私欲のために悪事を働く様子に対して、
黄門様が悪人達を懲らしめて善人を救います。

また、ウルトラマンなどの戦隊映画でも、
主人公であるウルトラマンが町を荒らしている怪物を倒し、善人を救います。

つまり、
善いことはちゃんと奨励する一方で、悪いことにはとことん罰を与えること

これを「勧善懲悪」と言うわけです。

 

映画やドラマなどでは、
善人が最後には栄え、悪人はいつか滅びるという
王道のストーリー展開が多いです。

なので、「勧善懲悪」はこうした分かりやすい
「善」と「悪」を表すような物語でよく使われるのです。

勧善懲悪の語源・由来

 

「勧善懲悪」は、中国春秋時代に書かれた歴史書である
春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』に由来します。

『春秋左氏伝』の中に
人をらしめて、人をめ励ます」という内容の記述があります。

これを簡単に訳すと、
悪人には罰を与え、善人になることを勧める」ということです。

つまり、
「悪い人にはそれ相応の罰を与え、善い人になりなさい」
ということを言っているわけですね。

 

日本にもこの言葉は古くからあり、聖徳太子の17条憲法第6条には
懲悪勧善。古之良典」と記されています。

これも同じような意味で、
「悪を懲らしめて善を勧めること。古くからの良いしきたりである」
ということを言っています。

以上の事から考えると、「勧善懲悪」は紀元前の春秋時代にはすでにあり、その後聖徳太子がいる飛鳥時代にはすでに日本に入っていたものと思われます。

言い換えれば、非常に古くから存在する四字熟語だということです。

スポンサーリンク

勧善懲悪の類義語・対義語

勧善懲悪 類語 対義語

 

続いて、「勧善懲悪」の「類語」と「対義語」を紹介します。

まずは、「類義語」からです。

【天網恢恢(てんもうかいかい)】

悪人や悪事は決して取り逃がさないこと。

「天網」は「天が張り巡らした網」、「恢恢」は「広く大きい様子」を表します。

「悪人を逃がさない大きな網」ということで上記のような意味になります。

【遏悪揚善(あつあくようぜん)】

悪を戒めて、善を勧めること。

※「欠点を抑えて、長所を伸ばすこと」
という意味で使う場合もあります。

【破邪顕正(はじゃけんしょう)】

悪事を取り締まり、善行を勧めること。

孔子が集大成した『易経(えききょう)』の中の言葉が由来です。

【激濁揚清(げきだくようせい)】

悪を取り除き、善を勧めること。

「激濁」とは、「激しく濁ったもの」すなわち「悪事」を指します。

また、「揚清」とは「清らかなものを揚げる」
つまり「善い事を推奨する」ということです。

以上、4つの類語を紹介しました。

基本的にはどれも
「悪事をなくし、善行や善人を奨励していく」
という意味を持っています。

正義のヒーローのようなイメージを持てば、
分かりやすいのではないでしょうか。

 

逆に、「対義語」としては
以下のような四字熟語が挙げられます。

【極悪非道(ごくあくひどう)】

この上なく悪い人や様子を表した言葉。

【悪逆無道(あくぎゃくむどう)】

人の道にはずれた、非常に悪い悪事のこと。

【跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)】

悪人などがのさばり、はびこること。

こちらは反対語なので、
「悪人がはびこったり、悪事が放置された状況」
を表す言葉となります。

当然、悪い意味として使うと考えてください。

スポンサーリンク

勧善懲悪の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「勧善懲悪」は、英語だと次のように言います。

 

poetic justice

 

「poetic」は「詩的な・詩の」という意味の形容詞、
「justice」は「正義・公正・公平」などの意味を持つ名詞です。

合わせることで、「詩的な正義」と訳すことができます。

ここでの「詩的」とは、「物語でヒーローが悪役に勝つ話」
というイメージで考えると分かりやすいでしょう。

 

また、少し難しい表現だと、
以下のような言い方も可能です

virtue rewarded and vice punished」(善行は称賛され、悪口は罰せられる)

「virtue」は「善行」、「reward」は「称賛する」、
「vice」は「悪口」、「punish」は「罰する」という意味の単語です。

こちらの方が難しい表現なので、口語ではあまり使いません。

勧善懲悪の使い方・例文

 

では、最後に「勧善懲悪」の使い方を例文で確認しておきましょう。

 

  1. 水戸黄門のような勧善懲悪な時代劇は、やはりいつの時代も人気があるね。
  2. 勧善懲悪のドラマは王道だが、多くの人に共感を与えることができる。
  3. 古典的な小説には、勧善懲悪な様子を描いたストーリー展開が多い。
  4. アンパンマンや仮面ライダーが人気なのは、純粋に勧善懲悪であるからだ。
  5. 正直に言うと、私は勧善懲悪な漫画やアニメがあまり好きではありません。
  6. 悪人が処罰され、善人が報われる。そんな勧善懲悪な世界が理想です。

 

「勧善懲悪」は、上記のように
ドラマや映画、漫画・アニメ、小説、時代劇など様々な対象に使うことができます。

どれも物語の中身や主人公を称賛する内容なので、
基本的には良い意味として使うと考えて問題ありません。

ただ、必ずしも良い意味で使うか?と言うと実はそうではありません。

例えば、最後の5の例文のように、
「勧善懲悪」をネガティブな意味として使うこともあります。

 

昔と比べて今の世の中は複雑になり、
善悪の判断が難しい場面が多々あります。

また、一言で「善」や「悪」と言ってもその定義が曖昧なため、
場合によってはその境界があいまいになるケースもあります。

そんな時に、あまりに「勧善懲悪」を振りかざしてしまうと
使われる側としては違和感を覚えてしまうでしょう。

なので、「勧善懲悪」はあくまで道徳の基本を表した四字熟語であり、それが絶対的に正しいという意味までは含んでいない言葉だと考えて下さい。

関連:>>酒池肉林の意味とは?使い方や語源・類語を解説

関連:>>良いと善いの違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

勧善懲悪」=善い人や善い行いをした者をほめ、悪者や悪い行いをした者を懲らしめること

語源・由来」=中国春秋時代の歴史書、『春秋左氏伝』から。

類語」=「天網恢恢・遏悪揚善・破邪顕正・激濁揚清」

対義語」=「極悪非道・悪逆無道・跳梁跋扈」

英語」=「poetic justice」「virtue rewarded and vice punished」

ということでした。

「勧善懲悪」であることは望ましいことです。

しかし、実際の世界では正義が必ずしも勝つとは限りません。

だからこそ、「勧善懲悪」なストーリーが
世の人々には受けると言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)