この記事の読了目安: 537

一言居士 意味 使い方 例文 由来 英語

 

今回ご紹介する四字熟語は「一言居士」です。

「一言居士」は人と人が接する場面でよく使われます。

ただ、具体的な使い方を
イメージできない人も多いかと思います。

そこで本記事では、
一言居士」の意味や読み方・由来・類語などを解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

一言居士の意味・読み方

 

まずは、基本的な意味と読み方です。

【一言居士(いちげんこじ)】

どんな事についても、なにか自分の意見を言わないと気のすまない人。いちごんこじ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

一言居士」は「いちげんこじ」と読みます。

いちごんこじ」と読むことも可能ですが、
多くの場合「いちげんこじ」と読みます。

「一言」は、「ひとこと」とは読まないので注意してください。

 

そして意味ですが、
どんな事にも、何か自分の意見を言わないと気が済まない人
のことを指します。

例えば、会社の会議などで
今後のビジネスについて話し合っていたとしましょう。

しかし、どんなにスムーズに会議が進んでいても、
毎回必ず意見を言ってくる人がいました。

  • そこはこうした方がいいのでは?
  • 前回の意見の方が良かったのでは?
  • 他にもっと良い案があるのでは?

のように横から意見を挟むようなイメージです。

このような場合に、
「彼は一言居士な人だ」などのように言うわけです。

 

つまり、「一言居士」とは、
何かにつけ、いちいち口を挟んでくる人
のことを表すわけですね。

一言居士な人は、口を挟むと言っても
ものすごい量の口出しをするというわけではりません。

あくまで、一言だけ理屈を言ったり、
少しだけ注釈を加えたりするような人を指すのです。

一言居士の語源・由来

 

一言居士」は、
一言」と「居士」の2つから成る四字熟語です。

まず、「一言」とは文字通り「ひとこと」という意味です。

そして、「居士」ですがこれは、
学徳が高いが、仕官しない人」のことを指します。

「仕官(しかん)」とは、
「官に仕えること・役人になること」だと考えて下さい。

 

「居士」は元々は仏教を由来とする言葉で、
古代インドでは「資産家の家長」を指していました。

そして、日本では
「在家で修行する男子」のことを指していたと言われています。

江戸時代頃になると、
「男性が亡くなった後の戒名の下に付ける敬称」として使われていました。

さらに近代に入ると、ある特徴や性質を持った人に対し、
親しみや軽い蔑みの意味を込めて「◯◯居士」と呼ぶようになりました。

このことから、
何かにつけて一言言わずに済まない人を
「一言居士」というようになったのです。

 

以上の経緯から考えると、「居士」という言葉自体には
そこまで否定的な意味は含まれていなかった
ということが分かるかと思います。

時代の流れとともに「居士」は、
否定的なニュアンスとして使われるようになったのです。

スポンサーリンク

一言居士の類義語

一言居士 類語 対義語

 

続いて、「一言居士」の「類語」を紹介します。

【一家言(いっかげん)】

一つの知識を持った意見。その人独特の意見や主張。

「一家言な人」のように用いる。

【頑固一徹(がんこいってつ)】

自分の意見や考えを頑なに押し通すこと。

【うるさ型(がた)】

何にでも口を出し、文句を言いたがる人。

【一徹短慮(いってつたんりょ)】

一筋に押し通してよく考えないこと。浅い考えで頑なに思い込むこと。

【横槍(よこやり)を入れる】

第三者が人の話や仕事に対して横から口を出すこと。

以上、5つの類語を紹介しました。

この中では、「うるさ型」が
一番意味としては近いと言えるでしょう。

言葉通り、相手に対してうるさく文句を言うような言葉です。

ことわざ(慣用句)では、
最後の「横槍を入れる」もよく使われています。

 

なお、「類語」として間違えやすい四字熟語で
直言居士(ちょくげんこじ)」が挙げられます。

「直言居士」とは、
相手が誰であろうと良いことは良い、悪いことは悪いとはっきり述べる人」のことを指します。

この四字熟語自体には、
「一言」や「口を挟む」という意味は含まれていません。

「一言居士」と「直言居士」は、
全く意味が異なる言葉なので注意してください。

一言居士の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「一言居士」は英語だと次のように言います。

 

①「have something to say about everything

②「always wants to comment on any (and every)subject

 

①は直訳すると、
すべての事に対して、何か言うことを持っている」となります。

すなわち、
「何か必ず言ってくる」ということです。

また、②は「どんな話題に対しても常にコメントをしたがる」という訳となります。

「subject」はここでは「話題」という意味で使われています。

その他、簡易的な表現では、
「complain(文句を言う)」「find fault with(粗探しをする)」
などの言い方も可能です。

スポンサーリンク

一言居士の使い方・例文

 

では、最後に「一言居士」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 父は一言居士な性格なので、仕事になると必ず口を出してくる。
  2. あいつの一言居士ぶりが疎まれるのは、何となく分かる気がするよ。
  3. 彼女は一言居士な人なので、周りから面倒臭いと思われているようだ。
  4. 彼は相変わらずの一言居士で、会議を引っかき回していたみたいだね。
  5. 上司の発言は一言居士な気もするが、言っていることは理にかなっているよ。
  6. さすがに彼は一言居士と言われるだけあるね。良いアイデアがどんどん飛び出してくるものだ。

 

例文のように、「一言居士」は、
否定的な意味として使うのが基本です。

多くの場合、
「常に口出しをしてくる人」「何か一言言わないと済まない人」
といった面倒な人を対象とします。

男性・女性に限らず使える四字熟語です。

 

しかし、必ずしも否定的な意味として使うというわけではありません。

例文の5や6のように、
肯定的な意味として使う場合もあります。

この場合は、
「良いアドバイスをくれる人」「良いアイデアや知恵を出してくる人」といった意味として使われています。

由来の説明でも述べたように、
元々の「居士」という言葉自体にはネガティブな意味は含まれていません。

そのため、このように良い意味として使うこともあるのです。

関連:>>一言一句の意味とは?使い方や語源・類語を解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

一言居士」=どんな事にも、何か自分の意見を言わないと気が済まない人。

語源・由来」=仏教由来。「居士」は「学徳が高いが、仕官しない人」を指す。

類語」=「一家言・頑固一徹・うるさ型・一徹短慮・横槍を入れる」など。

英語」=「have something to say about everything」「always wants to comment on any subject」

ということでした。

 

どのような場であろうと、
自分の意見を必ず述べないと気が済まない人がいます。

周囲からすると、「面倒くさい」と思われるような人です。

一方で、「一言居士」には「ご意見番」「アドバイス訳」
のような良い意味も含まれていることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)