この記事の読了時間: 548

一目置く 意味とは 例文 使い方 語源

 

一目置く」という慣用句があります。

この言葉自体は、
普段からよく使われている印象ですね。

一目置かれる男」

「あいつは一目置かれている」

 

ただ、よく使われているだけに誤用が多いのも事実です。

特に、目上の人に対して使う時は
注意が必要な言葉とも言われています。

では、一体どのような点に注意すればいいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

一目置くの意味・読み方

 

まずは、
基本的な意味と読み方です。

【一目置く(いちもくおく)】

自分より優れていることを認めて敬意を払う。一歩譲る。

出典:三省堂 大辞林

一目置く」は、「いちもくおく」と読みます。

よくある読み間違えとして
ひとめおく」がありますので注意しましょう。

意味としては、
相手に敬意を払うこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

「彼の仕事の速さは、みんなから一目置かれているね。さすがだよ。」

この場合は、
「みんなからすごいと思われるほど、彼の仕事が速い」
ということですね。

「一目置く」は、
このように相手の実力を認めるような時に使うのです。

 

ここで一点だけ注意すべきことがあります。

それは、「一目置く」は、
自分より目上の人に対して使う言葉ではない」ということです。

「一目置く」には、
相手を評価する」という意味も含まれています。

したがって、
基本は目上の人が目下の人に対して使う言葉なのです。

もしも自分より目上の人に使ってしまうと、
失礼な表現になってしまうので気を付けて下さい。

 

例えば、以下のような使い方は誤用です。

「私は平社員ですが、部長に対しては一目置いています。」

この場合は、
「平社員の私が部長のことを評価している」
という非常に上から目線の表現となっています。

「一目置く」は、
自分と同じランクの人(同僚や友達)、もしくは
自分より下の人(部下・後輩等)に使うのが普通です。

どうしても目上の人に使いたい場合は、
一目置かれる存在」のように主語を断定せず、
客観的な表現にするようにしましょう。

スポンサーリンク

一目置くの語源・由来

一目置く 語源

 

ところで、
この言葉はどこから来たのでしょうか?

実は、「一目置く」の由来は、
囲碁(いご)」からだと言われています。

 

囲碁の世界では、「一目」のことを
盤上の一つの目」または「一個の碁石(ごいし)」を指します。

この場合の「目」は、
「マス目」の「目」だと思ってください。

つまり、
「一目置く」とは「一個の碁石を置く」という意味なのです。

 

では、どうして碁石を一個置くことが敬意につながるのでしょうか?

その理由は、「囲碁のハンデ戦」にあります。

 

囲碁では、ハンデ戦を行う場合、
弱い人が先手で黒石を置き、強い人が後手で白石を置きます。

簡単に言うと、
弱い方が先に石を置く」のです。

 

これはなぜかと言いますと、
ボードゲームは基本的に先手の方が有利だからです。

将棋などのプロ同士の対局でも、
先手の勝率が52%~53%というデータもあるくらいですからね。

「先手必勝」という言葉もある通り、
先に攻撃をスタートできるほうが有利なのです。

 

囲碁に限らず、ハンデの目的は、
少しでも接戦になるように弱者に配慮することです。

そのため、配慮してもらった側としては、
相手の強さに感謝と敬意を込めて先に石を置く」のです。

ここから、
「一目置く」は「(強い)相手に敬意を表する」
という意味になったわけですね。

 

余談ですが、なぜ強い方が白で打つかというと、
「白は夜でもはっきり見えるメリットがあるから」だそうです。

黒色の場合、夜だったり暗い場所だと
碁石が見えにくくなってしまいます。

弱者側としては、先に打たせてもらう代わりに、
少しでも強者に利便性を提供しようということですね。

スポンサーリンク

一目置くの類語・対義語

 

 

続いて、「一目置く」の類語を紹介します。

 

  • 敬意を払う
  • 敬意を表する
  • 評価する
  • 高く買う
  • 認める
  • 兄事(けいじ)する

※「兄事する」とは、兄に対するように、
敬意と親愛の気持ちをもって仕えることです。

 

基本的には、「相手に敬意を表する言葉」が類語となります。

今回の場合は、
評価する」という類語もあることが
ポイントですね。

 

逆に、「対義語」としては
以下の言葉が挙げられます。

 

  • 軽蔑する
  • 見下す
  • 下に見る
  • バカにする
  • 見くびる
  • 蔑ろにする

 

こちらは「相手を下に見る」
といった言葉が一番分かりやすいですね。

上から目線でバカにしたり、軽蔑したり、
といった言葉が反対語となります。

一目置くの英語訳

 

続いて、英語訳です。

「一目置く」は英語だと次の2つの言い方があります。

 

admit somebody’s superiority(相手の優位を認める)」

acknowledge somebody’s superiority(相手の優位を認める)」

 

「囲碁」は元々中国発祥のボードゲームなので、
英語圏では囲碁などの文化はありません。

なので、少々遠回しな言い方になりますが、
相手が優位であることを認める」という訳になります。

「respect」などの「尊敬する」ではなく、
「認める」というニュアンスですね。

 

例文だと、それぞれ以下のような言い方になります。

You should admit his superiority.(あなたは彼に対して一目置くべきだ。)

I acknowledge your superiority.(僕は君に一目置いているよ。)

スポンサーリンク

 

一目置くの使い方・例文

 

では、最後に「一目置く」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 勉強もスポーツもできる彼は、クラス中から一目置かれる存在だ。
  2. 彼女の仕事の正確さには、上司の私も一目置いている。
  3. あの人は政界で頭の切れる人間として、一目置かれる人物だ。
  4. 彼の頭の良さは、教師の私ですら一目置くほどだ。すごいね。
  5. あいつは昔から運動神経は悪いが、絵の才能だけは周りから一目置かれていた。
  6. 彼のバッティング技術は、一目も二目も置かれる天才的なものだ。

 

すでに説明した通り、「一目置く」は、
相手に敬意を払う・評価している」といった意味の言葉でした。

ポイントは、
「上司などの目上の人に対しては使わない」ということでしたね。

目上の人に使う場合は、
普通に「尊敬しています」などを使うようにしましょう。

 

ちなみに、「一目置く」よりも、さらに敬意を表す場合は
一目も二目(にもく)も置く」と言います。

これはつまり、一個どころか二個先に置かないと
勝てないくらい相手を尊敬しているということですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

一目置く」=相手に敬意を払う。評価する。

語源・由来」=「囲碁」で先に一目置くことは、ハンデをもらった弱者が強者に敬意を払うことだから。

類語」=「敬意を表する・高く買う・認める・兄事する」など。

英語」=「admit somebody’s superiority」「acknowledge somebody’s superiority」

ということでしたね。

 

「一目置く」は意味も大事ですが、使い方が特に重要です。

もしも使う時は、
目上の人に失礼にならないようにしましょう。

スポンサーリンク