この記事の読了時間: 611

大丈夫の意味とは 由来 語源 使い方 例文

 

大丈夫」という言葉は普段からよく目にしますよね。

「毎日、無意識に使っている」
という人も多いのではないでしょうか。

実は、「大丈夫」は
間違った使い方をする人がとても多い言葉です。

本当の意味を学んで、あなたの知識を深めましょう。

今回は、「大丈夫」の意味や由来・言い換えなどを解説しました。

大丈夫の意味

 

まず、この言葉の意味を調べると、
次のように書かれています。

【大丈夫(だいじょうぶ)】

① 名詞。だいじょうふ(大丈夫)。

② 形容動詞。1. あぶなげがなく安心できるさま。強くてしっかりしているさま。2. 間違いがなくて確かなさま。

③ 副詞。間違いなく。確かに。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「大丈夫」の意味は全部で3つあります。

その中でも、特に②と③の意味で使うことが多いと考えてください。

つまり、
安心できる様子・間違いがなく確かな様子」ということですね。

 

使い方としては、以下の通りです。

毎日勉強してきたから、必ず試験に合格するさ。だから心配しなくて大丈夫だよ。

上の例文は、
間違いなく試験に合格するので、安心してほしい」ということを伝えています。

相手に、「合格は確実だ」と伝えて安心させようとしていますね。

このように、「大丈夫」とは、
不安が生じるような場面で「安心してよい
ということを伝える言葉だと考えて下さい。

 

逆に、次のような使い方は誤りとなります。

買い物袋を持っているので、レジ袋は大丈夫です。

この場合は、お会計の場面で
「レジ袋をもらう必要はない」ということを伝えようとしています。

しかし、詳しくは後ほど説明しますが、
「断り文句」として「大丈夫」を用いるのは誤用です。

一見、丁寧に聞こえますが
本来の使い方ではないので注意してください。

大丈夫の由来・語源

 

次に、この言葉の由来・語源を確認しましょう。

 

大丈夫」とは、
中国から伝わり日本で意味が変化した言葉」と言われています。

 

まず、「」は「大きい」という意味です。

転じて、「大江戸」などのように
立派である」という様子を表します。

 

続く「丈夫」ですが、「」は「寸法の単位
」は「」という意味です。

この2つに「大」をつけることで、
「大きな男性」すなわち「立派な成人男性」という意味になります。

 

中国・周時代、成人男性の平均身長は
「1丈」=「約1.7メートル」でした。

そこから、成人男性を「丈夫」と呼び、
特に立派な男性を「大丈夫」と言うようになったのです。

その後、「大丈夫」は日本に伝わり、
「立派な男性が近くにいる」=「しっかりしている・安心できる」という意味になりました。

 

このように、「大丈夫」とは
元々は中国で「立派な成人男性」を意味していたものが、
日本で「安心できる」といった意味に転じた言葉ということです。

なので、やはりこの言葉を「断り文句」として使うことは、
誤りであることが分かるかと思います。

「立派な男性がいること」と「断ること」は、
一切結びつきませんからね。

大丈夫の類語

大丈夫 類語 同義語

 

続いて、「大丈夫」の類語を紹介します。

【心配ない(しんぱいない)】

気がかりなことや不安なことがない様子。

「心配」とは、
「物事の先行きなどを気にして、心を悩ますこと」です。

【支障ない(ししょうない)】

特に問題ではないこと。

「支障」とは、
「妨げとなる物事」という意味です。

【間違いない(まちがいない)】

その内容に誤りはない、と断定する表現。

「間違いない」は、前の内容を受けて
その内容が「確かである」ということを表します。

【無難(ぶなん)】

欠点がないこと。危険や災難のないこと。

「難」とは、「欠点・危険」という意味の言葉です。

全部で4つ紹介しました。

共通しているのは、
不安なことがない様子」を表しているということです。

先ほども確認したように、
「大丈夫」=「安心できる」という様子を表します。

心から安心するためには、
不安な要素や問題点をなくす必要があるということですね。

大丈夫の英語

 

続いて、「英語訳」です。

「大丈夫」は、英語だと次の3つの言い方があります。

 

all right(申し分ない・確かに)」

okay(分かったよ)」

fine(素晴らしい・見事な)」

 

まず、「all right」は「不調や不足がない」という意味です。

「all」は「全て」、「right」は「正しい・適切」という訳なので、
「全て適切である」=「大丈夫」という意味になります。

次に、「okay」とは「分かった・はい」という意味の言葉です。

日本語にも浸透している単語ですね。

「all right」に比べて、カジュアルな印象を与える言葉となります。

最後に、「fine」は「素晴らしい」という意味です。

相手を励ますような、前向きな場面で使うことができます。

 

例文だと、それぞれ以下のような言い方をします。

I’m all right. My cold got better.(大丈夫。風邪はもう良くなりました。)

It’s okay. Leave it to me.(大丈夫。私に任せて。)

He’ll be fine. Let’s leave her alone for now.(彼なら大丈夫だよ。今は1人にしてあげよう。)

大丈夫の使い方・例文

 

では、最後に「大丈夫」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

まずは、「正しい方の使い方」です。

 

【大丈夫の正しい使い方】

  1. あなたなら、必ず成功するから大丈夫よ。
  2. あの人、さっき転んでいたけれど大丈夫かしら。
  3. これだけ備蓄を買えば、当分の間は大丈夫だろう。
  4. プレゼンの準備はしっかりしてきたので、大丈夫だ。
  5. 子どもが成長してきたので、働きに出ても大丈夫そうだ。

 

すでに確認したとおり、「大丈夫」とは
「安心できる・間違いなく確実である」という意味の言葉でした。

なので、基本的には相手に対して、
「安心してほしい」ということを伝える時に使います。

逆に、不安を覚えるような場面では
「本当に安心していいのか?」という意味で使うこともできます。

 

続いて、「誤った方の使い方」です。

【大丈夫の間違った使い方】

  1. 「お箸をお入れしますか?」「大丈夫です。」
  2. 「このペンで試し書きしてもいいかしら。」「大丈夫ですよ。」
  3. 「今度、あのお店に行ってみようよ。」「大丈夫だよ。いつがいい?」
  4. 「紙袋はご利用になりますか?」「そのままで大丈夫です。」
  5. 「お菓子はいかがですか?」「大丈夫です。お構いなく。」

 

上の例文では、「大丈夫」を
「物事を断る」「可能・不可能を表す」
というような場面で使っていますね。

こうした「大丈夫」の使い方は、誤りとなります。

 

「大丈夫」の誤用は
「柔らかく断っているように聞こえる・丁寧に聞こえる」
という理由から生じました。

しかし、「大丈夫」には
必要・不必要」や「可能・不可能」を表す意味はありません

そのため、誤った使い方をすると、
人によって意味の取り違えが起きてしまいます。

 

例えば、「お箸をお入れしますか?」に対して
「大丈夫です。」と答えると、
「必要なのか、必要でないのか」がはっきりと伝わりませんよね。

こうした場面では、「お箸はいりません。」など
具体的に伝えるように心掛けましょう。

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

大丈夫」=安心できる・間違いなく確実である。

語源・由来」=中国から来た言葉で、「成人男性」から転じたもの。(「」は「寸法の単位」「」は「」を指す)

誤用」=必要・不必要」や「可能・不可能」を表す意味。

類語・言い換え」=「心配ない」「支障ない」「間違いない」「無難」など。

英語」=「all right」「okay」「fine」。

ということでした。

 

「大丈夫」という言葉は、普段の生活でもよく使います。

正しい意味を覚えて、誤解が生じないようにしたいですね。

 

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)