この記事の読了時間: 551

馬脚を現す 意味とは 使い方 語源 由来

 

ドラマや小説の中で、
馬脚を現す」という言葉がよく使われていますね。

「何となく耳にしたことがある」という人も多いかもしれません。

ところが、「馬脚って何?」と
思う人も多いのではないでしょうか?

実は、「馬脚を現す」は中国の古典劇にも使われた慣用句です。

正しい意味や使い方を覚えておくと、
あなたの教養を深めることができるでしょう。

今回は、「馬脚を現す」の意味・語源・使い方などをご紹介します。

スポンサーリンク

馬脚を現すの意味

 

まずは、基本的な意味です。

【馬脚を現す(ばきゃくをあらわす)】

隠していたことがあらわれる。化けの皮がはがれる。しっぽを出す。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

馬脚を現す」とは、
今まで隠していた正体や本性が明らかになること」を意味します。

 

例えば、次のような使い方です。

警察に疑われていた犯人が、ついに馬脚を現したようだ。

今まで犯人であることを隠していたのに、
わずかなミスや証拠から犯人だと分かってしまう。

刑事ドラマなどでそんなシーンを見たことがないでしょうか?

例文では、そのような犯人が追い詰められる状況を表していますね。

 

このように、
隠していた物事が明らかになったとき」に
「馬脚を現す」と言うわけです。

 

補足すると、
「馬脚を現す」は「馬脚を露わす」と書くこともあります。

どちらを使っても、意味自体は同じです。

 

元々、「露」という字は
「露見」「暴露」などがあるように
「何かを表に出す」という意味で使っていました。

そのため、「露す」とも言うのです。

ただし、
これは漢字の母国である中国語に限った話であり、
現在では「露」は「ロ・つゆ」と読むのが一般的です。

したがって、どちらかと言うと
「現す」と書くことの方が多いと思ってください。

馬脚を現すの語源・由来

 

次に、「馬脚を現す」の語源・由来を確認していきます。

 

まず、「馬脚」とは、
芝居で馬の脚を演じる役者のこと」を表します。

その中でも特に、
後ろ脚の部分」を指すことが多いと言われています。

 

よく舞台などで
「役者さんが馬の被り物を二人でかぶり、前脚と後脚になる」
というシーンを見たことがないでしょうか?

馬脚を演じるためには、当然
2人で息を合わせて動かなければいけませんよね。

ところが、
この役者さんが芝居の経験が少ない人だと、
うっかり姿を見せてしまうことがあります。

すると、せっかくの演技も台無しになってしまいます。

そうした場面から、「馬脚を現す」は
「隠していた物事が明らかになる」という意味の
慣用句として定着していったのです。

 

このように考えると、
「馬脚を現す」は悪い意味で使うということも分かるでしょう。

なぜなら、
「馬脚」は本来は「演技上、隠しておきたい所」だからです。

現在でもその名残はあるため、
この言葉は悪事や不祥事など良くない秘密に対して使うことがほとんどです。

 

ちなみに、「馬脚を現す」が最初に使われたのは、
中国の古典劇『元曲陳州糶米(ちんしゅうちょうまいげき)』だと言われています。

その中の一節に、
「我們露出馬脚来了(日本語訳:私たちの馬脚が露出したので来たのだ)」
という一文が使われました。

この一文がきっかけで、
やがては日本にまで言葉が広まっていったわけですね。

スポンサーリンク

馬脚を現すの類語

馬脚を現す 馬脚を露わす 類義語

 

続いて、
「馬脚を現す」の類語を確認しておきましょう。

【本性(ほんしょう)をあらわにする】

隠していた悪い要素が明らかになること。

【化けの皮が剥がれる(ばけのかわがはがれる)】

包み隠していたものが剥がれて、正体や真相が明らかになること。

【襤褸が出る(ぼろがでる)】

人に知られたくない欠点・短所が現れてしまうこと。

【尻尾を出す(しっぽをだす)】

化けた狸や狐が尻尾を出して正体がばれてしまうことから、ごまかしていたことが明らかになること。

全部で4つ紹介しました。

「隠していた悪い物事が現れてしまう」という意味の言葉が、
「馬脚を現す」の「類語」になりますね。

 

ここで1点だけ注意点があります。

それは、
「襤褸が出る」「尻尾を出す」などとは言いますが、
馬脚を出す」とは言わないということです。

 

仮に「馬脚を出す」だと、
「馬の脚を出す(どこに?)」
というよく分からない意味になってしまいますよね。

「馬脚を現す」は、
「馬の足に扮した役者が見せてはいけない姿をうっかり見せてしまった」
という意味から来ています。

なので、間違って混同しないしないように注意してください。

馬脚を現すの英語

 

続いて、「英語訳」です。

「馬脚を現す」は、英語だと次のように言います。

 

to reveal one’s true nature(本当の性質が出る)」

show one’s true colors(本性をあらわす)」

 

「reveal」は「明らかにする」、「true」は「本当の」
「nature」は「性質」という意味です。

また、後者の「colors」は「色」という意味です。

「顔色が出る」などの言葉もあるように、
人の気持ちを表す時に「色」を使うことがありますよね。

なので、「true colors」で「本性」と言うわけです。 

 

例文だと、次のように言います。

I tried him to reveal his true nature.(私は彼の本性を暴くために試した。)

You have finally shown your true colors!(ついに、あなたの本性を現したわね!)

「one’s」の部分には「my」「your」「his」「her」など、
所有格の代名詞が入ります。

状況に応じて、必要な英単語を使うようにしてください。

スポンサーリンク

馬脚を現すの使い方・例文

 

では、最後に「馬脚を現す」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 彼女は口を滑らせて、馬脚を現したようだ。
  2. 簡単なミスをして、馬脚を現すなんてやってしまったね。
  3. 最初から彼を疑っていたが、ついに馬脚を現した
  4. 馬脚を現さないように、慎重に行動するようにしよう。
  5. 上司は穏やかな人に見えますが、怒ると馬脚を現します。
  6. あの政治家は馬脚を現して、支持者を激減させてしまった。

 

すでに説明した通り、「馬脚を現す」は、
上記のようなネガティブな使い方をする言葉だと考えてください。

悪事や欠点・本性など、相手に悪い印象を与える対象が
明らかになるような時に使われます。

 

逆に、相手にとって良いことを隠しているような時は使えません。

例えば、
こっそりプレゼントを用意していたのに、相手に見つかってしまった。

そうした場合に「馬脚を現したな!」と使うと、
悪いことをしたと思われてしまいます。

この場合は、
単に「バレた」「気づかれた」
などのように言うようにしましょう。

関連:>>実態と実体の違いとは?意味や使い分けも

関連:>>頭隠して尻隠さずの意味とは?使い方や例文・語源を解説

まとめ

 

いかがでしたか?

最後に今回の内容をまとめておきましょう。

 

馬脚を現す」=今まで隠していた正体や本性が明らかになること。

語源・由来」=芝居で馬の脚を演じる役者が、うっかり姿を現してしまうことから。

類語」=「本性をあらわにする」「化けの皮が剥がれる」「襤褸が出る」「尻尾を出す」など。

英語」=「show one’s true colours」。

 

「馬脚を現す」は中国の古典劇でも使われた言葉でした。

覚えておくと、教養のある人だと思ってもらえるかもしれませんね。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)