この記事の読了目安: 79

『相手依存の自己規定』 教科書 語句調べ 文章 ノート プリント

 

『相手依存の自己規定』は、高校現代文の教科書で学ぶ評論文です。学校の定期テストの問題などにも出題されています。

ただ、本文中の言葉や語句は意味が分かりにくいものもあります。そこで本記事では、『相手依存の自己規定』に出てくる言葉の意味を一覧にしてわかりやすくまとめました。

スポンサーリンク

第一段落の言葉

 

【滞在(たいざい)】⇒よそに行って、ある期間そこにとどまること。

【興味(きょうみ)】⇒ある対象に対する特別の関心。

【近頃(ちかごろ)】⇒このごろ。最近。

【比率(ひりつ)】⇒割合のこと。

【占める(しめる)】⇒全体の中である割合をもつ。

【打ち明ける(うちあける)】⇒人に知られたくない事実や秘密などを、思い切って隠さずに話す。

【思いもよらない】⇒思いつきもしない。全く予想しない。

【一点張り(いってんばり)】⇒その事だけを押し通すこと。

【孤独(こどく)】⇒ 仲間がいなく、ひとりぼっちであること。

【講義(こうぎ)】⇒大学や大学院の授業。

【自我(じが)】⇒自分。自己。他者や外界から区別して意識される自分。

【構造(こうぞう)】⇒仕組み。

【質す(ただす)】⇒不明な点などを聞いて、明らかにする。問い確かめる。

【議論(ぎろん)】⇒互いの意見を述べて論じ合うこと。

【手掛り(てがかり)】⇒問題を解決するためのいとぐち。

【解決(かいけつ)】⇒疑問を解きほぐして、納得のいくようにすること。

【愚の骨頂(ぐのこっちょう)】⇒この上なくおろかなこと。全くくだらないこと。

【唖然(あぜん)】⇒思いがけない出来事に驚きあきれて声も出ないさま。あっけにとられるさま。

スポンサーリンク

第二段落の言葉

 

【挿話(そうわ)】⇒文章や談話の間にはさむ、本筋とは直接関係のない短い話。エピソード。

【解明(かいめい)】⇒不明な点を探って、はっきりさせること。

【適切(てきせつ)】⇒状況や目的などにぴったり当てはまること。

【糸口(いとぐち)】⇒きっかけ。

【絶えず(たえず)】⇒いつも。ずっと。

【適当(てきとう)】⇒程度などが、ほどよいこと。

【手を替え品を替え(てをかえしなをかえ)】⇒あの手この手と手法を変えるさま。

【胸がせいせいする】⇒すっきりした気持ちになること。

【自白(じはく)】⇒自分の犯した罪を包み隠さずに言うこと。

【外交(がいこう)】⇒外国との交渉・交際。

【舞台(ぶたい)】⇒腕前を見せる場所。

【しばしば】⇒同じ事が何度も行われるさま。

【機密(きみつ)】⇒政治・軍事上、きわめて重要な秘密。

スポンサーリンク

【保持(ほじ)】⇒保ちつづけること。

【重大(じゅうだい)】⇒事柄が普通でなく、大変な結果や影響をもたらすような状態であること。重要。

【極めて(きわめて)】⇒程度がはなはだしいさま。この上なく。非常に。

【印象的(いんしょうてき)】⇒強く心に刻みつけられるさま。

【大づかみ(おおづかみ)】⇒物事の大体をとらえること。

【把握(はあく)】⇒しっかりと理解すること。

【様式(ようしき)】⇒一定の型・方法。スタイル。

【自己同一性(じこどういつせい)】⇒自分が何であるかということ。存在証明。

【基準(きじゅん)】⇒物事の基礎となるよりどころ。

【前提(ぜんてい)】⇒物事が成り立つための、前置きとなる条件。

【投影(とうえい)】⇒ある物の存在や影響が、他の物の上に現れ出ること。

【合一(ごういつ)】⇒二つ以上のものが合わさって一つになること。

【座標(ざひょう)】⇒ (比喩的に) 何らかの基準に対する物事の位置づけ。

【方式(ほうしき)】⇒やり方。

スポンサーリンク

第三段落の言葉

 

【一人称代名詞(いちにんしょうだいめいし)】⇒私、僕、俺、自分などの語。

【ニ人称代名詞(いちにんしょうだいめいし)】⇒君、あなた、お前などの語。

【資格(しかく)】⇒あることを行うのに必要な立場・条件。

【地位(ちい)】⇒社会や組織の中で人が占めている位置・立場など。

【一家の長(いっかのちょう)】⇒その家の主人。

【弟妹(ていまい)】⇒弟と妹。年下のきょうだい。

【甥(おい)】⇒自分の兄弟姉妹の息子。

【姪(めい)】⇒自分の兄弟姉妹の娘。

【変形(へんけい)】⇒形や状態が変わること。

【親族(しんぞく)】⇒ 血縁関係・婚姻関係のある人々。

【原則(げんそく)】⇒多くの場合に共通に適用される基本的なきまり・法則。

【別居(べっきょ)】⇒別れて住むこと。

【同僚(どうりょう)】⇒職場が同じである人。また、地位・役目が同じである人。

【性質(せいしつ)】⇒本来そなわっている特徴。

【反映(はんえい)】⇒あるものの性質が、他に影響して現れること。

スポンサーリンク

【依存(いぞん)】⇒他に頼って存在すること。

【相対性(そうたいせい)】⇒他との関係の上で成立している性質。

【西欧諸国(せいおうしょこく)】⇒西ヨーロッパの国々。ヨーロッパを東西に二分した際、西部に当たる国々。

【特筆に値する(とくひつにあたいする)】⇒特別に取り上げて書くほどの値打ちがある。

【話者(わしゃ)】⇒話す人。話し手。

【一定不変(いっていふへん)】⇒ひとつに決まって変わらないこと。

【用語(ようご)】⇒言葉。特に、ある特定の分野で用いられる言葉。

【絶対的(ぜったいてき)】⇒他との関係や比較なしに成り立つさま。⇔「相対的」

【相対的(そうたいてき)】⇒他との関係や比較によって成り立つさま。⇔「絶対的」

【自己規定(じこきてい)】⇒「自分は何者であるのか」と定めること。「規定」とは一定の形に定めることを意味する。

【自称(じしょう)】⇒名前・職業・肩書などを自分で名乗ること。

【かくして】⇒こうして。このようにして。

【必然的(ひつぜんてき)】⇒必ずそうなるさま。

【介する(かいする)】⇒両者の間に立てる。仲立ちとする。

【確立(かくりつ)】⇒しっかりと定めること。

スポンサーリンク

【称する(しょうする)】⇒名づけて言う。

【同調(どうちょう)】⇒他人の意見・主張などに賛同すること。

【指摘(してき) 】⇒大切な点や注意すべきこと、欠点などを具体的に指し示すこと。

【社会学者(しゃかいがくしゃ)】⇒社会の構造・機能などを研究対象とする学者。

【特性(とくせい)】⇒そのものだけが持つ性質。特有のすぐれた性質。

【他人指向型(たにんしこうがた)】⇒社会学用語。常に他人がどう行動しているかに興味をもち、他者への感受性に同調して行動する性格。

【大勢順応主義(たいせいじゅんのうしゅぎ)】⇒事の成り行きに任せてしまおうとする考え方。日本人に顕著に見られる傾向として言及される。

【意志(いし)】⇒あることを行いたい、または行いたくないという考え。意向。

【一貫(いっかん)】⇒始めから終わりまでつらぬき通すこと。

【独自(どくじ)】⇒他とは関係なく自分ひとりであること。

【主義(しゅぎ)】⇒持ちつづけている考えや態度など。

【方針(ほうしん)】⇒めざす方向。物事や計画を実行する上の、およその方向。

【効率のよい(こうりつのよい)】⇒行動や仕事が迅速で無駄がないさま。

【見出だす(みいだす)】⇒ 見つけ出す。発見する。

【長ずる(ちょうずる)】⇒すぐれる。ひいでる。

スポンサーリンク

【独断専行(どくだんせんこう)】⇒自分だけの判断に基づいて、勝手に行動すること。

【硬直(こうちょく)】⇒かたくぴんと張っていること。こわばっていること。

【対照(たいしょう)】⇒全く性質の違う物どうしを並べ比べたとき、その違いがきわだつこと。

【動揺(どうよう)】⇒心や気持ちがゆれ動くこと。平静を失うこと。

【先決(せんけつ)】⇒先に決めること。

【正常(せいじょう)】⇒まともであること。正しいとされる状態にあること。

【現象(げんしょう)】⇒人間が知覚することのできるすべての物事。

【片言(かたこと)】⇒外国人が話す、たどたどしい不完全な言葉。

【しどろもどろ】⇒言葉の使い方や話の内容などが、とりとめなく、ひどく乱れたさま。

【語彙(ごい)】⇒ある言語などで使われる単語の総数。

【推し量る(おしはかる)】⇒見当をつける。推測する。

【概して(がいして)】⇒大体において。一般に。

【翻訳(ほんやく)】⇒ある言語を他の言語に置き換えて表すこと。

【表明(ひょうめい)】⇒自分の考え・決意などを、はっきりとあらわし示すこと。

【常道(じょうどう)】⇒誰もがとる普通のやり方。一般の原則にかなったやり方。

スポンサーリンク

【平素(へいそ)】⇒つね日ごろ。

【明示的(めいじてき)】⇒はっきりと示すさま。

【精神風土(せいしんふうど)】⇒ある民族や地域社会の住民などのコミュニティに共通して見られる精神的性質。あるいはその精神的性質を醸成する地理的、歴史文化的な背景。

【希薄(きはく)】⇒ある要素の乏しいこと。

【対話(たいわ)】⇒向かい合って話し合うこと。

【元来(がんらい)】⇒もともと。

【求心的(きゅうしんてき)】⇒思考などが内面に向かおうとする傾向。

【収斂(しゅうれん)】⇒一つにまとまること。

【拮抗(きっこう)】⇒お互い張り合うこと。

【利害(りがい)】⇒得することと損すること。

【機能(きのう)】⇒働きをなすこと

【異質(いしつ)】⇒性質の違うさま。

まとめ

 

以上、本記事では『相手依存の自己規定』に登場する語句をまとめました。一つ一つの言葉の意味が分かれば、本文の読解もしやすくなるはずです。ぜひノート代わり、プリント代わりにして頂ければと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。