この記事の読了目安: 353

お話しします お話します 違い 使い分け 正しい どっち 送り仮名

 

「おはなしします」を漢字で書く場合、二つの送り仮名の表記があります。

「お話しします」「お話します」。両方ともよく見る表記ですが、この場合どちらを使えばよいのでしょうか?

本記事では、「おはなしします」の正しい送り仮名について詳しく解説しました。

スポンサーリンク

「お話しします」か「お話します」か

 

「おはなしします」という表記は、「お○○します」という謙譲語の形で、ビジネスにおける敬語表現としてよく用いられます。

この〇〇の部分には、文法上、動詞の連用形が当てはまることになります。「連用形」とは、活用形(単語が変化するときの形)の一つで、語尾に「ます」や「た」などが付くのが特徴です。

【例】⇒「お返しします。お渡しします。お聞きします。」などの「返し」「渡し」「聞き」の部分。

「返す」を例にすると、活用形は次のようになり、連用形は「返し」となります。

「未然形」⇒返さナイ 「連用形」⇒返しマス 「終止形」⇒返す 「連体形」⇒返すトキ 「仮定形」⇒返せバ 「命令形」⇒返せ

これと同様に考えますと、今回の「話す」の活用形に関しては次のようになります。

「未然形」⇒話さナイ 「連用形」⇒話しマス 「終止形」⇒話す 「連体形」⇒話すトキ 「仮定形」⇒話せバ 「命令形」⇒話せ

見て分かるように、「連用形」の部分は「話」ではなく「話し」です。

よって、「お〇〇します」の○○の部分は連用形である「話し」を入れて、「お話しします」が正しい表記になることが分かります。

スポンサーリンク

「お話します」は正しい表記か?

 

ではなぜ「お話します」という表記も存在するのでしょうか?これについては、文化庁が出している『送り仮名の付け方』という資料が参考になります。

文化庁による『送り仮名の付け方 通則4』によると、次のような記述がなされています。

活用のある語から転じた名詞及び活用のある語に「さ」,「み」,「げ」などの接尾語が付いて名詞になったものは,もとの語の送り仮名の付け方によって送る。

〔例〕 (1) 活用のある語から転じたもの。

動き 仰せ 恐れ 薫り 曇り 調べ 届け 願い 晴れ ~

 (2) 「さ」,「み」,「げ」などの接尾語が付いたもの。

暑さ 大きさ 正しさ 確かさ 明るみ 重み 憎しみ 惜しげ

【例外】

次の語は,送り仮名を付けない。

謡 虞 趣 氷 印 頂 帯 畳 卸 煙 恋 志 次 隣 富 恥  光 舞 折 係 掛(かかり) 組 肥 並(なみ) 巻 割

出典:送り仮名の付け方 単独の語 2 活用のない語 通則4

つまり、「おはなしする」を「お話する」と書こうとするのは、上記の【例外】に該当するという根拠によるものです。

しかしながら、「おはなしします」の「はなし」は名詞ではなく動詞の連用形を意味しています。もし仮に名詞を意味しているのであれば、「はなし」は「話」と表記するのが正しいですが、そうではありません。

よって、「おはなしします」の表記は、やはり「お話しします」であるという結論になります。

スポンサーリンク

「話」と「話し」の正しい使い分け

 

すでに説明したように、名詞として用いる場合は「話」と表記します

【例】⇒「昔話・立ち話・土産話・楽しい話・怖い話」

この使い方は「話」だけでなく、「光」「志」「煙」「氷」「次」などにも当てはまるものです。

また、文法的な面から補足すれば「格助詞」が後ろに付く時も「話し」ではなく「話」と表記します

「格助詞」とは助詞の一種で、「を・に・が・と・より・で・から・の・へ・や」などのように主に名詞の後ろに付く語を表します。

【例】⇒「話する。話なる。話出る。話違う。」

そのため、例えば「おはなしをする」のように「を」という格助詞が後ろにくれば、「お話をする」と表記します。「お話しをする」とは表記しません。

「お話をする」⇒「〇」「お話しをする」⇒「✕」

「話し」と表記するのは、連用形以外だと複合語の一部として用いるのが一般的です、

【例】⇒「話し合い・話し合う・話し中・話し手・話し方・話し上手・話し相手・話し出す・話し始める・話し終わる」

「話」も複合語の一部として用いないというわけではありませんが、「話」については「昔話」「立ち話」「土産話」などのように、複合語の末尾に「話」が付くことが多いです。

一方で、「話し」に関しては「話し手」「話し方」「話し相手」などのように複合語の先頭に付くことが多いです。一つの傾向として覚えておくとよいでしょう。

まとめ

 

以上、本記事のまとめとなります。

おはなしします」=「お話します」ではなく「お話しします」とするのが正しい送り仮名の表記。

話と話しの使い分け」=名詞として使う場合や格助詞が後ろに来る場合は「」を使う。「話し」は連用形として使う場合、複合語の先頭に付くような場合に使う。

基本的には、「話」の方は名詞そのものを意味していると考えて問題ありません。一方で、「話し」の方は名詞ではなく動詞の一部、すなわち連用形を表したものです。文法的な違いを理解した上で、両者の正しい使い分けをして頂ければと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)