この記事の読了目安: 3131

夏目漱石 意味調べ 一覧 言葉 用語 漢字 読み方

 

『こころ』は夏目漱石の作品の中でも非常に有名です。高校現代文の教科書などにもたびたび取り上げられています。

ただ、作中に出てくる用語は意味が分かりにくいものもあります。そこで本記事では、『こころ』に出てくる重要な言葉の意味を一覧にしてわかりやすくまとめました。

スポンサーリンク

上「先生と私」に出てくる言葉

 

【先生(せんせい)】⇒自分より先に生まれた人。年長者。

【憚る(はばかる)】⇒ためらう。遠慮する。

【筆を執る(ふでをとる)】⇒文章を書く。執筆する。

【よそよそしい】⇒親しみがない。

【書生(しょせい)】⇒学問を身につけるために勉強をしている者。勉学中の若者。

【工面(くめん)】⇒何とか工夫して金銭を用意すること。

【電報(でんぽう)】⇒通信内容を電気通信手段で伝送し、紙などに印刷して配達するサービス。

【当人(とうにん)】⇒本人。そのことに直接関係する人。

【固より(もとより)】⇒もともと。以前から。

【恰好な(かっこうな)】⇒値がちょうど手頃な。

【辺鄙(へんぴ)】⇒都会から離れていて不便なこと。

【ハイカラ】⇒西洋風を気どること。流行を追ったり、目新しいものを好んだりすること。

【畷(なわて)】⇒まっすぐな長い道。

【藁葺き(わらぶき)】⇒わらでふいた屋根。

【避暑(ひしょ)】⇒涼しい土地に一時移って、夏の暑さをさけること。

【雑沓(ざっとう)】⇒人混み。

【掛茶屋(かけぢゃや)】⇒通行人を相手に茶や菓子を供する茶屋。

【各自に(めいめいに)】⇒それぞれ。一人一人に。

【放漫(ほうまん)】⇒でたらめでしまりのないこと。

【猿股(さるまた)】⇒腰や股を覆う、男子用の短い下ばき。

【海老茶(えびちゃ)】⇒黒みを帯びた赤茶色。

【顧みる(かえりみる)】⇒振り返って見る。

【こごむ(屈む)】⇒足や腰を曲げて姿勢を低くする。かがむ。しゃがむ。

【手拭(てぬぐい)】⇒手や顔・体などをふくのに用いる布。

【屈託(くったく)】⇒くよくよすること。

【無聊(ぶりょう)】⇒気が晴れないこと。

スポンサーリンク

【抜き手を切る(ぬきてをきる)】⇒抜き手(水をかいた手を水面上に抜き出す泳ぎ方)で泳ぐ。

【超然(ちょうぜん)】⇒物事にこだわらず、平然としているさま。

【白絣(しろがすり)】⇒白地に藍や黒でかすり模様を表した織物。

【兵児帯(へこおび)】⇒男子または子供用のしごき帯。

【懇意(こんい)】⇒仲良く付き合うこと。

【境内(けいだい)】⇒神社・寺などの敷地内。

【弁解(べんかい)】⇒言い訳をすること。

【沈吟(ちんぎん)】⇒考え込むこと。

【折折(おりおり)】⇒時々。時たま。

【軽微(けいび)】⇒程度がわずかであること。

【軽蔑(けいべつ)】⇒バカにすること。

【往来(おうらい)】⇒人や乗り物が行き来する場所。道路。行ったり来たりすること。

【日和(ひより)】⇒空模様。天気。

【下女(げじょ)】⇒雑事に召し使う女。

【躊躇(ちゅうちょ)】⇒ためらうこと。

【会釈(えしゃく)】⇒軽くあいさつや礼を交わすこと。

【森閑(しんかん)】⇒物音一つせず、静まりかえっているさま。

【得心(とくしん)】⇒よく分かって承知すること。納得すること。

【塔婆(とうば)】⇒死者の供養のために、墓石の後ろに立てる細長い板。

【滑稽(こっけい)】⇒おどけたこと。おかしなこと。

【アイロニー】⇒裏に反対の意味を含ませること。

【梢(こずえ)】⇒木の先。枝の先。

【鍬(くわ)】⇒刃のついた平たい鉄の板に柄をつけた農具。

【繁く(しげく)】⇒しきりに。しばしば。

【懐(ふところ)】⇒胸の内の考え。胸中。

【結滞(けったい)】⇒脈の打ち方が不規則になること。

スポンサーリンク

【平素(へいそ)】⇒普段。つね日ごろ。

【小春(こはる)】⇒陰暦10月の異称。初冬の穏やかで暖かい春に似た日和が続く時期。

【口実(こうじつ)】⇒言い逃れや言いがかりの材料。

【畏怖(いふ)】⇒おそれおののくこと。

【同座(どうざ)】⇒同じ席または場所に居合わせること。

【不得要領(ふとくようりょう)】⇒話の要点がはっきりせず、何を言いたいのかよく分からないこと。

【癪に障る(しゃくにさわる)】⇒腹が立つ。

【依然として(いぜんとして)】⇒前の状態と変わらずに続けるさま。

【冷淡(れいたん)】⇒関心や興味を示さないこと。

【盃(さかずき)】⇒酒を飲むのに使う小さな器。

【無論(むろん)】⇒もちろん。言うまでもなく。

【甚だ(はなはだ)】⇒たいへん。非常に。

【言逆い(いさかい)】⇒言い争い。言い合い。

【格子(こうし)】⇒ 細い角材や竹などを、碁盤の目のように組み合わせて作った建具。

【順路(じゅんろ)】⇒順序のよいみちすじ。本筋のみち。

【波瀾(はらん)】⇒もめごとや騒ぎ。

【行き掛り(ゆきがかり)】⇒物事の今に至る事情。

【語気(ごき)】⇒話すときの言葉の調子や勢い。

【出帆(しゅっぱん)】⇒船が港を出ること。

【汽船(きせん)】⇒蒸気の力を動力として動く船。

【冷評(れいひょう)】⇒冷淡な態度で批評すること。

【矛盾(むじゅん)】⇒つじつまが合わないこと。

【云云(うんぬん)】⇒とやかく言うこと。口をはさむこと。

【二の句が継げない(にのくがつげない)】⇒次に言う言葉が出てこない。

【悟る(さとる)】⇒自分の運命などについてそれと気づく。感づく。

【微笑(びしょう)】⇒ほほえむこと。ほほえみ。

スポンサーリンク

【合の子(あいのこ)】⇒混血児。

【郷里(きょうり)】⇒生まれ育った土地。ふるさと。

【情操(じょうそう)】⇒美しいものやすぐれたものに対して感動する、情感豊かな心。

【艶めかしい(なまめかしい)】⇒色っぽい。あだっぽい。

【回想(かいそう)】⇒ 過去のことを振り返って、思いおこすこと。

【因習(いんしゅう)】⇒古くから伝えられてきた風習。

【花時分(はなじぶん)】⇒花の咲く季節。

【睦(むつ)まじそうに】⇒仲よさそうに。

【目(め)をそばだてる】⇒正視できず横目で見る。

【群集(ぐんしゅう)】⇒人が多く群がり集まること。

【空虚(くうきょ)】⇒内部に何もないこと。

【朦朧(もうろう)】⇒物事の内容・意味などがはっきりしないさま。

【垣(かき)】⇒家や庭の区画を限るための囲いや仕切り。

【熊笹(くまざさ)】⇒イネ科の植物。山地に自生。

【幽邃(ゆうすい)】⇒色などが奥深く静かなさま。

【一図(いちず)】⇒他を考えないで、一つのことに打ち込むこと。

【談話(だんわ)】⇒会話。話をすること。

【思想(しそう)】⇒人生や社会についての一つのまとまった考え・意見。

【とどの詰(つ)まり】⇒結局。

【肯う(うけがう)】⇒肯定する。承諾する。

【軽薄(けいはく)】⇒言葉や態度が軽々しくて、薄っぺらいさま。

【生垣(いけがき)】⇒樹木を植え並べて作った垣根。

【存外(ぞんがい)】⇒思いのほか。案外。

【小路(こうじ)】⇒幅の狭い道。町なかの狭い通り。

【返報(へんぽう)】⇒恨みに対して行う仕返し。

【侮辱(ぶじょく)】⇒相手を見下して、名誉などを傷つけること。

スポンサーリンク

【尋常(じんじょう)】⇒特別ではなく、普通であること。

【内省(ないせい)】⇒ 反省。

【雲の峰(くものみね)】⇒山の峰のようにそそり立っている雲。

【厭世(えんせい)】⇒世の中をいやなものと思うこと。

【縁故(えんこ)】⇒人と人との特別なかかわりあい。

【時機(じき)】⇒何かを行うのによい機会。

【宵の口(よいのくち)】⇒日が暮れて夜になり始めたばかりの頃。

【奉職(ほうしょく)】⇒公職につくこと。

【棟(むね)】⇒屋根の最も高い所。二つの屋根面が接合する部分。

【鹿爪らしい(しかつめらしい)】⇒まじめくさっていて堅苦しい。

【献酬(けんしゅう)】⇒酒を飲み交わすこと。

【徒に(いたずらに)】⇒むだに。

【愛嬌(あいきょう)】⇒にこやかで、かわいらしいこと。

【緒口(いとくち)】⇒きっかけ。

【迂闊(うかつ)】⇒うっかりしていて心の行き届かないこと。

【身を切られる(みをきられる)】⇒つらさが厳しく、体を切るように感じさせられる。

【掻き馴らす(かきならす)】⇒かき混ぜて、平らにする。

【底を割る(そこをわる)】⇒本心を打ち明ける。

【骨を折る(ほねをおる)】⇒ 苦労する。力を尽くす。

【情合(じょうあい)】⇒思いやりや愛情。

【つらまえる】⇒とらえる。

【大根(おおね)】⇒物事の大もと。根本。

【仮寝(うたたね)】⇒しばらくだけ仮に寝ること。

【張合(はりあい)】⇒努力するかいがあると感じられること。

【必竟(ひっきょう)】⇒つまるところ。結局。

【繻絆(じゅばん)】⇒外側に着る胴衣の一種。

スポンサーリンク

【国(くに)】⇒生まれ育った土地。故郷。

【慢性(まんせい)】⇒治りにくく、経過が長びく病気の性質。

【要心(ようじん)】⇒気を付けること。

【養生(ようじょう)】⇒生活に留意して健康の増進を図ること。

【吹聴(ふいちょう)】⇒言いふらすこと。

【書信(しょしん)】⇒書面による音信。手紙。

【卒倒(そっとう)】⇒突然意識を失って倒れること。

【暇乞い(いとまごい)】⇒別れを告げること。別れの言葉。

【かたがた】⇒ついでに。~を兼ねて

【億劫(おっくう)】⇒めんどうで気が進まないさま。

【五徳(ごとく)】⇒金属や陶器で作った三本または四本脚のある輪。

【金盥(かなだらい)】⇒金属製のたらい。

【真平(まっぴら)】⇒絶対にしたくない。

【格別(かくべつ)】⇒特別。とりたてて。

【無心(むしん)】⇒人に金品をねだること。

【床を上げる(とこをあげる)】⇒敷いていた布団などの寝具を片付ける。特に、病気がよくなって寝具を片付ける。

【不承不承(ふしょうぶしょう)】⇒いやいやながら、やむをえず物事を行うこと。

【虚勢(きょせい)】⇒みせかけの威勢。強がり。

【嫁ぐ(とつぐ)】⇒よめに行く。

【仰山(ぎょうさん)】⇒程度や数量がはなはだしいさま。

【逆回す(ぶりかえす)】⇒一度よくなりかけていた病気が再び元の悪い状態になる。

【恩借(おんしゃく)】⇒人の好意によって金銭や品物を借り受けること。

【親切(しんせつ)ずく】⇒親切を尽くすこと。親切な気持だけからすること。

【大層な(たいそうな)】⇒たいへんな。

【無精(ぶしょう)】⇒からだを動かして物事をするのを面倒くさがること。

【隠居(いんきょ)】⇒仕事から離れて、静かに暮らすこと。

スポンサーリンク

【遊興(ゆうきょう)】⇒遊び興じること。

【歓楽(かんらく)】⇒喜び楽しむこと。

【誇張(こちょう)】⇒実際よりも大げさに表現すること。

【赤の他人(あかのたにん)】⇒縁もゆかりも全くない他人。完全に無関係な人。

【ことさらに】⇒わざわざ。

【のつそつ】⇒からだを伸ばしたり反らしたりするさま。

【陳腐(ちんぷ)】⇒ありふれていて、つまらないこと。

【当座(とうざ)】⇒しばらくの間。一時。

【下にも置かない(したにもおかない)】⇒非常に丁重に扱う。

【粗末(そまつ)】⇒いいかげんに扱うこと。

【儒者(じゅしゃ)】⇒儒学を修めた人。

【切支丹(キリシタン)】⇒キリスト教の信徒。

【出立(しゅったつ)】⇒旅に出発すること。

【松飾(まつかざり)】⇒正月に家の門口(かどぐち)に飾り立てる松。

【掛念(けねん)】⇒気にかかって不安に思うこと。

【容体(ようだい)】⇒病気の具合。病状。

【士官(しかん)】⇒上級船員の通称。

【細君(さいくん)】⇒同輩以下の人の妻を指す語。

【幾度(いくど)】⇒ 何度。

【狼狽(ろうばい) 】⇒あわててうろたえること。

【毫も(ごうも)】⇒少しも。ちっとも。

【任に当たる(にんにあたる)】⇒特定の役割に責任を持つ。

【そぞろに】⇒なんとなく。

【平静(へいせい)】⇒態度や気持ちが落ち着いていること。

【祟る(たたる)】⇒何かが原因となり、悪い結果が生じる。

【跳ね付ける(はねつける)】⇒要求や申し出などを冷たく断る。

【精根(せいこん)】⇒体力と精神力。

スポンサーリンク

【好事家(こうずか)】⇒物好きな人。風流を好む人。

【骨董(こっとう)】⇒美術的な価値や希少価値のある古美術品や古道具類。

【金文字(きんもじ)】⇒金粉・金箔 (きんぱく)などで書いた金色の文字。

【結了(けつりょう)】⇒事がすべて終わること。

【喋々(ちょうちょう)】⇒しきりにしゃべること。

【聊か(いささか)】⇒少し。わずかばかり。

【拍子抜け(ひょうしぬけ)】⇒張り合いがなくなること。

【因循(いんじゅん)】⇒思い切りが悪く、ぐずぐずしていること。

【芝笛(しばぶえ)】⇒若葉を唇に当てて強く息を吹き、笛のように吹き鳴らすもの。

【蓊欝(こんもり)した】⇒木々が生い茂った。

【邸宅(ていたく)】⇒構えが大きくて立派な造りの家。

【蒲色(かばいろ)】⇒赤みを帯びた黄色。

【縁台(えんだい)】⇒住居の庭先や路地などに置く、木や竹で作った細長い腰掛け。

【ぶしつけ(不躾)】⇒礼を欠くこと。無礼。

【平生(へいぜい)】⇒ふだん。つね日頃。

【質素(しっそ)】⇒飾り気がないこと。

【あたじけない】⇒けちだ。しみったれだ。

【手跡(しゅせき)】⇒筆跡。文字の書きぶり。

【達者(たっしゃ)】⇒ からだが丈夫で健康なさま。

【口気(こうき)】⇒ものの言い方。くちぶり。

【苦久しい(にがにがしい)】⇒不愉快である。腹立たしい。

【追窮(ついきゅう)】⇒追い詰めること。明らかにすること。

【鋳型(いかた)】⇒一定の枠。

【徽章(きしょう)】⇒職業や身分などを示すために帽子や衣服などにつける印。

【蟇口(がまぐち)】⇒口金(くちがね)のついた小銭入れ。

【白銅(はくどう)】⇒銅にニッケルを加えた合金。

【斥候(せっこう)】⇒敵の状況や地形などを探ること。また、そのために部隊から派遣する兵士。

スポンサーリンク

【要領を得ない(ようりょうをえない)】⇒肝心なところがはっきりしない。

【境遇(きょうぐう)】⇒その人が置かれた家庭環境・経済状態・人間関係などの状況。

【利害(りがい)】⇒利益と損害。

【うるわしい】⇒うつくしく、みごとなさま。

【縁日(えんにち)】⇒民間に広く行われる仏教行事。

【瞑想(めいそう)】⇒目を閉じて、深く静かに思いをめぐらすこと。

【安閑(あんかん)】⇒のんびりとして静かなさま。

【君子(くんし)】⇒人格者。 学識・人格ともにすぐれた、立派な人。

【澄ませる(すませる)】⇒心を落ち着かせて雑念のない状態にする。

【業腹(ごうはら)】⇒しゃくにさわること。

【失敬(しっけい)】⇒失礼。

【断念(だんねん)】⇒きっぱりとあきらめること。

【閑静(かんせい)】⇒もの静かで、落ち着いたさま。

【市中(しちゅう)】⇒市の内。街の中。

【駄馬(だば)】⇒荷物を運ぶ馬。

【自白(じはく)】⇒自分の秘密を包み隠さずに言うこと。

【相違無い(そういない)】⇒まちがいない。

【盾を突く(たてをつく)】⇒反抗する。逆らう。

【欺く(あざむく)】⇒言葉巧みにうそを言い、相手に本当だと思わせる。

【否や(いなや)】⇒~とすぐに。

【不徳義漢(ふとくぎかん)】⇒人間として全うすべき道徳的義務を守らないような男。

【慰藉(いしゃ)】⇒なぐさめいたわること。

【畏縮(いしゅく)】⇒おそれかしこまって小さくなること。

【精出して(せいだして)】⇒熱心に励んで。

【間々ある(ままある)】⇒よくある。時々ある。

スポンサーリンク

【因果(いんが) 】⇒原因と結果。

【及第(きゅうだい)】⇒試験や審査に合格すること。

【行李(こうり)】⇒竹や柳で編んだ箱形の物入れ。

【厚羅紗(あつらしゃ)】⇒厚地の毛織物。

【無頓着(むとんちゃく)】⇒少しも気にかけないこと。

【癇性(かんしょう) 】⇒異常に潔癖な性質。神経質。

【性分(しょうぶん)】⇒生まれつきの性質。

【真情(しんじょう)】⇒嘘偽りのない本当の気持ち。

【給仕(きゅうじ)】⇒食事の席にいて世話をすること。

【仕来り(しきたり)】⇒昔からの習慣。ならわし。

【かぶれる】⇒あるものの影響を強く受けて、その風 (ふう)に染まる。

【碌な(ろくな)】⇒まともな。正常な。

【辞する(じする)】⇒あいさつをして帰る。

【見当(けんとう)】⇒見込み。

【術語(じゅつご)】⇒学問や技術などの専門用語。学術語。

【口籠もる(くちごもる)】⇒途中で言うのをやめる。言うのをためらう。

【老少不定(ろうしょうふじょう)】⇒人間の生死は予測できないこと。

【たわいのない】⇒しっかりとした考えのない。

【夜陰(やいん)】⇒夜のやみ。夜の暗さ。

【なにがし】⇒だれそれ。

【観念(かんねん)】⇒物事に対して持つ考え。

【無為(むい)】⇒何もしないでぶらぶらしていること。

【履行(りこう)】⇒ 決めたことを実際に行うこと。

【差異(さい)】⇒違い。差。

【料簡(りょうけん)】⇒考え。

【滑稽(こっけい)】⇒あまりにばかばかしいこと。

【遺憾(いかん)】⇒心残りであること。残念に思うこと。

【果敢ない(はかない)】⇒つかの間であっけないさま。むなしく消えていくさま。

中「両親と私」へと続く。こちらもしくはページ下部の2をクリック

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。