この記事の読了時間: 44

加盟 加入 違い 意味 例文 類義語 

加盟」と「加入

「何かへ加わる」という意味で、
2つの言い方がありますね。

 

「条約へ加盟する」

「連盟へ加入する」

 

どちらの言葉もよく使われているので、
非常にまぎらわしいと思います。

この2つには、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

加盟の意味

 

まずは、
「加盟」の意味です。

【加盟(かめい)】

盟約に加入すること。団体や組織に一員として加わること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

加盟」とは、
団体や組織に一員として加わること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 国連に加盟する
  • OPECに加盟する

 

「国連」というのは、
世界中の国々が平和のために集まった組織です。

また、「OPEC」も
中東の国々が石油のために結成した組織です。

 

このように、
何らかの組織や団体に加わる場合
「加盟」を使うわけですね。

 

そもそも、「加盟」の「」は、
元々「神に誓う」という意味でした。

「神に誓う」=「約束をすること」とも言えます。

転じて、
「(約束した)仲間の一員になる」
という意味になったのです。

加入の意味

 

続いて、
「加入」の意味です。

【加入(かにゅう)】

団体や組織などの仲間に加わること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

加入」とは、
団体や組織などの仲間に加わること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 委員会に加入する
  • クラブに加入する

「加入」も「加盟」と同様に、
団体や組織などに加わる場合に使います。

 

ただし、「加入」の場合は
制度」を対象とすることがあります。

【例】

  • 保険に加入する
  • 年金に加入する

 

「保険」や「年金」は、
明らかに組織ではありません。

このように、
組織や団体以外にも使える言葉が
「加入」だと思ってください。

スポンサーリンク

加盟と加入の違い

加盟 加入 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

加盟」=団体や組織に一員として加わること。

加入」=団体や組織などの仲間に加わること。

ということでした。

 

比較しても分かるように、両者は
似たような意味として書かれています。

多くの辞書を見ても、
この2つの違いに触れるものはありません。

しかし、
両者には決定的な違いが2つあります。

 

1つ目は、すでに説明した通り、
加入は何らかの制度を対象とする場合がある
ということです。

 

この使い方をするケースは、意外と多いです。

なぜなら、
国や企業が作った制度というのは、
世の中に数多くあるからです。

したがって、もしも
「保険」や「年金」に対して「加盟する」
と言えば「誤り」ということになります。

 

そして2つ目は、
加わる側の主体の違い」です。

 

「どちらも組織や団体へ加わる」
という対象の方は共通しています。

ただし、「加盟」の方は
国家や団体などが加わる時に使い、

「個人が何かに加盟する」
というケースはほとんどありません。

 

逆に、「加入」の方は
個人が団体へ加わる場合が多いです。

私たち個人が普段から使うのも、
こちらの「加入」の方ですよね?

 

つまり、
「組合に〇〇する」などの場合、

個人が主体であれば「加入

団体が主体であれば「加盟

という使い分けになるわけですね。

関連記事:>>増加と増大の違いとは?意味や使い分けも

 

ちなみに、
「条約」の場合は
どちらも使うことができます。

ただし、実際の用例としては
「加入」を使うことの方が多いです。

 

なぜかと言うと、
「条約」の場合は対象として
「組織とは考えにくい」からです。

 

「条約」は「国と国との決めごと」

言わば、ルールのようなものです。

だからこそ、「制度」を対象とする
「加入」を使っているわけですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【加盟の使い方】

  1. スポーツ発展のために、日本体育協会へ加盟する。
  2. あそこのコンビニは、フランチャイズ加盟店だ。
  3. 国際通貨基金(IMF)の加盟国は、約190ヶ国だ。
  4. イギリスはEUへ加盟していたが、脱退を決めた。
  5. OPEC加盟国により、石油の減産が行われた。

 

【加入の使い方】

  1. 数年前に加入した国民年金の納付書が届いた。
  2. 電話加入者に無料でサービスを行う予定です。
  3. 犯人は、お金目的で被害者を保険に加入させた。
  4. 入学後はすぐにサッカークラブに加入します。
  5. 助っ人外国人が加入して、チームは復活を遂げた。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

加盟」=(国家や団体などが組織へ加わること。

加入」=(個人が団体や組織などへ加わること。

【「加入」は、制度を対象とする場合がある。

ということでした。

 

ポイントは、
「加わる側の主体の違い」にあると言えますね。

個人が主体であれば「加入」

団体が主体であれば「加盟」

と覚えておきまよう。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク