この記事の所要時間: 448

 

今回は
逆説的」の意味を
解説したいと思います。

 

「逆説的」という言葉は、
評論や随筆によく出てきますね。

ところが、
この言葉を誤解している人はとても多いです。

そのため、ぜひ正しい意味を
理解しておきたい所ですね。

 

まずは、基本的な意味から
押さえておきましょう。

スポンサーリンク

逆説的の意味

 

「逆説的」
の意味を調べると、
以下のようにあります。

【逆説的(ぎゃくせつてき)】

真理にそむくようでいながら、実際には真理をついているさま。また、普通とは反対の方向から考えを進めるさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

逆説的」とは、
一見すると正しくなさそうだが、実は正しいこと
を言います。

辞書の説明の「真理」とは、
正しいこと」という意味ですね。

 

では、「逆説的」の具体例としては、
何が挙げられるでしょうか?

よく挙げられるのが、
昔からあることわざです。

 

例えば、
急がば回れ」です。

 

「急がば回れ」とは、
急いでる時ほど、安全な遠回りをせよ
という意味です。

普通に考えれば、
急いでいる時ほど近道を行くのが正しい選択です。

しかし、
普段慣れていない近道を通れば、当然、
事故やトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

そのため、実際は遠回りでも、
確実にたどり着けるルートの方が
安全で早く到着できるのです。

 

このように、
「遠回り」という一見正しくなさそうな行動が、
実は正しいことを「逆説的」と言うわけですね。

 

他には、
負けるが勝ち」なども挙げられます。

 

「負けるが勝ち」とは、
負けたほうが勝ちにつながる
という意味です。

このことわざも、一見すると
間違っているようにも見えます。

なぜなら、
「負け」は「負け」であって、
「勝ち」ではないからです。

 

しかし、このことわざが言いたいのは、
場合によっては、人と争わないほうが結果的に楽になる
ということです。

勝負というのは、
何でもかんでも勝てばいいわけではなく、
「時には負けたほうが良い」ということですね。

 

このように、「逆説」というのは、
一見、常識に反しているように見えますが、
実は真理をついているのです。

世の中のほとんどは、
一般的な常識によって動いています。

「逆説」は、
そんな一般常識に反した逆転の発想によって、
人々に真理を気づかせてくれるのです。

スポンサーリンク

逆説的の類語

逆説的 意味

 

「逆説的」の
「類語」も押さえておきましょう。

「類語」は、先ほどの2つ以外は、
以下のようなものがあります。

【パラドックス】

⇒「矛盾・ジレンマ・逆説」などの意味。

「ジレンマ」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>ジレンマの意味とは?使い方や例文も解説

 

「パラドックス」は、
ギリシャ語の「paradoxa」が語源です。

一般的には、「パラドックス」=「逆説
と同じ意味で使われることがほとんどです。

そのため、
類義語というよりは「同義語」
と言ってよいでしょう。

【かわいい子には旅を指せよ】

我が子が可愛いなら、親の元に置いて甘やかせず、
世の中のつらさを経験させたほうがよい
という意味。

このことわざも、
「逆説的」な意味を持っています。

一見すると、立派な子供にしたいなら、
親の元でじっくり育てたほうが良さそうです。

ところが、実際は
「子供に旅をさせて苦労させたほうが、良い子供に育つ」
ということですね。

【アイロニー】

表面上の意味と本当の意味を逆にした表現

「アイロニー」は、
日本語では「皮肉」「反語」「逆説
などと訳されています。

多くの場合、「逆説」よりも
反語」「皮肉」の意味で使うことが多いです。

 

「アイロニー」については、
以下の記事で詳しく解説しています。

>>アイロニーとは?意味や使い方・例文を解説

こちらも現代文には必須の単語なので、
ぜひ確認しておきましょう。

逆説と逆接の違い

耐える 堪える 違い

 

「逆説」と間違えやすい言葉として、
逆接」があります。

「逆接」の意味を簡単に言うと、
しかし」や「だが」などの表現のことです。

 

例えば、
以下のような2つの文があったとします。

  • 2時に会う約束をした。
  • 彼は来なかった。

 

会う約束をしたのに、
彼が来なかったというのは予想外なことです。

そこで、
2つの文の間に、
しかし」を入れてみます。

 

2時に合う約束をした。しかし、彼は来なかった。

 

すると、上記のように
自然な文章が出来上がります。

このように、「逆接」というのは、
予想外の結果を結びつける働きをするわけですね。

 

まとめると、

「逆接」=予想外の結果を結びつける働きをするもの。

「逆説」=一見すると正しくなさそうだが、実は正しいこと。

となります。

「逆接」を使う場合は、
「しかし」や「だが」などの
接続詞を使うことが多いです。

「逆」の「」は、
続詞」の「」と覚えれば忘れにくいでしょう。

スポンサーリンク

例文・使い方

 

「逆説的」という言葉は、
どのように使えばよいのでしょうか?

以下に例文を用意しましたので、
確認しておきましょう。

 

  • 高校に入ってから中学の勉強をやり直すというのは、非常に遠回りな行為だ。しかし、逆説的に考えれば、何事も基礎をマスターすることが重要なのである。
  • 宝くじに当選すると、多くの人が幸せになれると信じている。しかし、実際は様々な不幸が始まるという逆説的な法則があるのだ。
  • 逆説的に考えれば、体が弱い人ほど医者に向いているのかもしれない。なぜなら、自分が丈夫だと体が弱い人の気持ちが分からないからだ。
  • 彼は、「人生は、失敗すればするほど良い」と言っている。一見矛盾しているが、逆説的な考え方とも言える。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は、「逆説的」
の意味について解説しました。

内容をまとめると、

逆説的」=一見すると正しくなさそうだが、実は正しいこと。

ということでしたね。

 

ぜひこの機会に、
正しい意味を理解できれば幸いです。

今回は以上となります!

スポンサーリンク