この記事の所要時間: 321

 

今回は
ほだされる
の意味を解説していきます。

「ほだされる」という言葉は、
初めて聞く人が多いと思います。

しかし、
実際はビジネスや恋愛など
様々な場面で使われる言葉です。

一体どのように使えばよいのでしょうか?

まずは、基本的な意味を
確認しておきましょう。

スポンサーリンク

ほだされるの意味

 

「ほだされる」
の意味を辞書で引くと、
以下のようにありました。

【ほだされる(絆される)】

情にひかされて自分の考えにない行動をとる。人情にからまれる。

〔動詞「ほだす」に受け身の助動詞「れる」が付いたもの〕

出典:三省堂 大辞林

ほだされる」とは、
情に引かれて、自分の考えにない行動をとる
という意味です。

主に、相手側の熱意や相手への同情によって、
要求をのむときに使います。

例えば、
以下のような使い方です。

彼は情にほだされて、お金を貸してしまった。

この場合、
本当はお金を貸したくなかったけども、
「相手側の熱意」あるいは「相手への同情」
によって貸したということですね。

一般的には、「ほだされる」は、
情にほだされる」という使い方が多いです。

情(じょう)」とは、
気持ち」や「感情」などのことです。

つまり、
「情にほだされる」とは、
相手の気持ちや感情が伝わり、自分まで
その気持ちになってしまう
」ということですね。

スポンサーリンク

ほだされるの語源・由来

ほだされる 語源 由来

「ほだされる」は、
漢字で「絆される」と書きます。

元々この言葉は、
「絆す」に受け身の助動詞「れる」
がついた形です。

「絆」という字は、
馬の脚をつなぎ止める網
という意味があります。

よって、
「絆される」を直訳すると、
「つなぎ止められる」になります。

ここから、
「(心理的な)束縛を受ける
という現在の意味になったのです。

また、「絆」は、
「きずな」とも読めます。

「きずな」とは、
「人と人の気持ちをつなぐもの」
という意味です。

したがって、
「ほだされる」は、必ずしも
ネガティブな意味で使うとは限りません。

場合によっては、
「気持ちをつなぎ合わせる」⇒「共感する」
というポジティブな意味で使うこともあります。

その場合は、
以下のように使います。

「子供の純粋な笑顔にほだされて、まともな人間を目指した」

つまり、
良い意味か悪い意味かは
使い方次第ということですね。

ほだされるの類語・英語

 

「ほだされる」の類語は、
以下のようなものがあります。

  • 押し切られる
  • 呑(の)まされる
  • 丸め込まれる
  • 心を動かされる
  • 影響を受ける
  • 承諾する

一般的には、
上記の意味で問題ないです。

ただし、
「情をほだされる」だと、
以下のような類語となります。

  • 同情する
  • 気の毒に思う
  • 哀れに思う
  • かわいそうに思う
  • 不憫(ふびん)に思う
  • 身につまされる

※「身につまされる」とは、
「人の不幸などを、自分のことのように感じる」
という意味です。

ちなみに、「ほだされる」は
英語だと以下のように言います。

to be tied to some one by affection

to be swayed by emotion

「tie」は「縛る・束縛する」
「affection」は「情・愛情」という意味です。

つまり、前者は、
情に束縛される」ということですね。

また、「sway」は「揺さぶる」
「emotion」は「感情」という意味です。

したがって、
後者は「感情を揺さぶられる
という意味ですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、「ほだされる」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

  • 情にほだされて、借金の保証人になってしまった。
  • 営業マンの熱意にほだされて、思わず商品を購入した。
  • 情にほだされた結果、好きでもない人と付き合った。
  • 息子の純粋な気持ちに、自分も心をほだされた
  • 情にほだされて、いつも彼女の言うことを聞いてしまう。
  • 子供の情熱にほだされて、自分も勉強を始めた。
  • 部下の熱意にほだされたのか、上司は許可を出してくれた。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回の内容をまとめると、

ほだされる」=情に引かれて、自分の考えにない行動をとる。

ということでしたね。

別の言い方だと、
心を動かされる・同情する
などと覚えてもよいです。

今回は以上となります!

スポンサーリンク