この記事の読了目安: 541

東南 南東 違い 正しいのは

 

方角を表す言葉で、
東南」と「南東」があります。

風水や家相などの世界ではよく使われているものです。

ただ、「東」を先に言うのか、
それとも「南」を先に言うのかという問題があります。

これと同様の問題としては、
「北東」と「東北」「南西」と「西南」なども挙げられます。

今回は、それらの疑問も含めて
違いや使い分けを詳しく解説しました。

スポンサーリンク

東南と南東の意味

 

最初に、それぞれの意味を辞書で引いてみます。

【東南(とうなん)】

東と南との中間の方角。巽 (たつみ)。南東。ひがしみなみ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

【南東(なんとう)】

南と東との中間にあたる方角。東南。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

まず「東南」ですが、
「東南」は辞書だと「南東」とも書かれています。

ほとんどの辞書では、補足的ですが、
最後のように「南東」としっかりと記述されています。

意味は「東と南の中間にあたる方角」を表したものです。

 

そして、「南東」の方ですが
こちらも同様に「南東」=「東南」と記述されています。

その他の辞書を確認してみても、
「東南」と書かれていないものはありません。

「東」と「南」のどっちが先かという違いは抜きにして、
どちらも同じ項目の中に表記されています。

すなわち、両者とも辞書の意味は同じということです。

したがって、普通に使う分には
どちらも意味自体に違いはないということになります。

スポンサーリンク

東南・南東の由来・用例

東南 南東 由来 使い方 正しいのは

 

では、実際の用例はどうなっているのでしょうか?

意味に違いがないのであれば、
なぜ2つの表記があるのか気になる所です。

過去の参考資料を元に考察していきましょう。

 

まず、東洋の古い文献を見ると、
中国古代の『易経』には次のような記述があります。

西南得朋。東北喪朋。(西南に朋(とも)を得、東北に朋を喪ふ。)

また、奈良時代初期に編纂された
『常陸国風土記』には次のような記述があります。

西南近有河間。(郡より西南のかた近く河間あり)

同じく、奈良時代に編纂された歴史書である
『日本書紀』にも次のような記述があります。

東南橿原地者、(東南の橿原(かしはら)の地は)

いずれも「東」や「西」が先にあり、
「南」や「北」が後になっていることが分かるでしょう。

つまり、日本や中国などの東洋では、
昔から「東」及び「西」を先頭に方角を記述していた
ということです。

中国では昔から土地や建物などの吉凶を占う際に、
方角をよく用いていました。

その占いでは「東」と「西」を先頭にして、方角を表していました。

現在でもその名残はあり、風水を含めた地相や家相などの占いでは、
「東南」「西南」などと表記するのが一般的です。

 

では、もう少し時代を進めて
近代以降に入っての用例も確認してみます。

近代の「陸地測量部地図」では、
1885年に発行のもので以下のような図名が用いられています。

「東京南東部」「東京北東部」「東京北西部」「東京南西部」

見て分かるように、この時期辺りから
「南」と「北」を先頭に置いた方角が使われ出しています。

 

ところが、1909年の測量ではまた元に戻り、
「東」や「西」を先頭とした図名が用いられるようになりました。

「京都東北部」「京都西北部」

そして、比較的最近になって発行された
国土地理院の一万分の一の地図(1984年)でも
同じく「東西」を先頭とした記述がされるようになりました。

「東京西北部」「東京東北部」「東京西南部」「東京東南部」

流れを整理すると、
元々は「東西」を先にする記述がされていたということです。

しかし、近代に入ってからは「東西」を先にするパターンと
「南北」を先にするパターンが混合されるようになった
ということが言えます。

スポンサーリンク

東南と南東の使い分け

東南 南東 使い分け 違い

 

では、結局の所この2つはどちらを使えばよいのでしょうか?

すでに説明したように土地や建物などの方角については、
「東西」を先にするという習慣が古来からあります。

したがって、土地や建物に関しては「東西」を先頭にして用いる
という使い方で問題ありません。

 

ただし、土地や建物以外の方角については、
「南北」を基準にする場合もあります。

例えば、「風向きを表すような場合」です。

風光では「十六方位」と言い、
北を始点として時計回りに360度までの角度が用いられます。

そのため、「東西」ではなく
「南北」が基準の方角が使われることが多いのです。

 

日本の気象台が創立されたのは1875年の6月1日であり、当時は観測機械を外国に注文し、イギリスの専門家をわざわざ招聘したという経緯があります。

当時の西洋では、気象や航海に関して
「南」と「北」を先にする習慣がありました。

そのため、西洋の風向の表し方を輸入した日本では、
当時の西洋にならって風向きは「南北」を基準に表記するようになったのです。

 

一方で、日本や中国などの東洋では、
方角は風向きに用いるのではなく占いに用いるのが一般的でした。

中国の占いの元である「陰陽五行」では、
「東」は「物事が始まる方位」や「春」を意味する方位でした

これは「東」が太陽が昇る方角であり、
すべての物事が始まる方角だと考えられていたからです。

相撲の番付などをみても、
東の力士の方が西の力士よりも格上なのは、
東の方がエネルギーのある方角だからと言えます。

つまり、「東」という方角は、
すべての物事の始点だったということです。

 

日本でも古くからこの太陽の動きを軸にする方法は用いられており、
時計回りに「東→東南→南→西南→西→西北→北→東北」という順で方角を記していました。

このような理由もあり、
「東南」「東北」などの言葉が使われ出す内に、
「東西」を先頭にした方角が使われるようになったのです。

しかしながら、明治以降は気象や航海の分野で
西洋の文化を取り入れることが常識となりました。

そのため、現在ではどちらの表記も使われているのです。

関連:>>丁字路とT字路の違いとは?どっちが正しい意味?

以上の事から考えますと、本来の由来に沿って
両者を使い分けるならば次のような結論を出すことができます。

「気象や航海などの風向きを表す時」=西洋由来の「南北」を基準とした方角を使う。

「土地や建物などの方位を表す時」東洋由来の「東西」を基準とした方角を使う。

スポンサーリンク

本記事のまとめ

 

以上、本記事のまとめです。

東南・南東」=東と南の中間にあたる方角。

違い」=意味自体に違いはない。(辞書だとどちらも同一表記)

使い分け」=風光に使う時は「南東」、土地や建物に使う時は「東南」を用いる。

もちろん、上記の使い分けが絶対的というわけではありません。

なぜなら、「東南」と「南東」、どちらの表記も
間違いではなく言っていることに変わりはないからです。

ただ、元々の使い方としては
「東」を起点に方位学は使われていたという背景があります。

私たちが一般に使う際には、
土地や建物などの不動産を購入する際に方角はよく用いられます。

その際には、本来の陰陽五行の由来に沿い、
「東西」を軸にした方角を使うのが賢明だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)