この記事の読了目安: 529

戦争の不可能性 要約 解説 問題 学習の手引き わかりやすく

 

『戦争の不可能性』は、現代文の教科書で学ぶ評論です。そのため、高校の定期テストなどにも出題されています。

ただ、本文を読むとその内容や筆者の主張が伝わりにくい箇所もあります。そこで今回は、『戦争の不可能性』のあらすじや要約、学習の手引きなどを含め分かりやすく解説しました。

『戦争の不可能性』のあらすじ

 

あらすじ

①二十世紀は、「戦争の世紀」と言われる。人間の世界に戦争がとだえたことはないが、こう呼ばれるのは二度にわたる「世界大戦」を経験したからである。「世界大戦」では、世界がひとつの共通の政治・経済活動の場として形成され、どの国も不可避的に利害が絡み合い、日常そのものが戦争と化した。高度なテクノロジーによって破壊力を高めた兵器が投入されたため、戦争の惨禍は未曽有の規模に達した。人類は初めて「世界の崩壊」の現実性に直面し、共通の戦後を迎えたのである。

②核兵器という最終兵器は、戦争をある意味で不可能にした。この兵器による戦争では、仮に一方が勝つとしても、その勝利は敗北の打撃とほとんど変わらないものになってしまう。核戦争では、戦争に訴えることが戦争自体の目的を裏切ってしまうことになる。戦後の平和は、破滅の恐怖によって抑止された平和であり、いわば強いられた僥倖である。結果的に、平和が姿を変えた戦争の継続であるというシニカルな逆説が真理となった。

③戦争が世界大に拡大したということは、戦争そのものの決定的な変質を含んでいる。これまでの戦争は、当事者や場所が限定された個々の主体が、自己の保存や強化を目指して訴える行為でありえた。ところが、世界戦争ではその限定はなくなり、個々の戦争主体(国家)の主体性は、全体としての戦争のうちに溶解してしまう。戦争とは基本的に「世界戦争」でしかありえないのだ。現実の戦争は、個々の抗争の条件を規定しつつ、<戦争の不可能性>というかたちで恒常的に起こっているのだと言ってもいい。

④二十世紀末に、「冷戦」は終わったと言われている。だが、核兵器が戦争を規定しているという事実は終わっていない。「冷戦」のイデオロギー的意味づけの拘束がなくなった今、世界戦争の意味を改めて問うてみる必要がある。戦争が「世界化」によって「人間」の存立条件そのものに抵触するようになったとき、国家はもはや戦争に関していかなる「正義」を主張することもできない。

『戦争の不可能性』の要約解説

 

要約二十世紀に起こった世界大戦は未曽有の規模に達したため、人類は初めて世界の崩壊の現実性に直面し、共通の戦後を迎えることになった。核兵器は本来の戦争を不可能にしたが、この平和は破滅の恐怖により維持された抑止による平和である。現実の戦争は、個々の抗争の条件を規定しつつ、戦争の不可能性というかたちで恒常的に起こっている。国家がいかなる正義を主張することもできない今、改めて世界戦争の意味を問う必要がある。(199文字)

筆者はまず、二度にわたる世界大戦により、戦争というのはどの国も関わりを持つような不可避的なものになったと述べています。そして、核兵器という最終兵器が、ある特定の国家が主体となる本来の戦争を不可能にしたとも述べています。

つまり、戦争自体が世界化し、なおかつ決定的な変容をしたということです。戦後は確かに平和になったように思えますが、それは真の平和ではなく、姿を変えた戦争の継続であるとも述べています。

現在、世界の各地で起こっている地域的な武力抗争は、代理戦争として戦われています。したがって、これらの紛争はすべて世界戦争の一環とみなされることになります。

最後に筆者は、世界化した戦争により一国の正義がありえなくなった今、改めて戦争の意味が問われなければならない、と結論付けています。これは筆者の主張でもありますし、読者への問題提起でもあると言えます。

『戦争の不可能性』のテスト対策問題

 

問題0

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

①科学のヒヤクテキな進歩。

②増加の傾向がケンチョになる。

③街がめまぐるしくヘンヨウする。

④肌をロシュツする。

⑤身柄をコウソクする。

解答①飛躍的 ②顕著 ③変容 ④露出 ⑤拘束
問題1「そのことを最も顕著な形で示したのが、戦争末期に開発された核兵器だった。」とあるが、「そのこと」とはどういうことか?
解答例「終戦」が戦争以前の平和な状態への回帰を感じさせるものではなく、戦争と平和が明確に区別された時間として交代する、かつてのような時代の終わりを画す「終戦」であったこと。
問題2「『破滅』の恐怖によって維持された『抑止』による平和」とはどういうことか?
解答例核兵器を使用した戦争の開始は「破滅」に直結しているため、その「破滅」に対する恐怖が、核兵器を使用した戦争を「抑止」することで平和が成立しているということ。
問題3ところが世界戦争ではその限定がなくなり、~とあるが、「その限定」とはどういう「限定」か?
解答例戦争というものが、当事者も場所も限定された中で、個々の主体が自己の保存や強化を目指して訴える行為でありえたという限定。
問題4「それらの条件があいまって戦争は世界大に広がり、~という事態が出現した。」とあるが、「それらの条件」とは何か?三つのポイントに絞ってまとめなさい。
解答例

・世界が一つの共通の政治・経済活動の場として形成され、一国の利害が不可避的に多数の国の利害と絡み合うようになっていたこと。

・高度に組織化された産業社会の構造のために、人々の生活はそのまま戦争体制に動員されて日常そのものが戦争と化していたこと。

・高度なテクノロジーによって飛躍的に破壊力を高めた兵器が投入されたこと。

問題5「<世界戦争>」以後の時代の基本的な状況」とはどういうことか?
解答例世界戦争以後の時代では、もはや戦争における一方的な勝利はありえず、核戦争は戦争自体の目的を裏切るものとなり、核兵器は戦争をある意味で不可能にした。戦後の平和は、破滅の恐怖によって抑止された平和であり、いわば強いられた僥倖である。この平和は姿を変えた戦争の継続であるというシニカルな逆説が真理となり、世界は平和と呼ばれる不可能な戦争の中に宙吊りになっている。
問題6「<世界戦争>とは、‥‥むしろ世界そのものの<戦争化>を意味している」とは、どういうことか?
解答例戦争が世界化したということは、規模が拡大したということだけではなく、戦争の主権を個々の当事者から奪い、<戦争>と化した世界の運動の中に巻き込み、<戦争としての世界>を露出させるものであるということ。
問題7「国家はもはや戦争に関していかなる『正義』を主張することもできない」のはなぜか?
解答例戦争がテクノロジーの発達や産業システムの展開、国民国家体制による「総動員」によって世界化したとき、戦争は「手段」の域を超え、一定の目的のもとに手段化しようとする権威の正当性を掘り崩してしまうため。

まとめ

 

以上、今回は『戦争の不可能性』について解説しました。ぜひ本文の正しい読解をして頂ければと思います。なお、本文中の重要語句については以下の記事でまとめています。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)