この記事の所要時間: 410

 

今回は
如才ない
の意味を解説していきます。

 

「あの人は如才ない人だ」

「彼女の対応は如才ない」

などの言い方を
聞いたことがあると思います。

果たしてこの言葉はよい意味なのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

如才ないの読み方

 

如才ない」は、
じょさいない」と読みます。

 

「如才」という漢字は、
にょさい」と読んでしまう人が多いです。

これはおそらく、
「如実(にょじつ)」の読みと
混同したものと思われます。

 

正しくは「じょさいない」ですので、
間違えないようにしましょう。

如才ないの意味

 

続いて、意味です。

以下、
2つの辞書からの引用です。

【如才ない(じょさいない)】

気がきいていて、抜かりがない。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

気がきいて人をそらさない。行き届いていて愛想がよい。

出典:三省堂 大辞林

如才ない」とは、
気がきいて、手抜かりがない
人をそらさず、愛想がよい」などの意味です。

 

それぞれの意味を説明すると、
以下のようになります。

  • 手抜かりがない」=不注意による油断やミスがない。
  • 人をそらさない」=相手に不快な気持ちを与えない。
  • 愛想がよい」=人当たりがよくて明るい。

 

つまり、

相手に対して気がきいて、油断やミスがないこと

明るい対応で、人を不快にさせないこと

などを「如才ない」と言うのです。

 

何となくイメージがつかめましたか?

 

「如才ない」は、
人と人とのコミュニケーション時に使います。

例えば、
人に対しての行動や発言です。

 

よく使われる表現としては、
「彼女の対応は如才ない」などがあります。

この場合は、
細かい気配りで何かを準備してくれたり、
愛想のあるセリフで明るくしてくれたり
といったことですね。

 

このように、
さりげない言動で、相手から
この人、気がきくな~!」と思ってもらえれば、
それは「如才ない」と言えるのです。

スポンサーリンク

如才ないの由来

如才ない 由来 

 

「如才ない」は、
「如才」が「ない」
と書くように「如才」を否定した言葉です。

 

元々、「如才」という漢字は、
如在」と書いていました。

この言葉自体は、
中国の『論語』から来ています。

 

以下、
『論語』の中の文章です。

「祭如在、祭神如神在(祭ることいますが如くし、神を祭ること神いますが如くす)」

 

これを簡単に説明すると、
「眼の前に神様がいるかのように、
謹(つつ)しみかしこまって丁寧に接する」となります。

 

つまり、「如在」は、
元々は「敬意」を表す言葉だったのです。

 

しかし、この「敬意」の意味が
しだいに「形だけの敬意」や「形式的」といった
否定的な意味で誤用されるようになりました。

そのため、
「如在(形ばかりの敬意)」は、
手抜かりがある」という意味で
使われるようになったのです。

 

この「如在」をさらに「ない」で否定するので、

如才ない」=「手抜かりがない

という意味になるわけですね。

 

ちなみに、
「如才」というのは、
これだけで使う例というのはまずないです。

したがって、
「如才ない」という否定形で常に使われる
と考えてよいでしょう。

如才ないの類語

 

「如才ない」の類語も
確認しておきましょう。

 

  • よく気がきく、よく気を配る。
  • とても注意深い
  • しっかりしている
  • 人当たりがよい、ソフトな
  • 温和な、柔和な

 

基本的には、
「手抜かりがない」
とほぼ同じ意味になります。

 

ただし、下2つの
「人当たりがよい」「温和な」などは、
愛想がよい」という意味の類語です。

したがって、
類語としては2パターンの意味を
覚えておきましょう。

スポンサーリンク

如才ないの使い方・例文

如才ない 使い方 例文

 

「如才ない」の使い方を、
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 急な来客にもかかわらず、彼女は如才ない対応をしたので、周りの評価を上げた。
  2. 細かい質問がたくさんきたが、彼は如才なく受け答えした。
  3. 彼は、如才ない交渉術でやり手の営業マンらしい。
  4. 如才ない人付き合いができる彼女は、うらやましいものがある。
  5. 訪問先の奥さんは、如才ない笑顔で出迎えてくれた。
  6. アシスタントの彼が、如才なく衣装の準備をしてくれた。

 

「如才ない」は、
相手をほめる時に使う言葉です。

よって、
原則として良い意味で使うと思ってください。

 

ただし、
皮肉をこめて使う場合は、
必ずしも良い意味とは限りません。

例えば、3の例文です。

 

「やり手」とは、
「腕の立つ人」という意味ですが、
この言葉自体はあまり良い意味では使いません。

いくら仕事ができても、
面と向かってほめ言葉としては使わないのです。

したがって、
このようなネガティブな場面では、
「如才ない」は悪い意味で使うと考えましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

如才ない」=気がきいて、手抜かりがない。愛想がよい。

ということでしたね。

原則として、
相手をほめるときなど良い意味で使う

と覚えておきましょう。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク