この記事の所要時間: 336

 

皆さんは、
惹起」という言葉を
ご存知でしょうか?

 

「惹」という字は、
普段はほとんど見ないイメージですね。

しかし、
この「惹起」という言葉、
意外と新聞やニュースなどでよく登場するのです。

 

そこで今回は、
「惹起」の意味や使い方を
解説していきたいと思います。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

惹起の意味と読み

 

「惹起」
の意味を辞書で引くと、
以下のようにあります。

【惹起(じゃっき)】

事件・問題などをひきおこすこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

まずは、
「読み方」です。

 

惹起」は、
じゃっき」と読みます。

 

よくある間違いとして、
「ひきおき」と読んでしまう人がいます。

「惹」は「惹(ひ)く」とも
読めるので勘違いしやすいです。

正しくは「じゃっき」ですので、
間違えないようにしましょう。

 

続いて、意味です。

 

惹起」とは、
事件や問題などをひきおこすこと
を言います。

 

「事件」というのは、
「犯罪や殺人などのこと」です。

そして、
「問題」とは、
「何か困ってしまうような出来事」ですね。

 

したがって、
「惹起」は基本的には、
あまり良い意味では使わない言葉です。

惹起の使い方

 

では、「惹起」は、
実際にどのように使うのでしょうか?

 

よくあるのが、
以下のような文です。

大臣の発言が、重大な国際問題を惹起した。

この場合は、人の言動などによって
「事件・問題」へ発展する時に使います。

 

また、以下のように
使うこともあります。

独立運動に対する感情を惹起することになった。

つまり、
「事件」や「問題」だけでなく、
「感情」をひきおこすような場合
使われるということですね。

 

一般的には、「惹起」は、
政治や時事問題などで使われることが多いです。

いずれにせよ、
何かをひきおこすような時に
「惹起」を使うわけですね。

スポンサーリンク

惹起の語源・類語

惹起 語源 類語

 

「惹起」という言葉の
「語源」にも迫ってみましょう。

 

「惹」は、「若い」と「」が
合わさってできた漢字です。

 

「若い」は、
「年齢が若い、若々しい」
などの言葉がありますね。

実は、「若い」は、
柔らかい・柔軟な
という意味から派生したものです。

関連記事:>>柔らかいと軟らかいの違いとは?意味や使い分けも

 

つまり、「惹」とは、
やわらかい心・柔軟な心
を表しているのです。

よって、
「惹(ひ)き起こす」というのは、
まだ固まってない柔軟な要素から
様々な思考や問題を抜き出すこと
を意味します。

 

相手の心を
「ひきつける」というのも
そのような意味があるからです。

もしも、
相手の心がまだ固まっていない場合、
自分の思いを伝えれば、気持ちを
こちらに向けることができますからね。

 

したがって、
「惹起」の類語は
以下のようになります。

  • 生じる
  • 生み出す
  • もたらす
  • 来(き)たす
  • 招く
  • 誘発する

 

いずれも、
「何かを自分の方に持ってくる行為」
ということが分かるかと思います。

 

覚え方としては、

「何かをこして、こちらへき寄せる」

と記憶しておけば忘れにくいでしょう。

スポンサーリンク

惹起の例文

 

「惹起」の使い方を、
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 家庭内での対立が、今回の事件を惹起した。
  2. 民衆の税金を取りすぎたため、暴動を惹起した。
  3. 面倒な問題を惹起したくないので、正直に述べた。
  4. 自分が問題を惹起するとは、夢にも思っていませんでした。
  5. ロシアとの不平等条約は、日露戦争を惹起した原因の一つだ。
  6. 彼の授業は、色々な考え方を自由に惹起させる。

 

「惹起」は、
原則として悪い意味で使いますが、
必ずしもそうとは限りません。

例えば、
最後の例文です。

この場合は、
人のアイデアなどをひきおこす
という意味で使っています。

 

意味としては、
生み出す」「生じる
などと近いですね。

このように、良い意味で
使われることもあるので注意しましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は、
「惹起」について解説しました。

 

内容をまとめると、

惹起(じゃっき)」=事件や問題などをひきおこすこと。

ということでしたね。

 

新聞やニュースでこの言葉が
出てきてももう大丈夫ですね。

今回は以上となります!

スポンサーリンク