この記事の所要時間: 446

 

皆さんは、
要綱」と要領
の違いを説明できますか?

 

どちらの言葉も、
「難しい文書に出てくる」というイメージですね。

さらに、「要項」という言葉も
どうやらあるようです。

これらの言葉は、
一体どう使い分ければいいのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

要綱の意味

 

まずは、
「要綱」の意味です。

【要綱(ようこう)】

基本となる大切な事柄。また、それらをまとめたもの。綱要。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

要綱」とは、
大切なことをまとめたもの」を言います。

 

主に、役所の政策や事務処理などに対して
使うことが多い言葉です。

例えば、
以下のように使います。

  • 役所の開発指導要綱
  • 地方自治体の指導要綱

「指導要綱」とは、
大切な事なので守ってください
というルールのようなものだと思ってください。

 

「要綱」は、「まとめる
という意味が強い言葉です。

したがって、
それぞれのルールを大まかに
まとめるような時に使うわけですね。

要領の意味

 

続いて、
「要領」の意味です。

【要領(ようりょう)】

物事の最も大事な点。要点。

物事の要点をつかんだ、うまい処理の仕方。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

要領」とは、
物事の最も大事な点」という意味です。

一言で「要点」と覚えてもよいでしょう。

 

よくある使い方が、
文部科学省の出す「学習指導要領」です。

「学習指導要領」とは、
「学生がどんな学習をすればよいかを示したもの」
を言います。

 

例えば、
以下のようなものです。

  • 英語は小5から正式科目にする
  • 数学は年間〇〇時間学ぶ
  • グループ活動や実験を増やす

このように、
物事の大事な点を具体的に細かくしたもの
「要領」と言うのです。

 

また、
「要領」には「物事を処理する方法
という意味もあります。

この場合は、
以下のように使います。

  • 要領が悪い覚え方
  • 要領が良い作業

簡単に言うと、
「センスやコツ」ということですね。

スポンサーリンク

要綱と要領の違い

要綱 要領 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

要綱」=大切なことをまとめたもの。

要領」=物事の最も大事な点。物事を処理する方法。

ということでした。

※区別しやすいように色をつけます。

 

両者の違いを2つの点から
比較したいと思います。

 

1つ目は、
大切なことが具体的かどうか」です。

 

要綱」の方は、
行政のルールを大ざっぱにまとめたものを指します。

したがって、
内容的にはそこまで具体的に
書かれていないのが普通です。

 

一方で、「要領」の方は、
それぞれの要点を細かく記したものを指します。

したがって、
こちらは「要綱」よりも
具体的に書かれるのです。

 

両者の語源も比較しておくと、

要綱」の「」は
つな」や「ロープ」といった意味があります。

「ロープ」というのは、
太くて強いイメージですよね?

つまり、「要綱」の方は、
物事を大きくまとめた基本方針など
使われるのです。

 

一方で、「要領」の「」は、
「領土」「領地」などのように
「細かく分ける・分割する」という意味があります。

したがって、「要領」の方は、
大事な点を具体的に細かくしたもの
という意味になるのです。

 

2つ目は、
方法」という意味でも使うかどうかです。

 

要領」の方は、
「物事を処理する方法」という意味でも使えます。

一方で、「要綱」の方は、
このような使い方はしないのです。

【例】

要綱が悪い×

要領が悪い⇒

スポンサーリンク

要項の意味・使い分け

 

似たような言葉で、
要項」があります。

要項」の意味も押さえておきましょう。

【要項(ようこう)】

大切な事柄。必要な事項。また、それを記した文書。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

要項」とは、
大切なこと・必要なこと」という意味です。

意味としては、
ほぼ同じイメージですね。

 

ただし、
要項」の場合は、「要領」と同様に、
細かく具体的なものとなります。

 

よくある使い方が、
「募集要項」です。

「募集要項」とは、
入試の受験時などに学校側が書く項目となります。

 

内容的には、

  • 受験科目
  • 受験会場
  • 募集人数
  • 試験時間

といったものですね。

 

要領」との違いですが、

要項」は
項目ごとに箇条書きになるのが一般的です。

一方で、
要領」の場合は、
必ずしも箇条書きとは限りません。

要領」は、
具体的な方法や方針・目的など
要項」よりも幅広い意味で使われるのです。

関連記事:>>趣旨と主旨の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>措置と処置の違いとは?意味や使い分けも

使い方・例文

 

それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

要綱の使い方】

  • 各市町村が定めている、税金の指導要綱に従う。
  • 市町村の建築指導課に、建物に関する要綱を聞いた。
  • GHQから渡された、当時の憲法改正要綱を確認する。

 

要領の使い方】

  • 文部科学省から、学習指導要領が発表された。
  • 消防庁が発表している予防実施の要領を守る。
  • 君の仕事の仕方は要領が悪いので、改めたほうがいい。

 

要項の使い方】

  • 資格を受けるために、試験の募集要項を確認する。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

要綱」=大切なことを(大きく)まとめたもの。

要領」=大事な点を細かくしたもの。処理する方法。

要項」=大事な点を細かく箇条書きにしたもの。

ということでしたね。

 

ポイントは、
漢字の成り立ちを記憶しておくことです。

  • 」⇒「ロープなので大きい」
  • 」⇒「領土のように分ける」
  • 」⇒「細かい項目に分ける」

このように覚えておけば
忘れることはないでしょう。

今回は以上となります!

スポンサーリンク