この記事の所要時間: 555

 

今回は
野暮」の意味を
解説したいと思います。

「あの人は野暮ったい」

「野暮なことを聞くな」

などの言い方をよく聞きますね。

「野暮」とは、
一体どんな意味なのでしょうか?

まずは、基本的な意味から
押さえておきましょう。

スポンサーリンク

野暮の意味

 

「野暮」
の意味を調べると、
以下のように書いてあります。

【野暮(やぼ)】

人情の機微に通じないこと。わからず屋で融通のきかないこと。また、その人やさま。無粋 (ぶすい) 。

言動や趣味などが、洗練されていないこと。無風流なこと。また、その人やさま。無骨。

③遊里の事情に通じないこと。また、その人や、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

野暮」の意味は、
主に2つあります。

1つ目は、
人の気持ちが理解できない
という意味です。

辞書の説明だと、①になりますね。

人情の機微(にんじょうのきび)」とは、
表面だけでは分かりにくい、人の微妙な気持ち
のことです。

例えば、電車の中で、
目の前におばあちゃんが立っていたとします。

普通であれば、
「席を変わりましょうか?」
と声をかけたくなるものです。

ところが、
全く気にせずに堂々と座っている人がいました。

そんな時、
「あの人は野暮な人だ」と言うのです。

簡単に言うと、
空気が読めない」ということですね。

「野暮」というのは、
このように相手の気持ちを理解できない人
に対して使うのです。

2つ目は、
洗練されていない」という意味です。

「洗練」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>「洗練された」の意味とは?使い方や類語・対義語も解説

簡単におさらいすると、
「洗練」とは、
余計なものを取り除いて、上品にする
ということでした。

つまり、「洗練されていない」とは、
余計なものがくっついている状態
を意味するのです。

具体的には、以下のような
意味となります。

  • 地味な
  • ダサい
  • 田舎臭い
  • 行儀が良くない
  • センスがない
  • 無駄がある
  • 雑な
  • 融通が利かない

この中でも特に、
田舎臭い・ダサい」という
意味で使われる場合は多いです。

例えば、
「野暮な格好」という言い方があります。

「野暮な格好」とは、
服装や髪形などの見た目が、
田舎臭くてダサい様子
のことです。

整理すると、

野暮=①人の気持ちが理解できない。洗練されていない。

主にこの2つの意味で使われる
ということですね。

スポンサーリンク

野暮の使い方

 

「野暮」という言葉は、
さまざまな場面で使います。

以下に、
代表的な使い方を挙げてみました。

【野暮な人・野暮臭い人】

野暮 野暮ったい人

「野暮な人だ」「野暮臭い人だ」
などは、よく使われる表現です。

この場合は、先ほども説明した通り
空気が読めない」という意味が多いです。

具体例を挙げると、

  • いきなり女性に年齢を聞く。
  • 男女のカップルに、ちゃちゃを入れる。
  • 試験前に電話をして、勉強の邪魔をする。

このような人は、「野暮な人」
と言うことができます。

他には、「融通がきかない
という意味で使われる場合もあります。

言い換えれば、
頭が固い」という意味ですね。

例えば、

  • お金は100円でも貸してはいけないと思っている。
  • 仕事中に笑いが起きてはダメだと思っている。
  • 文書のやり取りは必ず手書きにすべきと思っている。

このような人は、
頭が固くて融通が利かないので、
「野暮な人」と言うことができます。

【野暮なことを聞くな】

野暮なことを聞くな

よく使われるセリフとして、
野暮なことは聞くな」というのがあります。

これは、

センスがないことを聞くな

気がきかないことを聞くな

という意味だと思ってください。

例えば、

「あのカップルはこの後どこへ行くんでしょうか?」

「あの夫婦は、なんで子供がいないんでしょうか?」

このような質問は、
「野暮な質問」だと言えます。

なぜなら、答えが決まっていたり、
答えにくいような質問だからです。

特に、二つ目の質問は
他人のプライベートを詮索する内容なため、
失礼でセンスがない質問と言えます。

このように、
「野暮なことは聞くな」とは、
相手がセンスのない質問をしてきた場合に
返す言葉となります。

【野暮用で出かける】

野暮用 意味

「野暮用で出かける」
という使い方もよくされます。

野暮用(やぼよう)」とは、
仕事のための用事」または「どうでもいい用事
のことを言います。

すでに説明した通り、「野暮」には、
「頭が固い」という意味があります。

つまり、
遊びや趣味などの用事ではなく、
仕事のようなまじめな用事ということですね。

一般的には、後者の
どうでもいい用事」という意味で
使われることが多いです。

例えば、
「ちょっとコンビニに出かける」
ようなことですね。

【野暮天】

野暮天 意味

「野暮」の後ろに「天」がついて
野暮天(やぼてん)
という使い方をする場合もあります。

「天」というのは「高い」「大きい」
などの意味があります。

したがって、
野暮天」とは、
ものすごく、やぼなこと」を言うのです。

普通の野暮ではなく、
ものすごい野暮な人を表現したい場合に
使われます。

スポンサーリンク

野暮の類語

 

「野暮」の「類語」には、
以下のようなものがあります。

【無粋(ぶすい)】

男女間の微妙な気持ちが分からないこと。

「無粋な人」「無粋なことを言う」
などの使い方をします。

「野暮」も「無粋」も、
「人の気持ちが分からない」という共通点があります。

ただし、「無粋」の方は
特に男女間の気持ちが分からない場合に使われます。

※「無粋」は、「面白みがない様子」
という意味で使うこともあるので、注意が必要です。

【粗野(そや)】

言動が下品で荒々しく、洗練されていないこと。

「粗野な発言」「粗野なふるまい」
などの使い方をします。

【無骨(ぶこつ)】

洗練されていないこと。無作法なこと。

「無骨な人」「無骨なふるまい」
などの使い方をします。

野暮の対義語

 

一方で、
「野暮」の「対義語」は、
以下のようなものがあります。

【粋(いき)】

態度や身なりなどが垢抜けして、色気があること。

「粋な人」「粋な趣味」
などの使い方をします。

「無粋」の対義語でもあるので、
「男女間の微妙な気持ちが分かる」
という意味でも使われます。

【垢抜ける(あかぬける)】

田舎臭さが抜けて都会的な雰囲気になること。

端的に言うと、
「おしゃれになる」ということですね。

「野暮」には、
「地味な、ダサい」などの意味もあるので、
「垢抜ける」は対義語となるのです。

【洗練された(せんれんされた)】

文章や人格などを練りきたえ、上品なものにすること。

「洗練」については、すでに
他記事で紹介したので大丈夫ですね。

スポンサーリンク

野暮の例文

 

最後に、「野暮」という言葉を、
実際の例文で確認しておきましょう。

  • 楽しく盛り上がってたのに、野暮な友人がいきなり割り込んできた。
  • 彼はファッションに興味がないため、いつも野暮な格好をしている。
  • そんな野暮なことは言わず、1000円くらい貸してあげなさい。
  • 結婚しない理由をしつこく聞いてきたため、「野暮なことは聞くな」と言った。
  • 申しわけないが、野暮用のため午後からは出かけてくる。
  • 嫌な記憶が残っている彼女に、またその話を振るなんて、彼は野暮天だ。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、
「野暮」について解説しました。

内容をまとめると、

野暮」=人の気持ちが理解できない。洗練されていない。

ということでしたね。

「野暮」という言葉は、
色々な意味を持っていて難しいですが、
受験にはよく出てきます。

ぜひしっかりと理解して
いただきたいと思います。

今回は以上です!

スポンサーリンク