この記事の所要時間: 44

 

今回は、
車両」と「車輌
の違いを解説したいと思います。

 

「大型車両」

「車輌編成」

どちらも普段から
よく使われている言葉ですね。

さらに、上記以外に「車輛」という
難しい漢字も存在するようです。

 

一体どれを使うのが正しいのでしょうか?

まずは、基本的な意味を
確認しておきましょう。

スポンサーリンク

車両と車輌の意味

 

「しゃりょう」
の意味を辞書で引くと、
以下のようにあります。

【車両/車輛(しゃりょう)】

車輪のついた乗り物の総称。また、特に汽車・電車など鉄道の貨車・客車。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

上記のように、
「しゃりょう」は
1つの項目として載っています。

 

意味としては、
乗り物全般のこと」を言います。

要するに、
電車やバス・タクシーなどのことですね。

 

使い方としては、
以下の通りです。

  • 大型しゃりょうが通る
  • しゃりょう編成を確認する

 

いずれも日常的に使われているので、
使い方に関しては大丈夫ですね。

 

気になるのは、
車両」と「車輌」ではなく、
車両」と「車輛」と記述されている点です。

どの辞書を調べても、
車輌」という漢字は載っていません。

 

これは一体どういうことなのでしょうか?

 

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

車両と車輌の違い

 

結論から言うと、
車輌」は「車輛」の略字です。

つまり、
」は難しい漢字なので、
簡単な「」に省略したということですね。

 

したがって、
車輛」の方が正式な漢字であり、
車輌」は厳密には誤りということになります。

 

元々、戦前の日本では、
」と「」は、
以下のように区別していました。

 

」=「ふたつ」または「千両箱」の「リョウ」。

」=「くるま」の場合の「リョウ」。

 

つまり、
戦前は「車」に関しては「車輛」と書き、
車両」と書く習慣はなかったということですね。

ところが、
戦後の常用漢字の改定で、
車両」という字が決定しました。

その結果、
現在では「車両」の方が一般的に
なっているのです。

 

では、「車両」という字は、
単なる「当て字」なのでしょうか?

実は、そうでもないのです。

 

「両」という字は、
旧字体で「」と書きます。

この字は、
天秤(てんびん)の皿が両側に等しくぶら下がった様子
を表しています。

 

ここから、
「両」は以下のような意味として
使うようになりました。

  • 左右が対をなす「2つ
  • 左右の平均の「重さを量る
  • 左右対称のような「車を数える

 

実は、このような意味の「両」は、
漢字の母国の中国では大昔から使われています。

大昔ですから、
」の方が戦前よりも前から使われていた
ことになります。

一方で、「」という字は、
意味を明確にするために、当時の「」に
後から「くるまへん」を付けたものと言われています。

 

まとめると、

車両」=大昔から使われていた漢字。

車輛」=戦前は主流だったが、元々は「両」につけ加えた漢字。

車輌」=車輛の略字。(厳密には存在しない漢字)

ということになります。

 

つまり、
車両」という漢字は単なる当て字ではなく、
「両」の意味を復活させたものだったわけですね。

スポンサーリンク

正しいのはどれ?

車両 車輌 どっち

 

それぞれの漢字の違いは理解できました。

 

では、実際に正しいのは
どれになるのでしょうか?

 

「正しい」の基準が何かは曖昧ですが、
一つの目安として「常用漢字」があります。

「常用漢字」とは、
「一般人が日常生活において、これくらいは使うだろう」
という目安を国が示したものです。

 

この中に、
」と「」は入っていません。

 

そのため、
新聞やテレビなどのメディアでは、
車両」に統一して使っています。

別の言い方をすると、
車輌」や「車輛」は一切使わないということですね。

 

ややこしいのは、メディア以外では、
車輌」と書いている業界が意外とあることです。

例えば、
電車やバスなどの公共機関です。

車や鉄道関係に就職している方なら、
そのあたりはご存知だと思います。

 

しかし、
車輌」という漢字は単なる略字ですから、
読み書きをする上で使うことはおすすめしません。

また、
車輛」の方もかなり難しい漢字ですので、
使う必要性を感じないです。

 

したがって、
私たち一般人としては、
車両」を使うべきと言えるでしょう。

関連記事:>>乗せると載せるの違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>迎えると向かえるの違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

車両」=大昔から使われていた漢字

車輛」=戦前は主流だったが、元々は「両」につけ加えた漢字。

車輌」=車輛の略字。(厳密には存在しない漢字)

ということでしたね。

 

使い分けに関しては、
車両のみが常用漢字なので、こちらを使う」
と覚えておきましょう。

今回は以上となります!

スポンサーリンク