この記事の所要時間: 528

 

今回は、
朝令暮改」と「朝三暮四
の違いを解説したいと思います。

 

似たような漢字が使われていますが、
お互い違う意味を持った言葉です。

一体どんな違いがあるのでしょうか?

まずは、それぞれの意味を
押さえておきましょう。

スポンサーリンク

朝令暮改の意味と由来

 

「朝令暮改」
の意味を調べると、
以下のようにあります。

【朝令暮改(ちょうれいぼかい)】

朝に出した命令を夕方にはもう改めること。方針などが絶えず変わって定まらないこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

朝令暮改」とは、
命令や方針がすぐに変わってしまうこと
を言います。

 

元々は、
に出した命を、夕れにはめること」から、
このような意味になりました。

主に、
国の法律や組織の指示などが、
すぐに変わる場合に使われます。

 

「朝令暮改」は、中国の書物である
「漢書(かんじょ)」に書かれています。

 

その中の一節に、
以下のような文があります。

勤苦如此、尚復水旱之災、急政暴賦、賦斂不時、朝令暮改

簡単に訳すと、

農民の苦労が大変な中、
水害や灌漑に苦しめられ、税金をすぐ求められ、
朝出された命令が夜にはすぐ変更されるのです。

となります。

 

まさに、
当時の漢の農民の苦しさを
表現した文章となっています。

つまり、これが
「朝令暮改」の由来ということですね。

スポンサーリンク

朝三暮四の意味と由来

 

続いて、
「朝三暮四」の意味です。

【朝三暮四(ちょうさんぼし)】

目先の違いに気をとられて、実際は同じであるのに気がつかないこと。また、うまい言葉や方法で人をだますこと。朝四暮三。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

朝三暮四」とは、
実際は同じなのに、気がつかないこと
うまい言葉で人をだますこと」などの意味です。

 

「朝三暮四」は、中国の書物である
「荘子(そうし)」と「列子(れっし)」
が元になっています。

 

以下に、
簡単に話をまとめます。

中国の春秋時代の宋という国に
猿好きの老人がいた。

老人は猿を飼っていたが、
猿が増えすぎて生活が苦しくなったため、
エサを減らそうと思った。

そこで、猿たちに
「どんぐりを朝に3つ、夕暮れに4つやる」と言った。

しかし、猿は「少ない」と怒った。

そこで、頭を働かせた老人は

「それでは朝に4つ、夕に3つやる」

と言ったら、猿は大喜びした。

このような話となっています。

 

よくよく考えれば、
一日合計で7つしかもらえないのは一緒ですが、
猿たちは目先の利益にだまされています。

 

つまり、
もらえる数は同じなのに、
言い方を少し変えただけで相手を納得させたわけですね。

 

このことから、
「結果は同じなのに表面的な利害にとらわれること」や、
「表面的にだますこと」という意味になるのです。

スポンサーリンク

朝令暮改と朝三暮四の違い

朝令暮改 朝三暮四 違い

 

ここまでの話を整理すると、

朝令暮改」⇒命令や方針などがすぐに変わってしまうこと。

朝三暮四」⇒実際は同じなのに、気がつかないこと。人をだますこと。

ということでした。

 

両者の違いは、
漢字の成り立ちから記憶しておきましょう。

「朝令暮改」=出した命れにめられるもの。

「朝三暮四」=朝三つとつの違いに気付かないこと。

上記のように、
漢字から意味を推測すれば、
全く違う言葉だということが分かります。

 

「朝三暮四」の方は、そこから派生して、
似たような言葉で人をだますこと
という意味も覚えておけば完璧です。

 

ちなみに、だいぶ前ですが、
2010年の国会で、当時の鳩山総理が
この2つを間違えてしまうシーンがありました。

 

鳩山総理は、野党側から

「朝三暮四の意味を知っているか?」と尋ねられ、

「もちろん知っている」

「朝決めたことと夜決めたことがすぐ変わるという意味で、
あっさりと物事を変えてしまうことだ」

と自信満々に答えました。

 

見事に「朝令暮改」と
間違えてしまいましたね…。

このように、
大人でも間違える場合がありますので、
しっかりと整理しておきましょう。

類語

 

それぞれの類語には、
以下のようなものがあります。

朝令暮改の類語

【朝改暮変(ちょうかいぼへん)】

「朝令暮改」と同じ意味。

【二転三転する(にてんさんてんする)】

状況や情勢が何度もくつがえること。

【首尾一貫しない(しゅびいっかんしない)】

方針や考え方が変わり、筋が通っていないこと。

朝三暮四の類語

【大局を見ない(たいきょくをみない)】

物事を全体的な視点でとらえられないこと。

【木を見て森を見ず(きをみてもりをみず)】

物事の一部分に気を取られて、全体を見失うこと。

【一杯食わせる(いっぱいくわせる)】

うまく人をだますこと。

【口車に乗せる(くちぐるまにのせる)】

言葉巧みに人をだますこと。

 

以上が「類語」となります。

 

「朝令暮改」は、
「状況や考え方が変わること」

「朝三暮四」は、
「全体を見れないこと・だますこと」
などが「類語」となります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

それぞれの使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【朝令暮改の使い方】

  • 彼の采配は朝令暮改なため、選手は困惑してしまう。
  • 〇〇党の政策は朝令暮改なため、国民が振り回される。
  • うちの会社の経営陣は、朝令暮改の指示が多い。
  • 変化の激しい時代において、経営者は朝令暮改の対応も必要だ。

 

【朝三暮四の使い方】

  • 給料アップを喜んでいたら、サービス残業が同じ分増えていた。まさに朝三暮四だ。
  • 朝食を抜いても、晩ご飯を2倍食べてしまえば、朝三暮四である。
  • 朝三暮四のように、うまく言いくるめていた詐欺師が逮捕された。
  • 日本の政治家は選挙に勝つといつも公約を破る。朝三暮四もいいところだ。

 

「朝令暮改」は、どちらかというと
ネガティブなイメージで使われます。

ただし、
最近の事例では必ずしもそうではありません。

 

例えば、
現代ビジネスでは常に変化が求められます。

一旦出した方針を
臨機応変にすぐ引き下げることも
時には必要なのです。

 

有名な話では、経営の神様と呼ばれる
松下幸之助氏の意思決定の速さは、
「朝令暮改」どころか「朝令昼改」とも言われました。

つまり、場合によっては、
スピード感を持った良い対応
という意味で使われるわけですね。

ぜひ覚えておきましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は、
「朝令暮改」と「朝三暮四」
について解説しました。

まとめると、

朝令暮改」⇒命令や方針がすぐに変わってしまうこと。

朝三暮四」⇒実際は同じなのに、気がつかないこと。うまい言葉で人をだますこと。

ということでしたね。

 

混同しやすい言葉なため、
由来や類語と合わせて記憶しておきましょう。

今回は以上となります!

スポンサーリンク