この記事の所要時間: 340

 

今回は
耐える」と「堪える
の違いを解説していきます。

 

「ストレスに耐える

「聞くに堪えない話だ」

両方とも「我慢する」というイメージですが、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

耐えるの意味

 

まずは、
「耐える」の意味です。

【耐える(たえる)】

苦しさ・悲しさなどに屈せず我慢する。こらえる。

他から加えられる力に負けずにもちこたえる。

出典:三省堂 大辞林

「耐える」には2つ意味があります。

 

1つ目は、
精神的に我慢する」という意味です。

【例】

  • 悲しみに耐える
  • 苦しみに耐える
  • ストレスに耐える

この場合は、イメージ的に
心の中でぐっとこらえる感じですね。

 

2つ目は、
物理的に持ちこたえる」という意味です。

【例】

  • 100キロの重さに耐える
  • 雨風に耐える建物
  • 爆発に耐えるシェルター

この場合は、
目に見えるような力に対して、
持ちこたえるということですね。

 

このように、「耐える」は
精神的な意味でも物質的な意味でも使える言葉
となります。

堪えるの意味

 

続いて、
「堪える」の意味です。

【堪える(たえる)】

①苦しさ・悲しさなどに屈せず我慢する。こらえる。

②他から加えられる力に負けずにもちこたえる。

負担や任務に対応できる能力や技量がそなわっている。

それをするだけの値打ちがある。~に値する。 

出典:三省堂 大辞林

堪える」には4つ意味がありますが、
主にの意味で使われます。

(※①と②は、「耐える」と全く同じ意味です。)

 

それぞれの意味を説明すると、

③は、「能力や技能が備わっている」という意味です。

【例】「任に堪える人」

この場合は、
「任せられた任務や責任に対して、能力が備わっている」
ということですね。

 

④は、「値打ちがある・値する」という意味です。

【例】「聞くに堪えない話」

この場合は、
「聞く値打ちがないほどつまらない話」
ということですね。

スポンサーリンク

耐えると堪えるの違い・使い分け

耐える 堪える 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

耐える」=精神的に我慢する。物理的に持ちこたえる。

堪える」=能力が備わっている。値打ちがある。(我慢する・持ちこたえる)

ということでした。

 

この2つは、
一体どう使い分ければいいのでしょうか?

 

結論から言うと、

原則として、「耐える」を使う。
ただし、「能力や値打ち」の意味の場合は「堪える」を使う。

となります。

 

まず、どちらも
「我慢する・持ちこたえる」
という意味は共通していましたね。

したがって、
この意味で使う場合は
どちらを使っても問題ないことになります。

ただし、
実際にはこの意味の場合は、
耐える」を使うことが多いようです。

理由についてですが、
「耐える」の方が一般的な意味として、
認知されているからだと思われます。

 

それぞれの熟語を比較すると、

」は、
耐久・耐震・耐熱・耐火・忍耐
など多くの用語があります。

一方で、
」の方は「堪忍(かんにん)
くらいしかありません。

 

つまり、
」はそもそもあまり使わない漢字
ということですね。

よって、
「我慢する・こたえる」の場合は、
「耐える」を使った方がよいのです。

 

ただし、「耐える」の方は、
「能力が備わっている」「値打ちがある」
という意味を持っていません。

そのため、この意味の場合は
「堪える」を使うわけですね。

関連記事:>>修行と修業の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>極める・究める・窮めるの違いや使い分けとは?

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【耐えるの使い方】

  • 彼は、重圧に耐えながらも結果を残す人だ。
  • 昨日は、ずっと悲しみに耐えながら生活していた。
  • 200キロのバーベルに耐えて、筋肉をつける。
  • 北海道の寒さに、もう耐えることができない。

 

【堪えるの使い方】

  • その映画は鑑賞に堪えない作品だ。
  • 見るに堪えないので、ケンカはもうやめてくれ。
  • 聞くに堪えないほど、幼稚な話だった。
  • 彼のレベルでは、その任に堪えられないのは明らかだ。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

耐える」=精神的に我慢する。物理的に持ちこたえる。

堪える」=能力が備わっている。値打ちがある。

ということでしたね。

基本的には「耐える」を使い、
「能力や値打ち」の時のみ「堪える」を使うようにしましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク