この記事の所要時間: 44

 

皆さんは、
教科」と「科目
の違いを説明できますか?

 

中学や高校の授業などで、
「教科」と「科目」の2つがありますね。

どちらもよく使われるので、
非常になじみ深いと思います。

さらに、似たような言葉で
単元」も使われているようです。

 

これらの言葉は、
一体どう使い分ければよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

教科の意味

 

まずは、
「教科」の意味です。

【教科(きょうか)】

学校教育で、児童・生徒が学習する知識や技術を系統立てて組織した一定の分野。国語・社会・算数・理科など。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

教科」とは、
学生が学ぶ知識や技術を、大まかにまとめたもの
だと思ってください。

 

例えば、小学校で学ぶ
主な「教科」は以下の通りです。

国語」「算数」「理科」「社会」「体育

このように、
大まかに区分けされた知識や技術を
「教科」と言うわけですね。

 

ちなみに、中学校であれば、
「算数」⇒「数学
「体育」⇒「保健体育
のように若干名称が異なります。

科目の意味

 

続いて、
「科目」の意味です。

【科目(かもく)】

学問の区分。特に、学校で教科を分野別に分類したもの。課目。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

科目」とは、
教科をさらに細かく分けたもの
だと思ってください。

 

例えば、
以下のようなものです。

「国語」⇒「現代文・古文・漢文

「数学」⇒「数学I・数学II・数学III・数学A・数学B・数学C

「理科」⇒「化学I・化学II・物理I・物理II・生物I・生物II

「公民」⇒「現代社会・倫理・政治経済

「地理歴史」⇒「世界史A・世界史B・日本史A・日本史B・地理A・地理B

 

このように、
「教科」をさらに細分化したものを
「科目」と言うわけですね。

「科目」は、主に
高校に入ってから使う言葉となります。

スポンサーリンク

教科と科目の違い

教科 科目 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

教科」=学生が学ぶ知識や技術を、大まかにまとめたもの。

科目」=教科をさらに細かく分けたもの。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、
学問の範囲」となります。

 

教科」というのは、
学問の範囲が広いです。

 

例えば、
「理科」であれば、

「生物」「物理」「化学」

など幅広い知識を学びます。

この時に、「教科」は、
細かく専門的な知識は学ばないのが特徴です。

 

一方で、
科目」というのは、
学問の範囲が狭いです。

 

例えば、
「世界史B」という「科目」であれば、
「地理や政治経済」は基本的に学びません。

その代わり、「科目」の方は
じっくりと深く学ぶのです。

 

まとめると、

教科」=学問の範囲が広い。大分類

科目」=学問の範囲が狭い。小分類

となります。

関連記事:>>科学と化学の違いとは?意味や使い分けも

 

つまり、
「科目」の方がより専門的な学問
ということですね。

そのため、「科目」は
「高校に入ってから選択科目として学ぶ」
という流れが一般的になります。

スポンサーリンク

単元の意味

 

似たような言葉で、
単元」があります。

「単元」の意味も押さえておきましょう。

【単元(たんげん)】

一定の教育目的のためにひとまとめにされた学習計画。教材や学習活動を主題ごとに関連をもたせて組織したもの。カリキュラムの構成単位。学習単元。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

単元」とは、
教材の中身を、テーマごとに分けたもの
を言います。

 

例えば、
「日本史の教科書」であれば、

「縄文時代」「江戸時代」「明治時代」
などの各テーマがあると思います。

このような、各教材の中の「テーマ」を
「一単元」と呼ぶわけですね。

 

一般的には、「単元」は、
教科書の目次のように並べられているため、
一年を通して順番に学ぶことになります。

英語訳

 

最後に、それぞれの
英語訳を確認しておきましょう。

 

教科」=「subject(サブジェクト)

科目」=「subject(サブジェクト)

単元」=「unit(ユニット)

 

「教科」と「科目」は、
どちらも「subject」と言います。

つまり、
英語では、原則としてどちらも同じ
ということですね。

ただし、
場合によっては、

教科」=「curriculum(カリキュラム)

科目」=「course(コース)

などと言うこともあります。

 

なぜなら、
「curriculum」には、
教科課程・履修課程

「course」には、
過程・進路」などの意味もあるからです。

「選択科目」などは、
まさに進路を決めるために選ぶものですからね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

教科」=学問の範囲が広い。大分類

科目」=学問の範囲が狭い。小分類

ということでしたね。

 

「教科」は、広く浅く学ぶ学問。
「科目」は、狭く深く学ぶ学問。

と覚えておきましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク