この記事の所要時間: 538

サブカルチャーとは 意味 具体例

 

今回は
サブカルチャー
について解説していきます。

 

「サブカルチャー」という言葉は、
新聞や雑誌・ニュースなど
様々な場面で目にしますね。

また、現代文の用語としても
よく登場するようです。

 

一体どのような意味なのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

サブカルチャーの意味

 

「サブカルチャー」
の意味を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【サブカルチャー】

社会の正統的、伝統的な文化に対し、その社会に属するある特定の集団だけがもつ独特の文化。大衆文化・若者文化など。下位文化。サブカル。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

サブカルチャー」とは、
比較的新しく登場した独自性のある文化
だと思ってください。

 

難しい言い方だと、
正統的ではない文化」とも言いますね。

正統的」とは、
教えなどを正しく受け継いでいる
という意味です。

 

例えば、
純文学やクラシック音楽などは、
古くから受け継がれている文化なため正統的と言えます。

一方で、
漫画やアニメ・ポピュラー音楽などは、
比較的新しく登場した文化です。

したがって、
このような文化は「サブカルチャー」
と言えるのです。

 

何となくイメージがつきましたか?

つまり、
昔から受け継いできた文化ではなく、
後から新しく誕生した文化」を
サブカルチャー」と言うわけですね。

 

「サブカルチャー」は英語で
sub culture」と言います。

 

sub」は「下位、主流でない
culture」は「文化」という意味です。

これをそのまま訳すと、
「下位の文化」「主流ではない文化」となります。

「下位」というのは、
権力者から見れば「大衆」、
お年寄りから見れば「若者」ですよね?

 

したがって、一般的には

サブカルチャー」=「大衆文化・若者文化・下位文化

などと訳すことが多いのです。

スポンサーリンク

サブカルチャーの対義語

サブカルチャー 対義語

 

「サブカルチャー」の対義語は、
メインカルチャー」または
ハイカルチャー」と言います。

 

一つずつ説明していくと、

「メインカルチャー」とは、
主流の文化」という意味です。

「メイン(main)」には、
「主な・主流の」などの意味があります。

 

つまり、
「メインカルチャー」とは、
「多数の人が支持する主流文化」を指すのです。

具体的には、
文学・美術・演劇・音楽
などが挙げられます。

 

そして、
もう一つの「ハイカルチャー」とは、
上位文化」という意味です。

 

「上位文化」とは、
「社会的な上位者である権力者や知識人などが愛好した文化」
を指します。

例えば、
学問・古典文学・クラシック音楽
などが挙げられるでしょう。

 

つまり、イメージ的には
「主流」で「上位」な文化
「サブカルチャーの対義語」となるわけですね。

 

ちなみに、
「そもそも文化の正しい意味を分かっていない」
という人も結構多いです。

そのため、
以下の記事も確認しておくことを
おすすめします。

>>文化と文明の違いとは?意味をわかりやすく解説

サブカルチャーの由来

サブカルチャー 由来

 

「サブカルチャー」という言葉は、
1950年にアメリカの社会学者である
リースマンが使ったのが最初と言われています。

 

つまり、
1950年以前は「サブカルチャー」
という「概念」がなかったわけですね。

「概念」については、
以下の記事を参照してください。

>>概念と観念の意味をわかりやすく解説

 

今では、「文化」といえば
さまざまな種類があると思います。

ところが、
かつて「文化」と言われたものは、
ほとんどが学問や文学などの「ハイカルチャー」でした。

 

「ハイカルチャー」は、
当時の知識人など教養がある人限定に
支持されていました。

つまり、
当時は文化を楽しむこと自体が、
一部の人達しかしてなかったのです。

 

しかし、
20世紀になると、大衆社会になり、
大衆が実力を持つようになります。

その結果、
大衆でもハイカルチャーを楽しもうと、
学問や文学などが流行するようになりました。

 

大衆が世の中にクローズアップされると、
次第に知識人達も大衆文化に興味を持つようになります。

 

そして、
大衆文化にも面白さがあることに
多くの人が気づくようになった
のです。

 

これが、サブカルチャー誕生のきっかけ
だと言われています。

スポンサーリンク

サブカルチャーの具体例

サブカルチャー 具体例

 

ここまでは、
サブカルチャーの意味や由来を
解説してきました。

 

では、サブカルチャーの具体例は、
何があるでしょうか?

 

サブカルチャーの種類は、
海外と日本では事情が異なります。

先ほども説明した通り、
海外では20世紀になってから
サブカルチャーが普及しました。

 

一方で、
日本にサブカルチャーが入ってきたのは、
1980年代になってからと言われています。

 

それまでの日本は、
歌舞伎や浮世絵などの
昔からあった文化が主流でした。

いわゆる、
「メインカルチャー」と呼ばれるものですね。

 

しかし、1980年代になると、
漫画やアニメ・ゲームなど」が
爆発的な人気を誇るようになります。

これらが日本を代表する
「サブカルチャー」だと言われています。

 

その他には、
SFやオカルト、コスプレなど」も
サブカルチャーに含まれる場合もあります。

 

共通しているのは、
「比較的近年になってから登場した文化」
ということですね。

 

新しい文化のため、当然
若者が中心になっているケースが多いです。

そのため、
「サブカルチャー」のことを
若者文化」と呼ぶ場合もあるのです。

スポンサーリンク

サブカルチャーの使い方・例文

 

「サブカルチャー」という言葉は、
実際にどう使えばいいのでしょうか?

例文を見て確認しておきましょう。

 

  1. YouTubeの動画視聴は、世界共通のサブカルチャーとなった。
  2. 漫画がアニメ化されると、サブカルチャーとしての認知度がより高まる。
  3. サブカルチャーとは、オカルトや都市伝説など大衆的で若者に人気の文化を言う。
  4. かつてサブカルチャーと言われてきたテレビは、現在ではメインカルチャーとなりつつある。
  5. 価値観の多様化によって、サブカルチャー的なファッションを好む人も増えてきた。

 

「サブカルチャー」を
覚える上で大事なポイントは、
独自性」というキーワードです。

 

新しい文化として登場するには、
オリジナルがないと世の中に受け入れられません。

「サブカルチャー」は、
ただ単に新しいだけでなく、
独自性がないと成立しない文化なのです。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

サブカルチャー」=比較的新しく登場した独自性のある文化。

ということでしたね。

 

一言で、「大衆文化・若者文化・下位文化
と覚えても問題ないでしょう。

この記事をきっかけに、
「サブカルチャー」の正しい意味を
理解できれば幸いです。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク