この記事の所要時間: 554

 

今回は、
総括」と「統括
の違いを解説していきます。

 

何かをまとめる時に、
2つの言い方がありますね。

「会議を総括する」

「組織を統括する」

どちらも似たようなイメージなので、
非常に困惑すると思います。

 

さらに、
両者は会社の役職名としても
使われているようです。

総括アドバイザー」「統括責任者」

これらの言葉には、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

総括の意味

 

まずは、
「総括」の意味です。

【総括(そうかつ)】

個々のものを一つにまとめること。全体をとりまとめて締めくくること。

②労働運動や政治運動で、それまでの活動の内容・成果などを評価・反省すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

総括」とは、
全体をまとめて、しめくくること」を言います。

 

例えば、
以下のように使います。

  • 意見を総括する
  • 話し合いを総括する
  • 会議を総括する

 

つまり、
色々な人の意見や考えをまとめて、結論を出す
ということですね。

「総括」は、主に会議などを
まとめる時に使う言葉です。

 

また、会社内では、
総括責任者」「総括マネージャー
などの使われ方もします。

この場合は、
「それぞれの社員をまとめる立場の人間」
ということですね。

 

ちなみに、あまり使いませんが、
評価する・反省する
という意味の場合もあります。

この場合は、
労働運動や政治運動など限定的な
使い方をするのが特徴です。

よって、
一般人がこの意味で使うことは
ほぼないと言えるでしょう。

統括の意味

 

続いて、
「統括」の意味です。

【統括(とうかつ)】

ばらばらのものを一つにまとめること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

統括」とは、
一つにまとめること」を言います。

 

例えば、
以下のように使います。

  • 部下を統括する
  • チームを統括する
  • 部署を統括する

 

この場合は、
上の立場の人が下の立場の人をまとめる
ということですね。

「統括」は、主に
人や組織などに対して使う言葉です。

 

そして、
「統括責任者」「統括マネージャー」
などの使い方も同様にします。

スポンサーリンク

総括と統括の違い

総括 統括 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

総括」=全体をまとめて、しめくくる。

統括」=一つにまとめる。

ということでした。

 

どちらも、
まとめる」という点は同じです。

しかし、両者は
その「まとめ方」に違いがあります。

 

総括」の方は、
うまく調整してまとめる」という意味があります。

したがって、「総括」は、
意見や考えなどを中立的な目線でまとめる場合
に使うのです。

 

一方で、「統括」の方は、
支配的にまとめる」という意味があります。

よって、こちらは、
上の立場の人間が自分の支配下の人間や組織を
序列的にまとめる場合に使うのです。

 

整理すると、

総括」=(うまく調整して)全体をまとめる。

統括」=(支配的・序列的に)一つにまとめる。

となります。

関連記事:>>調整と調節の違いとは?意味や使い分けも

 

ちなみに、
なぜこのような違いになるかというと、
漢字の語源が異なるからです。

 

総括」の「総」は、
「総合」「総量」「総力」
などがあります。

よって、本来の意味としては、
「総」は「単にまとめる・合わせる
という意味です。

 

一方で、
統括」の「統」は、
「統一」「統治」「統制」などがあります。

つまり、「統」の方は
支配する・おさめる
という意味になるのです。

 

ここから、両者の意味に
微妙な違いが出てくるわけですね。

スポンサーリンク

役職の違い・使い分け

総括 統括 役職

 

それぞれの意味と違いは、
理解できました。

 

では、「役職名」には
どんな違いがあるのでしょうか?

 

「役職名」というのは、
それぞれの会社によって異なります。

例えば、
総括責任者」と言う会社もあれば、
統括責任者」と言う会社もあります。

 

これらの明確な使い分けは
存在するのでしょうか?

 

結論から言うと、

会社の方針によって呼び方が変わる

と言えます。

 

先ほども説明した通り、
統括」の方は、
支配する」というイメージを持っています。

したがって、
このような「権力」や「上下関係」を
感じさせたくない
と考える会社もいます。

その場合は、同じ「まとめる」でも、
総括」の方を使う傾向にあります。

 

一方で、
「責任者」にちゃんとした権力を与え、
社員を序列的にまとめたいと考える会社もいます。

その場合は、
統括」の方を使うのです。

 

つまり、
会社の理念や社風によって変わってくる
ということですね。

 

ただし、大半の会社は
そこまで深く意味を考えずに、
慣習や名残りで役職名をつけていると思われます。

そのため、
「役職」の使い分けは、必ずしも
明確な線引きがされているわけではない
と考えてください。

関連記事:>>組織と体制の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>折衝と交渉の違いとは?意味や使い分けも

スポンサーリンク

統轄の意味

 

似たような言葉で
統轄(とうかつ)」があります。

「統轄」の意味も
押さえておきましょう。

【統轄(とうかつ)】

多くの人や機関を一つにまとめて管轄すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

統轄」とは、
一つにまとめて管理すること
を言います。

 

意味は、統括」とほぼ同じです。

 

辞書の説明の
「管轄(かんかつ)」とは、
支配や管理をする」という意味です。

つまり、
まとめた上で「管理もする」という点が
統括」と若干異なるわけですね。

 

基本的には、
統轄」を使う場面は少ないと思ってください。

 

なぜなら、
新聞やテレビなどのメディアでは、
「とうかつ」は「統括」で統一しているからです。

 

戦後の法令用語改正の中でも、

統括」と「統轄」は同じ言葉として、
統括」に統一して用いる。

ということが決まっています。

よって、
統轄」は使わずに
統括」を使うようにしましょう。

使い方・例文

 

それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

総括の使い方】

  • 彼らの話を総括すると、今回の意見には反対となる。
  • みんなの意見を総括し、最終的な案を提出した。
  • 全体の批評を総括すると、「彼は辞任すべき」という結論になった。
  • キャプテンとして、チーム全体を総括する役割を任された。

 

統括の使い方】

  • 彼は、関東全ての営業所を統括するエリアマネージャーだ。
  • 監督は、選手やコーチなどを統括する責任者である。
  • プロ野球の試合は、日本野球機構が統括している。
  • 総理大臣は日本のトップであり、内閣を統括する人だ。
  • 日本の教育や学習については、文部科学省が統括している。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

総括」=(うまく調整して全体をまとめる。

統括」=(支配的・序列的に一つにまとめる。

ということでしたね。

 

一般的な使い方としては、

総括」は「意見や考え」をまとめる時に使い、
統括」は「人や組織」をまとめる時に使う。

と覚えておきましょう。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク