この記事の所要時間: 539

 

今回は
そっこう
の違いを解説していきます。

 

「そっこう」という言葉は、
多くの漢字が使われていますね。

速攻で得点する」

即行で帰る」

速効性の薬」

これらの使い分けは、
一体どのように行えばいいのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

速攻の意味

速攻 意味

まずは、
「速攻」の意味です。

【速攻(そっこう)】

競技・試合などで、相手にすきを与えず機敏に攻撃すること。また、そのような攻撃。

すぐさま。ただちに。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

速攻」には、2つ意味があります。

1つ目は、
すばやく攻めること
という意味です。

 

この場合は、
主にスポーツやゲームにおいて使われます。

【例】「速攻で点を獲得する」

イメージ的には、
野球で言えば「先頭打者ホームラン」
サッカーで言えば「開始5分で得点」
といった感じですね。

 

2つ目は、
すぐさま・ただちに
という意味です。

 

この場合は、
日常生活でよく使われます。

【例】「学校から帰宅後、速攻で遊ぶ」

つまり、
「帰宅してすぐに遊ぶ」ということですね。

どちらかと言うと、
こちらの意味で使われることの方が多いです。

即効の意味

即効 意味

続いて、
「即効」の意味です。

【即効(そっこう)】

すぐにききめが現れること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

即効」とは、
すぐにききめが現れること」を言います。

 

「即効」は、一般的には
薬に使うことが多いです。

【例】「お腹が痛いので、即効性の薬を飲む」

この場合は、
「すぐに効く薬を飲む」ということですね。

 

「即効」の「効」は、
「効果」の「効」から来ています。

つまり、
果が出る」ので、
即効」と書くわけですね。

関連記事:>>効果と効能の違いとは?意味や使い分けも

 

また、場合によっては、
「即効」は薬以外に使うこともあります。

【例】「即効で小顔になるマッサージを行う」

こちらの意味も、
念のため覚えておきましょう。

スポンサーリンク

速効の意味

速効 意味

続いて、
「速効」の意味です。

【速効(そっこう)】

ききめがはやく現れること。遅効。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

速効」とは、
はやくききめが現れること」を言います。

 

速効」は、農学や医学・歯学
などの専門用語として使います。

【例】「速効性肥料を使って、植物を育てる」

※「速効性肥料」とは、
まいてから、すぐに効果があらわれる肥料のことです。

 

植物の「発育」や「成長」を
調節するために使うわけですね。

関連記事:>>発育と発達の違いとは?成長の意味も解説

 

「速効」は専門用語なため、
日常生活で使うケースはほぼない
と言っていいでしょう。

 

ちなみに、
「速効」の対義語は
遅効(ちこう)」です。

「遅効」とは、
「しばらく時間がたってから効果が表れること」
を言います。

即行の意味

即行 意味

最後に、
「即行」の意味です。

【即行(そっこう)】

すぐ行うこと。即座に実行すること。

②「速攻」の②と同じ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

速攻」の意味は2つあります。

 

1つ目は、
その場ですぐ行うこと」という意味です。

【例】「災害対策を即行する」

「災害」というのは、
いつ襲ってくるか分かりません。

そのため、今すぐに対策を行い、
しっかりと備えるということですね。

 

2つ目は、
すぐさま・ただちに
という意味です。

 

この意味の場合は、
「速攻」の②の意味と同じになります。

即行」も同様に、
「すぐさま・ただちに」
という意味で使われることの方が多いです。

スポンサーリンク

速攻・即効・速効・即行の違い

速攻・即効・速効・即行の違い

 

ここまでの内容を整理すると、

速攻」=すばやく攻めること。すぐさま・ただちに。

即効」=すぐにききめが現れること。

速効」=はやくききめが現れること。(専門用語)

即行」=その場ですぐ行うこと。すぐさま・ただちに。

ということでした。

 

それぞれの違いは、
2つにグループに分けると理解がしやすいでしょう。

 

1つ目のグループは、
速攻」と「即行」です。

両者は、どちらも
すぐさま・ただちに
という意味がありましたね。

したがって、
この意味で使う場合は、
特に違いを気にする必要はありません。

 

ただし、
それ以外の意味で使う場合は、

速攻」=スポーツやゲームに対して使う

即行」=対策などすぐ行うべきものに対して使う

と覚えておきましょう。

 

覚え方としては、
以下のように語源から覚えるのがよいです。

「速攻」は「める」と書くので、
「誰かと戦う」イメージ。

「即行」は「う」と書くので、
「何かを行う」イメージ。

 

2つ目のグループは、
即効」と「速効」です。

この二つの違いは、

即効」=一般用語として使う

速効」=農学や医学・歯学などの専門用語として使う

と覚えておきましょう。

 

速効」は、
速効型のインスリン注射」「速効性の麻酔薬」
のように専門的な用語として使います。

一方で、「即効」は
同じ薬でも薬局で手に入るような一般的な物
に対して使うのです。

 

ちなみに、
言葉の意味だけで比較すると

即効」⇒すぐに効果が出ること。

速効」⇒はやく効果が出ること。

という違いもあります。

 

要するに、
「即効」の方が効果が出るスピードがはやい
ということですね。

関連記事:>>促進と推進の違いとは?意味や使い分けも

 

ただし、一般的には
「専門用語かそうでないか」で
使い分けがされているようです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
改めて確認しておきましょう。

 

【速効の使い方】

  • 彼は、速攻を得意とする攻撃型プレイヤーだ。
  • 先頭打者ホームランにより、速攻で得点する。
  • メールを送信したら、速攻で返ってきた。

 

【即効の使い方】

  • 電車内でお腹が痛くなったため、即効性の下痢止めを飲んだ。
  • 公共事業は景気対策として、即効性があると言われている。
  • 即効で胃腸が元気になるマッサージをしてもらう。

 

【速効の使い方】

  • 速効性肥料を使って、植物を育てる。
  • 糖尿病にかかったため、速効型のインスリン注射を行う。
  • 速効性のある炭酸水素ナトリウムを混ぜた。

 

【即行の使い方】

  • 近所で空き巣が多発しているため、防犯対策を即行する。
  • 遊びに誘われたが、予定があったため即行で断った。
  • 即行で勉強を終わらせて、ゲームをする。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

速攻」=「すばやく攻めること(スポーツやゲーム)」「すぐさま・ただちに

即効」=「すぐにききめが現れること一般用語として使う。

速効」=「はやくききめが現れること専門用語として使う。

即行」=「その場ですぐ行うこと(対策など)」「すぐさま・ただちに

ということでしたね。

 

ぜひしっかりと
使い分けができるようになりましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク