この記事の所要時間: 436

 

今回は、
雌雄を決する
について解説していきます。

 

雌雄を決する戦いだ」

雌雄を決する大勝負だ」

この言葉は、普段から
何となく使われているイメージですね。

しかし、
正確な語源まで把握している人は
意外と少ないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、
「雌雄を決する」の意味・語源・使い方・類語
などを解説していきたいと思います。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

雌雄を決するの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【雌雄を決する(しゆうをけっする)】

戦って勝ち負けを決める。決着をつける。

出典:三省堂 大辞林

雌雄を決する」とは、
勝ち負けを決める・決着をつける
という意味です。

 

例えば、
以下のように使います。

明日は、高校野球の決勝日だ。まさに、雌雄を決する日になるだろうね。

この場合は、

ついに優勝チームが決まる!

泣いても笑っても決着が着く!

ということですね。

 

「雌雄を決する」は、
人と人が競い合い、勝ち負けをはっきりさせる時
に使います。

したがって、
スポーツ・ビジネス・政治など
様々な場面で使える言葉と言えるでしょう。

雌雄を決するの語源・由来

雌雄を決する 由来 語源

「雌雄を決する」は、
中国の書物『史記』を由来とします。

 

その中の一節で、
「項羽(こうう)」という人が、
以下のセリフを残しました。

「願わくは漢王との戦いを挑み、雌雄を決せん

簡単に訳すと、
できれば漢王と戦い、決着をつけたい
となります。

 

「項羽」は、
長年に渡る戦争にうんざりしていました。

そこで、
ライバルの漢王に対して
一騎討ちによる決着を望んだわけですね。

 

では、なぜ「雌雄を決すること」が、
「決着をつけること」につながるのでしょうか?

 

実は、「雌雄」は
動物の性別」を表しています。

」は「メス
」は「オス」とも読める漢字です。

 

一般的には、
動物は「メス」よりも
「オス」の方が強いですよね?

自然界のライオンなどを見ても一目瞭然でしょう。

 

ここで改めて、
「雌雄を決する」を直訳してみると、
どちらが雌でどちらが雄かをはっきり決める」となります。

転じて、
どちらが強いか決める
という意味になったわけですね。

 

もちろん、
「メスの方がオスよりも強い」
という場合も多々あります。

自然界で言えば、
カマキリなどはメスの方が強い
と言われていますからね。

あくまで、
一般論の話だと思ってください。

スポンサーリンク

雌雄を決するは差別用語?

 

「雌雄を決する」を検索すると、
関連ワードで「差別」というのが出てきます。

 

その理由は、
「男性=勝者」「女性=敗者」と
決めつけてしまうのでは?

という意見があるからだと思われます。

 

元々この言葉は、
大昔の中国の話がモデルです。

当時は、
「男尊女卑(だんそんじょひ)」と言い、
「女性=か弱い者」という考えが主流でした。

しかし、現代では、
「男女平等」が叫ばれる世の中です。

そのため、
当時の感覚と現代の感覚に
ギャップが生まれているのでしょう。

 

個人的には、
「雌雄を決する」を差別用語と決めつけるのは、
少し違うのでは?と思っています。

そもそも「男」と「女」は、
「肉体や脳の構造が全く別の生き物」
ということが科学的に証明されています。

 

「男には男」「女には女の良さ」が、
あるのではないでしょうか?

「パワー」では負けていても、
「包容力」「温かさ」「慈愛」など、
女性には良い面がたくさんありますからね。

 

もしそれでも気になる人がいれば、
「その人には使わない」という選択肢を取ればよいでしょう。

雌雄を決するの類語・英語訳

 

続いて、
「類語」と「英語訳」です。

 

「雌雄を決する」の
「類語」は以下の通りです。

  • 白黒つける
  • 勝負を決める
  • 優劣を決める
  • 決着をつける
  • 終止符を打つ
  • けりをつける
  • 方(かた)を付ける
  • 清算する

 

「清算」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>精算と清算の違いとは?意味や使い分けも

 

いずれも、
「勝ち負けをはっきりさせる」
「結末をつける」などが「類語」となっていますね。

 

また、
「雌雄を決する」は英語だと

come to a showdown

fight a decisive battle with

などと言います。

 

「showdown」は「対決・土壇場」

「decisive」は「決着させる」

という意味です。

スポンサーリンク

雌雄を決するの使い方・例文

 

「雌雄を決する」の使い方を、
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 雌雄を決する優勝決定戦が、ついに始まった。
  2. 首位チームとの直接対決が、雌雄を決する一戦となるだろう。
  3. 雌雄を決するために、対戦相手に決闘を申し込んだ。
  4. 因縁の二人が、雌雄を決するべくにらみ合っている。
  5. 彼らはいずれ、ライバルとして雌雄を決する日が来るだろう。
  6. 自民党の総裁選は、雌雄を決する激しい戦いとなった。

 

「雌雄を決する」は、
大一番の戦いで使うことが多いです。

例えば、
スポーツで言えば「決勝戦」
政治で言えば「総裁選」といったイメージですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

雌雄を決する」=勝ち負けを決める・決着をつける。

語源」=どちらがメスかオスかをはっきり決める。

ということでしたね。

 

人間というのは「腕力」だけでなく
「知性」や「感性」など
様々な要素を含んだ生き物です。

女性には、
男性にない良さがたくさんあります。

その辺りの意識も含めて、
この言葉の意味を覚えておきましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク