この記事の所要時間: 423

舌先三寸 意味 短文 語源 類語

 

今回は
舌先三寸」について
解説していきたいと思います。

 

世の中には、
「話が上手い人・弁が巧みな人」
というのがいますよね?

誰しも一度は
「話のうまさにだまされた!」
という経験はあるかと思います。

「舌先三寸」とは、そのような
相手をだましたりする時に使う言葉です。

 

一体どのような意味なのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

舌先三寸の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【舌先三寸(したさきさんずん)】

口先だけの巧みな弁舌。うわべだけのうまい言葉で、心や中身が備わっていないこと。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)

舌先三寸」は
したさきさんずん」と読みます。

よくある読み間違えとして
「したさきさんすん」
がありますので気をつけましょう。

 

意味としては、
口先だけが上手いこと。うわべだけの上手い言葉のこと。
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

ウチの母が、高額なツボを買わされたみたいだ。舌先三寸で丸め込まれたらしいよ。

この場合は、
「販売員の巧みな話術によって、ツボを買ってしまった」
ということですね。

 

「舌先三寸」は、
多くの場合悪い意味で使います。

具体的には、
ズル賢い人にだまされたり
話が上手い人に言いくるめられたり

といったケースですね。

 

したがって、イメージ的には
舌先三寸」=「詐欺師」「ペテン師」
などと考えると分かりやすいでしょう。

スポンサーリンク

舌先三寸の語源

 

「舌先三寸」の語源は、
どこからきているのでしょうか?

 

「舌先」というのは、文字通り
舌の先っぽのこと」です。

そして、「三寸」とは
長さのこと」を意味します。

 

日本古来からある「尺貫法」という測り方だと、
一寸(いっすん)」=「約3センチ
という定義があります。

つまり、
三寸」とは「約9センチの長さ
を意味するわけですね。

 

したがって、
「舌先三寸」を直訳すると
「約9センチほどの小さな舌」ということになります。

ここから、「小さな舌」⇒
中身や内容が伴わない」⇒「口先だけうまいことを言う
という意味に変わったわけですね。

 

ちなみに、
「舌先三寸」と間違えやすい言葉として
「口先三寸」があります。

結論から言うと、
このような言葉は存在しません。

 

文化庁が発表したデータによると、

正しい方の「舌先三寸」を選択した人が23.3
間違った方の「口先三寸」を選択した人が56.7
だったそうです。

 

単純計算だと、
日本人の2人に1人以上も
間違えていることになりますね。

仮に「口先三寸」だと、
「口の先が約9センチ」という
よく分からない意味になってしまいます。

 

「口先」という言葉は、
「舌先」よりも比較的よく使われる言葉です。

そのため、
多くの人が混同しているわけですね。

関連記事:>>如才ないの意味とは?使い方や例文・由来も解説

舌先三寸の類語・英語訳

舌先三寸 類語

 

「舌先三寸」の
「類語」は以下の通りです。

【冗舌(じょうぜつ)】

口数が多いこと。おしゃべり。

【巧言(こうげん)】

巧みな言葉。口先が上手いこと。

【舌三寸(したさんずん)】

⇒「舌先三寸」と同じ意味。

【口達者(くちたっしゃ)】

口が上手い人。よくしゃべる人。

【口巧者(くちごうしゃ)】

口先が上手い人。また、その様子。

【二枚舌(にまいじた)】

矛盾したことを平気で言うこと。うそをつくこと。

いずれの言葉も
「口がうまい・口先が達者」
などの意味が共通していますね。

 

続いて、
「英語訳」です。

「口先三寸」は、
英語だと次のように言います。

 

glib tongue

 

「glib」は「うわべだけの」
「tongue」は「舌」という意味です。

転じて、
「glib tongue」=「口達者・口が軽い」
などの意味になるわけです。

 

例文だと、

She has a glib tongue.(彼女は口先三寸である)

などがあります。

スポンサーリンク

舌先三寸の使い方・例文

 

「舌先三寸」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 彼は舌先三寸で詐欺師のような男だ。
  2. 舌先三寸の巧みな話術にだまされてしまった。
  3. 営業マンの舌先三寸の言葉に丸め込まれる。
  4. 舌先三寸でごまかせるほど、相手はバカではない。
  5. 舌先三寸の言葉に惑わされず、自分で判断しよう。
  6. 彼女の発言は舌先三寸で有名なので、信用できない。

 

用例としては、
仕事から日常生活まで
幅広く使われていますね。

 

表面上はよく聞こえても、
中身が備わっていない話をする人は
世の中にたくさんいます。

したがって、
「舌先三寸」は四字熟語の中でも
比較的使われやすい言葉と言えるでしょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

口先三寸」=口先だけが上手いこと。うわべだけの上手い言葉のこと。

語源」=「三寸ほどの小さな舌」は、中身や内容が伴わないため。

ということでしたね。

 

「舌先三寸」は、
古来から伝えられている四字熟語です。

言いかえれば、昔も今も
「言葉だけが上手い人は一定数存在する」
ということですね。

昔の人から受け継がれた言葉には、
大事なメッセージが残っています。

この記事をきっかけに、
「舌先三寸」で近づいてくる人には、
十分注意しましょう。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク