この記事の所要時間: 519

思慮 思料 違い

 

皆さんは、
思慮」と「思料
の違いを説明できますか?

 

思慮の浅い人」

思料します」

どちらも似たような言葉なので、
非常にまぎわらしいですね。

特に、「思料」の方は、
公的な難しい文書にも出てくるイメージです。

 

この2つは、一体
どのように使い分ければいいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

思慮の意味

 

まずは、
「思慮」の意味です。

【思慮(しりょ)】

注意深く心を働かせて考えること。また、その考え。慮り。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

思慮」とは、
注意深く心を働かせて考えること。慮り。」という意味です。

簡単に言うと、
しっかり考える」ということですね。

 

主な使い方は、
以下の通りです。

  • 思慮が浅い人
  • 思慮が深い人

前者は「よく考えずに行動する人」を、
後者は「よく考えてから行動する人」を指します。

 

つまり、
考えの浅さや深さ」を表現する場合に
「思慮」を使うわけですね。

 

一般的には、
「思慮が浅い人」は「無計画で後先を考えない」
という否定的な意味で使います。

一方で、「思慮が深い人」は、
「後のことを慎重に考える」
という肯定的な意味で使います。

 

ここで注意すべきことは、
「思慮」は「思いやりがある」
という意味は含んでいない
ということです。

 

漢字の成り立ちを見ると、
いやり」+「配」と書かれています。

そのため、
「やさしくて気遣いができる人なのかな?」
と勘違いしがちなので注意しましょう。

スポンサーリンク

思料の意味

 

続いて、
「思料」の意味です。

【思料/思量(しりょう)】

いろいろと思いをめぐらし考えること。思いはかること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

思料」とは、
色々と思いをめぐらし、考えること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 裁判官が思料する
  • 弁護士が思料する
  • 検察官に思料される

「思料」は、弁護士や裁判官など
法曹関係者に対して使うことが多いです。

一般人が「思料」を使うケースは、
ほとんどないと言っていいでしょう。

 

ちなみに、
「思料」の他に「思量」という言葉もあります。

 

多くの辞書では、
「思量」は「思料」と同じ項目
として載っているようです。

ただし、一般的には
「思量」は使わない傾向にあります。

 

よって、
思量は使わずに思料を使う
と覚えておきましょう。

スポンサーリンク

思慮と思料の違い

思慮 思料 違い 使い分け

 

ここまでの内容を整理すると、

思慮」=注意深く心を働かせて考えること。慮り。

思料」=色々と思いをめぐらし、考えること

ということでした。

慮り」については、
以下の記事を参照してください。

>>慮るの意味や読み方は?使い方・類語も解説

 

両者の違いは、
2つの点から比較すると分かりやすいです。

 

一つ目は、
考える人と場面」です。

 

思慮」は、
一般人が普段の生活や
仕事で考える場合に使います。

一方で、「思料」は、
法曹関係者が法律に関する仕事で考える場合
に使うのです。

 

別の言い方をすると、
普通に考えるか、重苦しく固く考えるか
ということですね。

「思料」の方は、
難しい法律用語を使う裁判官などが
登場する場合に使います。

したがって、
内容的にも堅苦しいものとなるのです。

 

二つ目は、
文法的な使い方」です。

 

「思慮」の方は、
「思慮が浅い」「思慮が深い」など、
名詞的な使い方をします。

一方で、「思料」の方は、
「思料する」「思料される」
のように動詞的な使い方をするのです。

 

分かりやすい例が、

  • 思慮が浅い⇒
  • 思料する⇒
  • 思慮する⇒×
  • 思料が浅い⇒×

ということですね。

 

まとめると、

思慮」=一般人が普段の生活や仕事で使う。名詞的

思料」=法曹関係者が法律がからむ場面で使う。動詞的

となります。

関連記事:>>思いと想いの違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>考慮と配慮の違いとは?意味や使い分けも

 

補足事項としては、

役所などの公的な文書では、
「思料」はなるべく使わないようにしているようです。

 

【例】

  • 「思料する」⇒×
  • 「考える・判断する・思う」⇒

【例】

「適当であると思料します

  • ⇒「適当であると考えます
  • ⇒「適当であると判断します
  • ⇒「適当であると思います

 

上記のルールは、各役所の
「ことばの手引き」などに書かれています。

つまり、
「思料」は難しくて伝わりにくい漢字なので、
使わないようにしているわけですね。

 

一つだけ引っかかるのは、各役所では

「思料」=「判断する

という意味も書かれていることです。

 

この意味は、
辞書には書かれていないので困惑するでしょう。

しかし、その理由は、
両者の語源を比較すると納得できます。

 

「思慮」の方は、どちらの漢字にも
」という字が入っています。

一方で、「思料」の方は、
「材」の「」という漢字が使われています。

 

ここから両者を比較すると、

思慮」=(何回も思うほど)よく考える。

思料」=(材料を見て)よく考える。

となります。

 

つまり、「思料」の方は、
データや情報などの材料を見ながら考える
という意味が含まれるわけですね。

 

したがって、
「(データを元に)判断する
という意味になるのです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【思慮の使い方】

  • あなたの考えていることは、非常に思慮が浅い。
  • 彼の言動は思慮が浅く見えるが、実は計算されたものだった。
  • 思慮に欠ける行動をしてしまい、あとから後悔した。
  • 彼は思慮深い性格なため、行動する前にまず考える。

 

【思料の使い方】

  • 被告人の証言を思料すると、矛盾点が多く見受けられる。
  • 裁判官は、今回の事件を思料した結果、死刑を宣告した。
  • 弁護士が思料することによって、冤罪の真犯人を特定できた。
  • 今回の判決は、弁護側からは、厳罰過ぎると思料されたようだ。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

思慮」=(普通に)しっかり考えること。

思料」=(固く)色々と考えること。

「思慮」は一般人が名詞的に使い、
「思料」は法曹関係者が動詞的に使う。

ということでしたね。

 

役所などの公的な文書では、
「思料する」⇒「考えます・判断します・思います」と書く。

と覚えておきましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク