この記事の所要時間: 334

 

皆さんは、
しのぎを削る」という言葉を
聞いたことがありますか?

 

「各チームがしのぎを削る

「選挙戦でしのぎを削る

何となく普段のニュースでも
使われているイメージですよね。

意味だけでなく、
どんな由来かも気になる所です。

 

そこで今回は、
「しのぎを削る」の意味・使い方・語源・類語
などを解説していきたいと思います。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

しのぎを削るの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【鎬を削る(しのぎをけずる)】

激しく争う。

出典:三省堂 大辞林

しのぎを削る」とは、
激しく争うこと」を言います。

例えば、
以下のような使い方です。

バレンタインの季節になると、それぞれのお菓子会社が、しのぎを削ることになる。

この場合は、
お菓子会社同士で、売り上げを激しく競う
ということですね。

 

「しのぎを削る」は、
「人と人」「集団と集団」などが
激しく争う時に使う言葉です。

したがって、使う場面としては、
「ビジネス」「スポーツ」「政治」など
幅広い分野で使うことができます。

 

また、「しのぎを削る」は、
漢字だと「鎬を削る」と書きます。

「しのぎ」を「凌ぎ」と書くのは、
誤用なので注意しましょう。

しのぎを削るの語源

しのぎを削る 語源

 

しのぎを削る」は、
「刀(かたな)の部位の名称」が
「語源」と言われています。

しのぎ」とは、
刀の側面の盛り上がった部分」のことです。

 

「刀」と言えば、
「昔の侍が相手と戦う時の武器」というイメージですよね?

 

実際の戦いでは、お互いの力が拮抗すると、
「しのぎ」と「しのぎ」を
こすり合って戦っていました。

この時に、
お互いのしのぎを削り合うほど、激しくこすること
から現在の意味になったと言われています。

 

つまり、「しのぎを削る」は、
「刀同士が激しくぶつかり合う様子からできた言葉」
ということですね。

転じて、現在では、
剣術以外の様々な争いに使われているのです。

スポンサーリンク

しのぎを削るの類語

 

「しのぎを削る」の
「類語」は以下の通りです。

 

  • 争う
  • 戦う
  • 競(せ)り合う
  • せめぎ合う
  • 競合する
  • ひしめく
  • ぶつかり合う
  • 覇権争いをする
  • 鍔迫り合い(つばぜりあい)

 

ポイントは、
敵同士が同じレベルで争う・競う
ということですね。

 

「しのぎを削る」は、
お互いの実力が拮抗している時に使う言葉です。

逆に言えば、「いくら激しい争い」でも、
実力や戦力の差がありすぎる場合は使わない言葉
だと思ってください。

関連記事:>>実戦すると実践するの違いとは?意味や使い分けも

しのぎを削るの英語訳

 

「しのぎを削る」は、英語だと

go head-to-head

compete with each other

などと言います。

 

「head-to-head」は、
「面と向かって・接戦の」

「compete」は、
「競い合う・競争する」という意味です。

 

例文だと、

Softbank goes head-to-head with Docomo.
(ソフトバンクは、ドコモとしのぎを削っている。)

They compete with each other.
(彼らは、お互いにしのぎを削っている。)

などがあります。

スポンサーリンク

しのぎを削るの使い方・例文

 

「しのぎを削る」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 優秀な商品を開発するために、各社はしのぎを削っている。
  2. 部員同士でしのぎを削った結果、チームとしてレベルが上がった。
  3. 選挙期間中は、各政党がしのぎを削り、有権者に演説する。
  4. あそこの地区は、複数のコンビニがしのぎを削っている。
  5. クライマックスシリーズ出場に向けて、各チームがしのぎを削る
  6. 彼らは現在、10個の競技でしのぎを削っている。

 

「しのぎを削る」は、
「激しく争うという状況・状態」を伝える時に使います。

イメージ的には、
物事を一歩離れて客観的に見るような感じですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

しのぎを削る」=激しく争うこと。

語源」=「お互いの刀(しのぎ)を激しくこすり合う様子

ということでしたね。

 

物事を客観的に見ていると、
「互いの実力が拮抗する」
ということはよくあると思います。

そんな時はぜひ、
「しのぎを削る」を使ってみてください。

今回は以上です!

スポンサーリンク