この記事の所要時間: 434

 

皆さんは、
作動」と「動作
の違いを説明できますか?

 

「機械を作動する」

「機械が誤動作する」

どちらも
「何かが動く時に使う」
というイメージがありますね。

普段から何気なく使っている言葉ですが、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

作動の意味

 

まずは、
「作動」の意味です。

【作動(さどう)】

機械や装置の運動部分が働くこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

作動」とは、
機械や装置が働くこと」を言います。

簡単に言うと、
機械が動くこと」ですね。

 

例えば、
以下のように使います。

  • ロボットを作動させる
  • パソコンを作動させる
  • コピー機を作動させる

「作動」は、
人間の行為によって動く」のが特徴です。

 

例えば、
「スイッチを押す」「ボタンを押す」
などの行為によって初めて動きます。

したがって、基本的には
機械を動かし始める場合に使う言葉
と思ってください。

動作の意味

 

続いて、
「動作」の意味です。

【動作(どうさ)】

何かをしようとして、からだを動かすこと。また、そのときのからだの動き。

機械類が作動すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「動作」には2つ意味があります。

1つ目は、
体を動かすこと・動き」という意味です。

 

この場合は、
人間や動物が動く時に使われます。

  • 動作がおそい
  • 動作がはやい
  • すばやい動作

簡単に言うと、
生き物の動き」ということですね。

 

2つ目は、
機械が動くこと」という意味です。

 

この場合は、
主に動きが継続している時に使います。

  • 機械の動作がおかしい
  • ロボットの動作が遅い
  • エンジンの動作を確認する

言いかえれば、
動いてる状態」ということですね。

スポンサーリンク

作動と動作の違い

作動 動作 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

作動」=機械が動く。

動作」=体を動かす・動き。機械が動く。

ということでした。

 

両者の違いは、2つの点から
比較すると分かりやすいです。

 

1つ目は、
生き物に対して使うかどうか」です。

 

「作動」は、機械にのみ使います。

一方で、
「動作」は人などの生き物に対しても使うのです。

むしろ、「動作」は、
人に使うことの方が圧倒的に多いです。

 

したがって、
実質的なイメージとしては

作動」=機械に使う。

動作」=人間に使う。

と覚えても問題ないと言えるでしょう。

 

2つ目は、
動き方の違い」です。

 

どちらも一応は、
機械に対して使うことができます。

しかし、
「作動」の方は
機械を動かし始める時に使います。

一方で、「動作」の方は、
機械が動いている状態の時に使うのです。

 

簡単に比較すると、

作動」=止まっている状態から動かす

動作」=すでに動いてる状態

ということですね。

関連記事:>>状況と状態の違いとは?意味や情況の使い分けも

 

したがって、
両者の使い方としては、

「作動」は、「機械作動する」
のように、前に目的語を取るのが普通です。

 

一方で、
「動作」は「機械を動作する」とは言いません。

なぜなら、
すでに動いてる状態だからです。

この場合は、「動作を確認する」
のように名詞として使うのが一般的です。

 

まとめると、

作動」=機械にのみ使う。(動かし始める時

動作」=主に人間に使う。(動いている状態の時

となります。

関連記事:>>器械と機械の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>制作と製作の違いとは?意味や使い分けも

 

補足すると、
両者は英語に訳すと
分かりやすいです。

 

作動」は英語で、
operation(オペレーション)」と言います。

「operation」とは、
運転・操作」などの意味です。

つまり、
車やリモコンなどの機械を動かす
ということですね。

 

一方で、「動作」は英語で
motion(モーション)」と言います。

「motion」とは、
動き・運動・身振り」などの意味です。

つまり、
「人の動きに対して使う言葉」
ということですね。

 

このように、
英語訳も調べると、本来の意味が
理解しやすくなると思います。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【作動の使い方】

  • コンピューターを作動させて、仕事に取りかかった。
  • エアコンを作動させ、部屋の温度を下げた。
  • 新しい冷蔵庫が、ちゃんと作動し始めたか確認した。
  • スイッチを押して、車のエンジンを作動させた。

 

【動作の使い方】

  • 彼女のダンスには、無駄な動作が一切ない。
  • 彼は全ての動作が、ゆったりとしている。
  • 単純な動作を繰り返すだけなので、自分にもできそうだ。
  • 運転中の機械が誤動作をした結果、流れ作業に影響が出た。

 

「誤作動」と「誤動作」
の違いも整理しておきましょう。

誤作動」とは、
停止中の機械が誤って動き始めること」です。

一方で、「誤動作」とは、
動作の流れの中で、機械が誤った動きをすること」です。

 

例文の場合だと、
「運転中(すでに動いてる状態)」とあります。

したがって、
この場合は「誤動作」を使うわけですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

作動」=動かし始める時に使う。機械のみ

動作」=動いている状態の時に使う。主に人間

となります。

 

ポイントは、
生き物に使うかどうか」「動き方の違い

この2点を押さえることでしたね。

今回は以上となります!

スポンサーリンク