この記事の所要時間: 413

 

今回は
一義的」の意味を
解説したいと思います。

 

「一義的」という言葉は、
難解な文章に出てくる印象ですね。

とても難しそうですが、
一体どのように使えばいいのでしょうか?

 

まずは、基本的な意味から
押さえておきましょう。

スポンサーリンク

一義的の意味

 

「一義的」
の意味を調べると、
以下のようにあります。

【一義的(いちぎてき)】

それ以外に意味や解釈が考えられないさま。

いちばん大切な意味をもっているさま。根本的。第一義的。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

一義的」には、
2つ意味があります。

 

1つ目は、
意味が一つに確定している」という意味です。

 

この場合は、
以下のように使います。

議論の結果、一義的な結論を導く。

つまり、
一つに確定した結論を出す
ということですね。

 

議論というのは、
色々な意見が飛び交いますので、
なかなか結論が出にくいです。

しかし、最終的には
一つの確定した結論が出ることがほとんどです。

そんな時に、
一義的な結論を出せた」
と言うわけです。

 

2つ目は、
根本的である」という意味です。

 

簡単に言うと、
一番重要な」という意味ですね。

 

この場合は、
以下のように使います。

「教育の一義的な目的は、人格形成にある」

つまり、
「教育をする一番重要な目的」
ということですね。

 

一義的」というのは、
このように2通りの意味があります。

どちらも似たようなイメージですが、
意味自体は全く違います。

したがって、
どちらの意味になるかは、
文脈によって判断する必要があります。

スポンサーリンク

一義的の対義語

一義的 対義語

 

「一義的」の対義語は、
意味によって2つに分かれます。

 

1つ目の対義語は、
多義的(たぎてき)」です。

 

多義的」とは、
一つの言葉が多くの意味をもっている様子
のことを言います。

これは、
「意味が一つに確定している」
という意味の対義語となります。

 

例えば、
「先生」という単語があります。

 

一般的には、「先生」は、
「学校の教師」という意味のみだと思われがちです。

しかし、「先生」には
「指導者」「医師」「政治家」「先に生まれたもの」
など多くの意味があるのです。

 

このように、一つの単語に対して
複数の意味を持っていることを
多義的」と言うのです。

 

2つ目の対義語は、
二義的(にぎてき)」です。

 

二義的」とは、
本質的・根本的でない様子
のことを言います。

これは、
「根本的である」
という意味の対義語となります。

 

簡単に言えば、
それほど重要ではない」という意味ですね。

 

例えば、
二義的な問題なため、後回しにされた」
というように使います。

どちらも大事な言葉なため、
正確な意味を押さえておきましょう。

一義的と第一義的の違い

 

一義的とよく似た言葉で、
第一義的」があります。

「第一義的」の意味も
確認しておきましょう。

【第一義的(だいいちぎてき)】

最も大切な根本的な意義、または価値。

②仏語。最高の道理。究極の真理。勝義。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

①の意味は、
「一義的」の「根本的である」と同じ意味です。

使い方としては、
「教育の第一義的な目的」
のように使います。

この意味の場合は、
両方とも使えるので特に問題ないと言えます。

 

問題は、「第一義的」は
「意味が一つに確定している」
という方の意味では使えない
ということです。

 

この意味の場合は、
「一義的」しか使えませんので注意しましょう。

スポンサーリンク

一義的の使い方・例文

 

それぞれの使い方を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【一義的の使い方】

  • 会議を2時間もする以上、一義的な結論を出さなければならない。
  • 法律というのは、必ずしも一義的な解釈があるわけではない。
  • 子育ての失敗は、親に一義的な責任がある。
  • 原発の事故対応は、一義的に事業者の責任にある。

 

【二義的の使い方】

  • 結局、人間というのは自分が一番大事で、他人は二義的なものと考えている。

 

【多義的の使い方】

  • 芸術というのは多義的な概念であり、一義的に定義することは困難だ。
  • 数学や法律の用語は、一義的なものが多い。

 

補足すると、

数学や法律の言葉は、
一義的(意味が一つ)」
であることが望ましいと言われています。

 

なぜなら、
ルールを記述するからですね。

ルールが多義的であっては、
議論や推論は成立しなくなってしまいます。

 

逆に、
芸術作品や小説・日常用語などは、
さまざまな解釈を許すので
多義的でも問題ないわけですね。

関連記事:>>逆説的の意味をわかりやすく解説

関連記事:>>抽象的の意味をわかりやすく解説

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

一義的」=①意味が一つに確定している。根本的である。

それぞれの対義語は、
①「多義的」と②「二義的

ということになります。

 

ポイントは、
どちらの意味で使われてるかを
瞬時に判断することですね。

今回は以上となります!

スポンサーリンク