この記事の所要時間: 432

称賛 賞賛 違い 意味 使い分け

 

今回は
称賛」と「賞賛
の違いを解説していきます。

 

「しょうさん」という言葉は、
2通りの言い方があるようですね。

「相手を称賛する」

「選手を賞賛する」

上記の「しょうさん」には、
どんな違いがあるのでしょうか?

また、どちらを使えばよいのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

称賛・賞賛の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【称賛/賞賛(しょうさん)】

ほめたたえること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

称賛/賞賛」とは、
ほめたたえる」という意味です。

 

使い方としては、
以下のように使います。

  • 相手選手の勝利を称賛する
  • 社員の営業成績を賞賛する

 

「しょうさん」は、ビジネスやスポーツなど、
公式な場所・正式な場面で使うことが多い言葉です。

その中でも特に、
人のすぐれた行為や業績などを
ほめる時に使います。

 

逆に言えば、
「親が子供をほめる場合」など、
フランクな場では使わない言葉ということですね。

この場合は、単に「ほめる」と言います。

 

では、実際にこの2つには、
違いがあるのでしょうか?

多くの辞書では、
両者は同じ項目として統一されています。

ということは、
「どっちを使ってもいいの?」
と思う人も多いでしょう。

 

しかし、
厳密には使い分けすべき言葉となります。

 

「辞書に書かれていることが全てではない」
ということですね。

スポンサーリンク

称賛と賞賛の違い

称賛 賞賛 違い

 

では、実際に
どう使い分ければいいのでしょうか?

 

結論から言うと、

「原則として称賛の方を使うべき」

と言えます。

 

まず、分かりやすいように、
両者の語源を確認しておきましょう。

 

賛」の「」は、元々
天秤に持ち上げて重さをはかる
という意味でした。

「天秤(てんびん)」とは、
「重さを量る器械のこと」ですね。

 

そこから転じて、「となえる
言葉に出してほめ上げる・たたえる
などの意味になったのです。

関連記事:>>称えると讃えるの違いとは?意味や使い分けも

 

一方で、
賛」の「」は、元々
ほうびとして、金品を与える」という意味でした。

転じて、
相手をほめる・めでる
という意味になったのです。

 

そして、
両者に共通する「」は、
本来「すすめる・たすける」という意味でしたが、
現在は「ほめる」という意味になっています。

 

整理すると、本来の語源は

称賛」=言葉に出して、ほめる。

賞賛」=金品をあげて、ほめる。

となるわけです。

 

つまり、両者の違いは、
精神的にほめるか物質的にほめるか
ということですね。

 

「称賛」の方は、
精神的に相手をほめる場合に使います。

一方で、「賞賛」の方は、
物質的に相手をほめる場合に使うのです。

 

しかし、冷静に考えて見ると、
物質的にほめること」ってそんなにないですよね?

 

「物質的にほめる」とは、例えば、
賞金を受け渡したり、トロフィーを授与したりしてほめる
ということです。

 

一方で、
精神的にほめるのはどうでしょうか?

親や先生・上司などが、
言葉でほめることは日常的にありますよね?

 

つまり、
「ほめる」という行為は
精神的に行うのが普通なのです。

そのため、
原則として「称賛」の方を使う
ということですね。

スポンサーリンク

新聞やテレビでの使い分け

 

新聞やテレビなどのメディアは、
漢字の混同を避ける傾向にあります。

 

なぜなら、
人に情報を伝える読み書きの世界だからですね。

そのため、
まぎらわしい漢字がある場合は、
1つに統一するのが普通です。

 

今回の場合は、
メディアも本来の意味に従って、
称賛」の方で統一しています。

 

逆の言い方をすれば、
賞賛」は一切使わないということですね。

 

一般的には、
メディア以外の業界も「右にならえ」で、
「称賛」の方を使っています。

したがって、
私たち一般人としては
「称賛を使っておけば問題ない」
という結論になるでしょう。

 

ちなみに、
称賛」とよく似た言葉で
絶賛」と「礼賛」があります。

この3つを混同している人は多いため、
以下の記事も確認しておきましょう。↓

>>称賛と絶賛の違いとは?礼賛の意味も解説

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【称賛の使い方】

  • 全ての人から称賛されるほどの、立派な人格者だ。
  • 彼の活躍は称賛に値するため、MVPは確実だろう。
  • 私はあなたの勇気を、大いに称賛したい。
  • 非難や称賛に一喜一憂しているようではダメだ。
  • 命を救ったという功績に、惜しみない称賛がおくられた。

 

【賞賛の使い方】

  • 大会本部長から賞賛の証として、金メダルをいただいた。
  • 営業成績トップの賞賛として、社長から腕時計をもらった。
  • 生徒を勉強させるために、お小遣いを与えながら賞賛する。

 

賞賛」の方は、
何か金品を与えてほめる」ということでしたね。

身近な例で言うと、
「現金そのものを与えてほめること」
も該当すると言えるでしょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

称賛」=言葉に出して、ほめる。一般的

賞賛」=金品をあげて、ほめる。限定的

ということになります。

 

「賞賛」の方を使っても、
100%間違いというわけではありません。

しかし、一般的には、
「称賛」を使うべきだと言えます。

漢字本来の意味に従うならば、
「賞賛」を使う場面は限定的にしておきましょう。

スポンサーリンク