この記事の所要時間: 539

オリエンタリズムとは 意味 具体例 わかりやすく

 

今回は
オリエンタリズム
について解説していきます。

 

「オリエンタリズム」という言葉は、
多くの人は聞かない言葉ですよね?

実は、この言葉は
現代文や世界史の用語としてよく出てきます。

特に、「異文化」について
書かれた文章では頻出です。

 

そのため、
意味や時代背景なども含めて
分かりやすく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

オリエンタリズムの意味

 

「オリエンタリズム」
の意味を調べると、
次のように書かれています。

【オリエンタリズム】

オリエント世界(西アジア)へのあこがれに根ざす、西欧近代における文学・芸術上の風潮。東洋趣味。

東洋の言語・文学・宗教などを研究する学問。東洋学。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

オリエンタリズム」は、多くの辞書だと
東洋趣味」と書かれていますね。

東洋趣味」とは、
西洋の人たちが東洋の文化に対して
あこがれや好奇心を抱くことです。

しかし、
一般的にはこの意味で使われることは
ほとんどありません。

 

オリエンタリズム」は、
西洋人が自分の都合のいいように西洋以外を見る見方
という意味で使われることが多いです。

 

なぜこのような意味に
変わってしまったのでしょうか?

 

順を追って説明していきます。

 

まず、「オリエンタリズム」は
英語で「orientalism」と書き、
「orient」はラテン語の「oriens」に由来します。

「オリエンス(oriens)」とは、
太陽が昇る方角」という意味です。

つまり、
東側」ということですね。

 

このことから、「オリエント」は、
広い意味で「西洋以外の東側諸国全般」を指し、
狭い意味で「西アジアやエジプト」を指すと言われています。

 

ここで一つの疑問が浮かび上がります。

 

西とか東って何を基準に決めているの?
ということです。

 

考えて見れば、当たり前のことですよね。

私たちの国、「日本」は
アジアの東ということで「極東」と呼ばれています。

また、アラビア半島やその周辺地域は
「中近東」と呼ばれています。

 

しかし、
日本が極東にあるという基準は
誰が何によって決めたのでしょうか?

 

実は、これらの基準は
全てヨーロッパ人が決めたのです。

 

日本が「極東」と呼ばれるのは、
ヨーロッパから見て極めて東にあるからであり、

アラビア周辺国が「中近東」と呼ばれるのは、
ヨーロッパから見て近い東にあるからです。

 

つまり、
これらの言葉は「西洋中心主義」によって
作り出されたものだったわけですね。

西洋中心主義」とは、
ヨーロッパ文明が世界の中心である
とする考え方のことです。

文明」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>文化と文明の意味の違いとは?わかりやすく解説

 

そして、
この考え方に異議を唱えたのが
パレスチナ出身の批評家である
サイード」という人です。

 

彼は、著書『オリエンタリズム』の中で、
西洋人のオリエント(東洋)に対する見方には、
「西洋中心主義」が色濃く反映されていると主張しました。

サイードが『オリエンタリズム」を発表してから、
「東洋趣味」という概念が、実は植民地主義的な考え方だった
ということが世に広まったのです。

 

実際に、
西洋人は西洋と東洋を全く別の物とみなし、
前者を発達した文明、後者を未開の文明とみなしていました。

「未開の文明」とは、
「遅れていて野蛮な文明」ということです。

 

そして、
西洋人は東洋文明を遅れていると考えることにより、
自分たちこそが世界の中心であるという
アイデンティティを確立
するようになりました。

アイデンティティ」については、
以下の記事をご覧ください。

>>アイデンティティの意味をわかりやすく解説

 

つまり、
「オリエンタリズム」とは、
西洋による東洋への見方を批判的に表した言葉
だったわけですね。

スポンサーリンク

オリエンタリズムの具体例

オリエンタリズム 具体例

 

「オリエンタリズム」
の大まかな意味は理解できました。

 

では、身近にある
「オリエンタリズムの具体例」は、
何があるでしょうか?

 

例えば、
西洋医学」と「東洋医学」です。

 

西洋医学」とは、欧米を中心に入ってきた
現代医学の主流と言われている医学です。

簡単に言うと、
「病院に行って薬をもらい、それを飲んで治す医学」
ということですね。

病気がひどい場合は、
手術をする場合もあります。

 

一方で、「東洋医学」とは、
鍼(はり)やお灸(きゅう)、整体などによって
体の不調を治す医学のことです。

「東洋医学」は、
元々は中国が起源と言われています。

ツボと呼ばれる体の箇所を刺激することにより、
内臓の調子を良くして、体全体の健康を整えていく
という考え方です。

 

もちろん、
それぞれメリット・デメリットがあります。

 

西洋医学は、
骨折や出血など急性的な病気に対しては有効です。

なぜなら、急性的な病気は、
麻酔を打って体にメスを入れる方が、
治りは早いと言われているからです。

 

一方で、目に見えない部分の
慢性的な病気については、
西洋医学は向いてないと言われています。

例えば、
頭痛や便秘などの慢性的な症状ですね。

これらの不調は、薬を飲んで治すというよりも、
食生活や運動、ツボ押しなどによって
内臓の機能を根本的に治すのが有効と言われているのです。

 

どちらも良い面・悪い面がありますが、
もしも「オリエンタリズム」の面から医学を語るなら、
「東洋医学は遅れている医学」ということになります。

なぜなら、
「オリエンタリズム」は西洋中心の考え方だからです。

 

個人的な意見でいえば、体の不調に合わせて
どちらの医学も取り入れるのが良いかと思います。

しかし、
西洋中心主義の考え方でいくと
どうしても西洋医学中心になってしまうということですね。

スポンサーリンク

オリエンタリズムの使い方

 

「オリエンタリズム」という言葉は
実際にどのように使われているのでしょうか?

例文を見て、確認しておきましょう。

 

  1. ヨーロッパ列強の植民地主義とオリエンタリズムは深く関わっている。
  2. オリエンタリズムとは、優秀な西洋と劣等の東洋との間に明確な区別を設けることであった。
  3. ナポレオンのエジプト遠征は、ヨーロッパのオリエンタリズム形成のきっかけになった。
  4. サイードは、東洋を「不気味なもの・異質なもの」とする西洋の姿勢をオリエンタリズムと呼び、批判した。
  5. ジャポニズムはオリエンタリズムから生じたものと言われている。

 

※「ジャポニズム」とは、
西洋における日本趣味のことです。

西洋人が日本の美術や工芸品に心酔する時に使われます。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

オリエンタリズム」=辞書の説明だと、「東洋趣味」という意味。

しかし実際は、
西洋人が自分の都合のいいように西洋以外を見る見方
という意味で使われることが多い。

ということでしたね。

 

時代背景や具体例も説明したので、
理解が深まったのではないでしょうか?

今回は以上です!

スポンサーリンク