この記事の所要時間: 427

年輩 年配 違い 意味 使い分け

 

今回は
年輩」と「年配
の違いを解説していきます。

 

お年を召された人に対して
「ねんぱい」という言葉を使いますよね。

「年輩の男性」

「同じ年配の人」

この2つは、
一体どう使い分ければいいのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

年輩・年配の意味

 

「ねんぱい」
の意味を調べると
次のように書かれています。

【年輩/年配(ねんぱい)】

年齢のほど。としのころ。

世間なれした年ごろ。中年以上の年ごろ。

年齢が上であること。年上。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「年輩」と「年配」は、
多くの辞書では同じ項目として載っています。

つまり、
辞書的な意味ではほぼ同じ
ということですね。

 

主な意味としては、
3つを押さえておきましょう。

 

1つ目は、
年ごろ・年かっこう
という意味です。

【例】⇒自分と同じねんぱいの女性に出会った。

この場合は、簡単に言うと
「だいたい同じ年齢の女性」
ということですね。

 

2つ目は
中年以上の年ごろ」という意味です。

 

「中年」とは、
「40歳~50歳頃まで」を指します。

つまり、
およそ50歳以上の年齢」を
「ねんぱい」と言うわけですね。

【例】⇒ねんぱいの男性から仕事を教わる。

私たちが普段から
イメージする「ねんぱい」は、
多くの場合これに該当するでしょう。

 

そして、最後は
年齢が上・年上」という意味です。

【例】⇒3人の中では、彼が一番ねんぱいだ。

この場合は、20歳など年齢が比較的若くても
誰かと比較して年が上ならば使うことができます。

スポンサーリンク

年輩と年配の違い

 

では、大まかな意味が分かった所で
「年輩」と「年配」の違いを見ていきましょう。

 

両者の違いを簡潔に言うと、

漢語か和語か

ということになります。

 

「漢語」とは、
「中国で生まれた漢字本来の言葉」です。

一方で、「和語」とは
「日本で後から生まれた日本独自の言葉」です。

 

このうち、
年輩」は「漢語
年配」は「和語」と言われてます。

厳密に言うと
「年配」は「和製漢語」ですが、
「年配」=「和語」と思ってもらって構いません。

 

ここで改めて「ねんぱい」
の意味を振り返ってみると

①⇒年ごろ・年かっこう

②⇒約50歳以上の年齢

③⇒年上

ということでした。

このうち、
の意味は「漢語(中国)」を由来とします。

一方で、の意味は
日本によって独自に作られました。

 

つまり、
漢字本来の歴史から言えば、

の場合⇒「年輩」を使う。

②と③の場合⇒「年配」を使う。

というのが正しい使い方なわけですね。

 

ただし、
一般社会ではこのような
厳密な使い分けはされていないようです。

辞書の説明でも、両者は
同じ項目として統一されていますからね。

 

では、一体どのように
使い分けすればよいのでしょうか?

さらに、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

年輩と年配の使い分け

年輩 年配 違い 使い分け

 

結論から言うと、

【原則として「年配」の方を使う】

と考えてください。

 

まず、新聞やテレビなどのメディアは
年配」を使うことで統一
しています。

逆の言い方をすれば、
「年輩」は一切使わないということですね。

 

読み書きの世界であるメディアは、
漢字の混同を嫌う傾向にあります。

したがって、
まぎらわしい漢字がある場合は
一つに統一するわけですね。

 

ちなみに、
なぜ「年配」に統一しているかと言うと
」は教育漢字だからです。

「教育漢字」とは、
「小学校6年間で学ぶ漢字を、文科省が定めたもの」です。

この中に、
「年輩」の「輩」は含まれていません。

 

要するに、
「輩」よりも「配」の方が簡単な漢字だから
ということですね。

常識的に見ても、
字画が少ない「配」の方が
使いやすく感じるでしょう。

そのため、
国が「年配」の方を書くように
推奨しているわけですね。

 

よって、結論的には

【どちらも使えるが、「年配」の方がより一般的な言葉】

ということになります。

関連記事:>>頂くと戴くの違いとは?意味や使い分けも

 

補足すると、「お年を召した」という意味で
相手に敬意を表する場合は、「ご年輩
と書く方が好まれるようです。

これは、意味や語源というよりも
慣習的な理由ですね。

 

「輩」は、
「先輩」「後輩」などがあるように
上下関係を表す時にも使う漢字です。

そのため、
「相手を敬う」という意味で
「年輩」を使っているのでしょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、「ねんぱい」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. お越し下さった方は、年配がほとんどった。
  2. ご年輩の夫婦に、円満の秘訣を尋ねる。
  3. 同じ年配の女性客が、他にもいるようだ。
  4. 自分と同じ年配の友達から、得るものもある。
  5. 集まった人々の中では、彼が一番年配だ。
  6. 自分よりも年配の人から、アドバイスをもらう。

まとめ 

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

年輩/年配」=①年ごろ・年かっこう約50歳以上の年齢年上

【違い】⇒「年輩」は「漢語」だが、「年配」は「和語」。

【使い分け】原則として「年配」を用いる。

ということでしたね。

 

本来の意味に沿って、
「漢語」と「和語」で使い分ける
という方法もあります。

ただし、
実際の生活ではそこまで
神経質に使い分ける必要はありません。

もしもどちらを使うか迷った場合は、
「年配」を使えば問題ないでしょう。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク