この記事の所要時間: 57

 

あなたは、
折衝」と「交渉」の違いを
説明できますか?

 

「取引先と折衝する」

「相手と交渉する」

どちらも
「ビジネスシーンでよく使う」
という印象ですね。

さらに、後ろに「力」がついて、
折衝力」「交渉力」などと言う場合もあるようです。

 

これらの言葉は、
一体どう使い分ければよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

折衝の意味

 

まずは、
「折衝」の意味です。

【折衝(せっしょう)】

有利に事を運ぶように、相手と駆け引きすること。また、その駆け引き。外交的または政治的駆け引きなどにいう。

出典:三省堂 大辞林

折衝」とは、
外交的・政治的に話し合うこと
を言います。

 

例えば、
以下のように使います。

「アメリカと貿易の件で、折衝する」

この場合は、
「アメリカと貿易問題について話し合う」
ということですね。

 

「折衝」は、基本的に
国や国、会社や組合など
公(おおやけ)の話し合いに対して使われます。

 

したがって、
話し合う内容は、政治・経済・お金など
規模の大きいものとなります。

交渉の意味

 

続いて、
「交渉」の意味です。

【交渉(こうしょう)】

ある事を実現するために、当事者と話し合うこと。かけあうこと。

人と人との結びつき。かかわりあい。関係。

出典:三省堂 大辞林

交渉」とは、
相手と話し合うこと」を言います。

この場合の「相手」とは、
個人・国・会社など幅広いものです。

 

使い方としては、
以下のように使います。

  • 店員と値引き交渉する
  • 会社と給料の交渉をする

「交渉」の方は、
普段から使っているので
イメージしやすいと思います。

 

ちなみに、
「交渉」にはもう一つ意味があります。

それは、
人とかかわりあいを持つ
という意味です。

辞書の説明だと、②になりますね。

 

この場合は、
「彼女との交渉を絶つ」
のように使います。

主に、異性関係に対して
使われることが多いです。

スポンサーリンク

折衝と交渉の違い

折衝 交渉 違い

 

ここまでの内容をまとめると、

折衝」=(外交的・政治的に)話し合うこと。

交渉」=(相手と)話し合うこと。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、
話し合う相手の範囲」となります。

 

折衝」は、
国と国、会社と組合の話し合いなど
限定的な使い方をします。

よって、一般的には、
個人同士の話し合いには「折衝」は使いません。

 

一方で、「交渉」は
個人と個人、個人と会社、国と国など
広い意味での話し合いに使えるのです。

 

つまり、
交渉は折衝を含んだ言葉
ということですね。

 

元々、「折衝」という字は、
折(お)る」と「衝(つ)く)
からできています。

これを簡単に説明すると、
敵が突いてくる剣を打ち砕く
という意味になります。

つまり、本来の語源としては、
戦いのような闘争的な要素が含まれているのです。

 

一方で、「交渉」という字は、
交(まじ)わる」と「渉(わた)る
からできています。

簡単に言うと、
他の物事と、かかわりあう
ということです。

つまり、本来の語源としては、
「単に他の人と接する」という意味になるのです。

 

したがって、
両者のイメージ的には

折衝」=闘争的に話し合う

交渉」=穏やかに話し合う

となるわけです。

 

まとめると、

折衝」=限定的にしか使えない。(闘争的なイメージ)

交渉」=広い意味で使える。(穏やかなイメージ)

となります。

関連記事:>>折り合いをつけるの意味とは?語源や類語・例文を解説

 

補足すると、
「交渉」は「関係の有無
という意味もあります。

この意味で使う場合は、当然、
「折衝」は使えないので注意してください。

【例】

  • 「〇」⇒異性との交渉
  • 「×」⇒異性との折衝

スポンサーリンク

折衝力と交渉力の違い

折衝力 交渉力 違い

 

ここまで、
「折衝」と「交渉」について
解説してきました。

 

ビジネスシーンなどでは、
折衝力」や「交渉力」という
言葉がよく登場します。

 

これはつまり、
営業マンがお客や取引先と話し合う力
ということですね。

 

本来は、個人間の話し合いは、
「折衝」は使いませんが
ビジネスでは使うこともあります。

実際の現場では、
両者は以下のように区分されているようです。

 

折衝力」=意見が一致しない相手と話し合う。

交渉力」=お互いが納得するように話し合う。

 

「折衝」の方は、
お互いの意見が一致しない状況から
スタートします。

したがって、
最終的にはお互いが妥協する
というケースが多いです。

 

一方で、
「交渉」の方は必ずしもそうとは限りません。

「交渉」は、話し合いの着地点が、
ある程度決まっている状況から
スタートする場合もあるのです。

その結果、
最終的にお互いが満足して終わる
というケースも十分あります。

 

つまり、
「折衝力」をつけることの方が、
難易度は高いということですね。

 

一般的には、営業マンが
取引先と価格交渉などをする場合に、
「折衝力」が使われます。

関連記事:>>提言と提案の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>提示と呈示の違いとは?意味や使い分けも

使い方・例文

 

それぞれの使い方を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【折衝の使い方】

  • TPP離脱の是非について、アメリカと折衝する。
  • 貿易摩擦問題について、米国と折衝を重ねる。
  • 予算の査定をするために、財務省と折衝する。
  • 営業マンとして成績を上げるには、折衝力は不可欠だ。

 

【交渉の使い方】

  • 労働組合が、労働条件の改善を目指して会社と交渉する。
  • 小遣いをあげてもらうために、母親と交渉をした。
  • 値引き交渉をするために、店員さんを呼び止めた。
  • いい加減、悪い友達との交渉を絶ちなさい。

 

※「折衝」を「接衝」と書くのは誤りです。

よく間違われる人がいますので、
気をつけましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

折衝」=外交的・政治的に話し合うこと。限定的・闘争的

交渉」=話し合うこと。広い意味で使える

ということでしたね。

 

ぜひ明日から正しい使い方を
していただきたいと思います。

今回は以上です!

スポンサーリンク