この記事の所要時間: 632

 

今回は
国民国家
について解説していきます。

 

「国民国家」という言葉は、
現代文や世界史によく登場します。

最近で言うと、
2018年センター試験の評論文に
「国民国家」という言葉が登場しました。

また、この言葉は
難関大学の入試にもよく出てくるようです。

 

一体どのような意味なのでしょうか?

さっそく、見ていきましょう!

スポンサーリンク

国民国家とは?

 

「国民国家」
の意味を辞書で引くと、
以下のようにありました。

【国民国家(こくみんこっか)】

歴史的、文化的に形成された、民族を基盤としてつくられた近代国家。

国民を主体としてつくられた国家。市民社会を基盤としてつくられた国家。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

上記の説明だと分かりにくいため、
簡単に説明します。

 

国民国家」とは、
国民という意識を持った国」だと思ってください。

 

具体例を挙げます。

私たちは現在、
「日本国民」として生活しています。

もしも海外に行ったときに、
「あなたはどこ出身ですか?」と聞かれたら、

 

私は日本人です」と答えるでしょう。

 

その理由は、
自分たちは日本国民である
という意識を全員が持っているからです。

 

この意識は、
日本以外の人たちも同じです。

例えば、
韓国の人に同じ質問をしても、
「私は韓国人です」と答えるでしょう。

 

しかし、
このような当たり前の意識は、
実は「近代」より前はありませんでした。

近代より前の人たちは、
自分が日本人であるとかフランス人である
という「アイデンティティ」を持っていなかったのです。

関連記事:>>近代とはいつからいつまで?現代との違いも解説

関連記事:>>アイデンティティの意味をわかりやすく解説

 

では、彼らはどのような意識を
持っていたのでしょうか?

 

以下は代表的なものです。

  • 「私は〇〇村の一員だ」
  • 「私は〇〇町の者だ」
  • 「私は〇〇島の人間だ」

 

つまり、当時の人たちは、
「国家の一員」という意識を
持っていなかったわけですね。

それもそのはずで、当時は
「国家」という概念すらなかったのです。

関連記事:>>概念と観念の意味をわかりやすく解説

 

近代以降になって初めて、
領土や国境などを確定した結果、
「国家」というものが誕生しました。

その結果、
「私たちは〇〇国民の一員だ」
という意識を持てるようになったのです。

したがって、
「国民国家」という言葉は、
近代以降に初めてできたもの
とも言うことができます。

スポンサーリンク

国民国家の定義

国民国家 定義

 

「国民国家」の
大まかな意味は理解できました。

 

では、具体的に何を持って
「国民国家」と定義できるのでしょうか?

それを知るには、ある程度
歴史を知っておく必要があります。

 

まず、「国民国家」という言葉は、
ヨーロッパ諸国で生まれました。

当時は、「絶対王政」と言い、
王様が絶対的な権力を持っていました。

 

ところが、
フランス革命により王政が崩壊し、
国民主体の政治に切り替わりました。

それ以降、国の主役は王様ではなく、
国民や民族であるという意識が
浸透していったのです。

 

そして、
彼らは「国民国家」のことを、英語で
nation-stateネイション・ステイト)」
と名付けました。

nation」とは、
「国家・国民・民族・種族」などの意味です。

そして、
state」とは、「国家・国」などの意味です。

 

つまり、
英語本来の意味から考えると、
「国民国家」は

自分たちは〇〇国民(場合によっては民族や種族)だ

と意識している国となります。

 

したがって、
現在あるほとんどの国は、
「国民国家」ということになります。

逆に言えば、
単に「国家」と言った場合、
「国民国家」のことを指す
ということですね。

 

ただし、
場合によっては
国民国家の定義があいまいになることもあります。

 

例えば、
アメリカなどの国です。

アメリカは、
「白人」や「黒人」「ユダヤ人」など
色々な民族が合わさってできた多民族国家です。

したがって、
このような国は「国民国家」ではない
と指摘する学者もいます。

 

一般的には、
「一定の領土と民族集団を持っていて、
統治権や統一された言語を持っていれば、
「国民国家」と呼びます。

要するに、
政治的に統一された近代国家
ということですね。

スポンサーリンク

国民国家の問題点

国民国家 問題点

 

ここまでの内容を整理すると、

国民国家」=「自分たちは〇〇国民だ」と意識している国。

ということでしたね。

 

しかし、
この国民国家にも
いくつか問題点はあります。

大きく3つに分けて、
説明したいと思います。

 

まず1つ目は、
経済的な問題」です。

 

「国民国家」が成立する前は、
他の国に容易に移動することができました。

なぜなら、当時は
「国境」や「領土」という概念が
なかったからです。

そのため、
自由に移動して経済活動をできる
というメリットがあったのです。

 

一方で、現在はどうでしょうか?

もしも勝手に船で他国に行けば、
不法入国で逮捕されてしまいます。

当たり前のことですが、
パスポートを申請して正式に入国しないと
他国には行けないのです。

 

もちろん、
日本のお金では海外の商品を
買うことはできません。

ちゃんと外国の通貨と交換しないと
買い物すらできないのです。

これは、経済的には不便なこと
と言えるでしょう。

 

2つ目は、
言語の問題」です。

 

一見すると、
1つの国家で統一した言語を使うことは
効率的なことだ思われます。

しかし、
「言語を統一する」ということは、
一方で「他の言語をなくすこと」とも言えます。

 

例えば、
「オーストラリア」という国があります。

オーストラリアは、
現在は「英語」が公用語ですが、
元々あそこの土地に住んでいた人は
「アボリジニー」という先住民族でした。

彼らは、昔から独自の言語を
700ほども使っていたそうです。

ところが、
現在はその言語も200ほどに
減ってしまいました。

 

つまり、
一つの統一した言語を作るには、
少数派の言語は切り捨てられてしまう
ということですね。

これは、
歴史や伝統を重んじる観点から考えれば、
大きな問題点と言えるでしょう。

 

3つ目は、
人種や民族の問題」です。

 

「国民国家」が成立したことにより、
「国」という一つの単位が生まれました。

一方で、他国からは、
「〇〇人」や「〇〇民族」
というまとまった集団で見られることも
当たり前になりました。

そのため、
一種の偏見のような考え方を
される場合があるのです。

 

例えば、
以下のような考えです。

  • 「日本人」=みんなまじめで働き者。
  • 「アメリカ人」=当然、肉が好き。
  • 「イラク人」=全員イスラム教信者。

 

近代以前は、このような
考え自体が存在しませんでした。

つまり、
国境や領土を確定したことにより、
人種や民族に対する偏見が起こった
ということですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

 

「国民国家」という言葉は、
実際にどのように使われるのでしょうか?

例文で確認しておきましょう。

 

  • 西欧諸国は、国民国家を作ることにより繁栄してきた。
  • 日本は、明治維新によって国民国家となった。
  • フランス革命により、国民国家という体制が生まれた。
  • 先住民族と衝突して生まれたのが、国民国家である。
  • 19世紀以降は、国民国家同士で、戦争がたびたび起こった。
  • 近代化の中で、彼らは国民国家の一員になれなかった。
  • 近代的な国民国家により、科学技術は発展してきた。

 

「国民国家」という言葉は、
「近代」について論じた文章によく出てきます。

そのため、
「近代」という時代も勉強しておくと、
より理解が深まるでしょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

国民国家」=「自分たちは〇〇国民だ」と意識している国。

ということでしたね。

 

難しい言い方だと、
政治的に統一された近代国家
と覚えてもよいです。

理解できましたでしょうか?

今回は以上となります!

スポンサーリンク