この記事の所要時間: 512

 

今回は、
無常」と「無情
の違いを解説していきます。

 

「むじょう」という言葉は、
普段からよく使われていますね。

「桜の花びらは無常だ」

「あの人は本当に無情だ」

 

上記の「むじょう」は、
一体どのような違いがあるのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

無常の意味

 

まずは、
「無常」の意味です。

【無常(むじょう)】

仏語。この世の中の一切のものは常に生滅流転 (しょうめつるてん) して、永遠不変のものはないということ。特に、人生のはかないこと。また、そのさま。

人の死。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

無常」とは、
この世の全てのものは、移り変わっていくこと
という意味です。

 

「この世の全て」とは、
形があるもの・ないもの全てが当てはまります。

例えば、
私たちが使っているテレビやパソコンです。

 

テレビやパソコンは、
いずれは故障してしまいます。

永遠に使える家電製品など存在しません。

 

また、人間や犬などの生物も一緒です。

人間なら100年、犬なら20年もすれば、
たいがいはこの世から亡くなってしまうでしょう。

永遠の命なんていう言葉は、
漫画の世界ですから当然ですよね?

 

つまり、
世の中にあるすべてのものは、常に変化し続け、
移り変わっていくもの」だと言えます。

 

このことを、
無常」と呼んでいるわけですね。

関連記事:>>永久と永遠の違いとは?意味や使い分けも

 

ちなみに、
「無常」は②のように
人の死」を意味する場合もあります。

この場合は、「人生のはかなさ」を
強調する場合に使います。

スポンサーリンク

無常の語源

無常 語源

 

「無常」という言葉は、
元々、仏教の用語からきています。

 

簡単な例が、
平家物語(へいけものがたり)です。

 

『平家物語』の最初に、
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」
という一文があります。

この「諸行無常(しょぎょうむじょう)
というのは、実は仏教用語です。

 

諸行」は「この世の全て
無常」は「移り変わっていく」という意味です。

 

つまり、
「この世の全てのものは、常に変化していく」
ということを言っているわけですね。

 

仏教というのは、ブッダが始めました。

ブッダは、
人の苦しみは、いつまでも変わらないことから来る
と主張したことで有名です。

 

例えば、
自分にとって大事な人が亡くなった場合、
誰もが悲しい気分になるでしょう。

人間として当然の感情ですよね?

 

しかし、もしも人の命が
永遠に続くとしたらどうでしょうか?

なにか命の重みが
軽くなってしまうような気がしますよね。

 

物にしても一緒です。

いつか壊れてしまうからこそ、
普段から大事に使うのです。

 

ブッダは、「諸行無常」を受け入れると、
不安や悲しみが軽減すると言いました。

その後、仏教は多くの人に影響を与え、
普段の生活でも「無常」が使われるようになったのです。

 

「無常」という言葉が普及したのは、
このような背景があったわけですね。

スポンサーリンク

無情の意味

 

続いて、
「無情」の意味です。

【無情(むじょう)】

いつくしむ心がないこと。思いやりのないこと。また、そのさま。

②仏語。精神や感情などの心の働きのないこと。また、そのもの。草木・瓦石・国土など。非情。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

無情」とは、
情けや思いやりがないこと」を言います。

 

無情」は文字通り
けがい」と書くので、
比較的分かりやすいでしょう。

 

また、②のように
仏教用語として使う場合もあります。

この場合は、植物や土など
心がないものに対して使うのが特徴です。

 

一般的には、①のように
情けがない。思いやりがない
という意味で使われることが多いですね。

関連記事:>>思いと想いの違いとは?意味や使い分けも

 

ちなみに、
「無情」と間違えやすい言葉として
薄情(はくじょう)」があります。

 

両者の違いは、
「薄情」は、人を思いやる気持ちが薄いのに対し、
「無情」は、人を思いやる気持ちが全くないという点です。

 

つまり、
無情のほうが、より冷酷ということですね。

 

例えば、
風邪を引いて寝込んでいる人に対して、
看病を一切せず、かわいそうとすら思わないような人を
「無情」と言うのです。

無常と無情の違い

無常と無情の違い

 

ここまでの内容を整理すると、

無常」=この世の全てのものは、移り変わっていくこと。

無情」=情けや思いやりがないこと。

ということでした。

 

冷静に比較すると、
それぞれ全く違う意味なのが分かるかと思います。

 

覚え方としては、
「無常」は「い」と書くので、
「全てのものはにあるわけではい(変化していく)」
と記憶しておきましょう。

 

一方で、「無情」は、
「人情」や「感情」などのように、
そもそも人の感情にスポットを当てた言葉です。

 

したがって、
「感い」ので、
無情」=「思いやりがない
と覚えるのが分かりやすいでしょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【無常の使い方】

  1. 日本人が桜を好きなのは、咲いてもすぐ散ってしまう様子が、無常観を示しているからだ。
  2. 四季の変化を目の当たりにすると、自然というのは無常であることを常に感じる。
  3. 彼は世の中の無常を悟り、出家をすることになった。

 

【無情の使い方】

  1. 何度言っても勉強しなかったため、母親は無情にも子供のゲーム機を破壊した。
  2. 試合は一方的な負けゲームとなり、さらにグラウンドには無情の雨が降り注いだ。
  3. 彼は山の中で助けを待っていたが、無情にもヘリは上空を飛び去って行った。

 

「無情」は、
「(人の)感情がない」という意味ですが、
モノに対して使う場合もあります。

例文だと、
「無情の雨」や「無情にもヘリは~」
といった感じですね。

 

このあたりは、臨機応変に
文脈から判断していきましょう。

関連記事:>>考慮と配慮の違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

無常」=この世の全てのものは、移り変わっていくこと。

無情」=情けや思いやりがないこと。

ということでしたね。

 

それぞれの違いを理解して
ぜひ使い分けができるようになって下さい。

今回は以上です!

スポンサーリンク