この記事の所要時間: 40

 

今回は
もんどりうつ」の
意味を解説していきます。

 

皆さんは、
「もんどりうつ」という表現を
聞いたことがありますか?

「もんどりうつほど強烈だ」

「もんどりうって倒れた」

何となく方言に聞こえますが、
実はしっかりとした標準語です。

 

小説文などでも
よく出てくる表現なため、
ぜひ覚えておきたい所ですね。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

もんどりうつの意味

 

「もんどりうつ」
の意味を辞書で引くと、
以下のようにあります。

【翻筋斗打つ(もんどりうつ)】

とんぼ返りをする。宙返りをする。もんどりうつ。

「もんどりをうつ」に同じ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

もんどりうつ」とは、
とんぼ返りする・宙返りする」という意味です。

「とんぼ返り」とは
「空中で体を一回転させること」を意味します。

 

つまり、
飛び上がって空中で回転すること」を
「もんどりうつ」と言うわけですね。

 

使い方としては、
以下のように使います。

車にはねられて、もんどりうつように倒れた。

「もんどりうつ」は、
語尾に「倒れる」がつくことが多い言葉
だと言えます。

 

理由については、簡単です。

多くの人は空中で一回転などしたら、
倒れるのが普通だからです。

アスリートやアクション俳優など
であれば、話は別ですけどね。

 

特に、「もんどりうって倒れる
という使い方が多いです。

 

ちなみに、「もんどりうつ」は、
漢字だと「翻筋斗打つ」と書きます。

また、一般的な辞書では
「もんどりうつ」とも表記されていますが、
どちらでも意味は同じです。

スポンサーリンク

もんどりうつの語源

もんどりうつ 語源

「もんどりうつ」の語源は
どこから来ているのでしょうか?

 

すでに説明した通り、
「もんどり」は「翻筋斗」と書きます。

「翻」は「翻(ひるがえ)る
とも書き、「裏返る」という意味です。

 

つまり、
体を裏返すので、「宙返り」
という意味になったわけですね。

 

そして、
この「もんどり」は「本取(もとどり)
が語源だと言われています。

本取」とは、
侍などが髪の毛を束ねている箇所」のことです。

簡単に言うと、
「ちょんまげの根元の部分」ですね。

 

この「本取」を打つというのは、
相当な勢いで倒れた場合です。

例えば、
空中でぐるりと回転して頭から地面に
倒れこむようなケースですね。

実際には、昔の侍は戦いなどで、
相手を激しく投げ合っていたそうです。

 

そこから、だんだんと
「もとどりをうつ」⇒「もんどりをうつ」
になっていったと言われています。

 

ちなみに、
「もんどりうつ」の語源には
もう一つ説があります。

 

それは、
もどりを打つ」です。

この場合の「もどり」は
「戻り」ではなく「翻(もど)り」という意味です。

この「もどり」がリズムを伴ううちに、
「もんどり」になったという説もあります。

 

しかし、一般的には
「本取」が語源という説が有力です。

もんどりうつの類語

 

続いて、「類語」です。

 

「もんどりうつ」の
「類語」は以下の通りです。

 

  • ひっくり返る
  • 逆さまになる
  • 裏返る
  • 頭から落ちる
  • 転落する
  • 投げ出される
  • ぶっ倒れる
  • 落馬する
  • 転覆する

 

いずれも共通しているのは、
落ちる・逆さまになる」などですね。

 

「もんどりうつ」は、
何かの事故などアクシデントが
起こった時に使います。

したがって、そこから派生して、
馬から落ちたり船が転覆したりする時に
使うこともあるのです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

「もんどりうつ」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 顔面を殴られた相手は、もんどりうって倒れた。
  2. プロレスラーの必殺技は、もんどりうつほど強烈だ。
  3. もんどりうつように、崖から車が落ちていった。
  4. もんどりうって転んだので、衣服が汚れてしまった。
  5. 急に飛行機の機体が大きくもんどりうった
  6. 足を踏み外して、大階段からもんどりうってしまった。
  7. もんどりをうつように、海へダイビングする。
  8. 相手の攻撃により、兵士はもんどりうって倒れた。

 

「もんどりうつ」は、基本的に、
空中で一回転する場合に使います。

ただし、実際には
ドラマのアクション俳優のように
そこまできれいに回転しなくても
使うことはあるようです。

 

場合によっては、後ろに勢いよく倒れて
背中を地面にたたきつける程度でも
使うことがあります。

このあたりは、
臨機応変に使い分けていく必要がある
ということですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

もんどりうつ」=とんぼ返りする・宙返りする。

語源については、ちょんまげの根元の
「本取(もとどり)」が有力。

ということでしたね。

 

覚え方としては、
空中で逆さまになる様子
をイメージしておきましょう。

 

今回は以上となります!

スポンサーリンク