この記事の所要時間: 620

近代 意味 現代 違い モダン

 

今回は
近代」について解説していきます。

 

「近代」という言葉は、
現代文では頻出の重要ワードです。

この言葉を一つ知っておくだけで、
評論文のテーマ理解がかなり深まるでしょう。

そのため、
意味や使い方・時代背景なども
詳しく解説したいと思います。

 

では、さっそくみていきましょう。

スポンサーリンク

近代とはいつのこと?

 

「近代」
の意味を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【近代(きんだい)】

①現代に近い時代。また、現代。

②歴史の時代区分の一。広義には「近世」と同義であるが、一般には封建制社会のあとの資本主義の社会をいう。日本史では明治維新から太平洋戦争の終結まで、西洋史では市民革命・産業革命からロシア革命までの時代。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

【近代の英語訳】
⇒「modern(モダン)

「近代」という時代は、
日本と海外によって異なります。

 

「日本」では、「明治維新(1868年)から
太平洋戦争の終わり(1945年)まで」を指します。

 

「明治維新」とは、
当時、封建社会だった日本が
近代化に向けて様々な運動をしたことです。

「太平洋戦争」とは、簡単に言うと
「日本とアメリカが戦った戦争」のことです。

 

つまり、日本では一般的に、
1868年~1945年の「約80年の時代」を
「近代」と呼んでいるわけですね。

 

一方で、ヨーロッパはというと
15、16世紀以降~20世紀中頃までの時代
を指します。

ヨーロッパでは、
大航海時代や宗教改革などが
近代の始まりとされているのです。

 

ただし、当時のヨーロッパでは、
様々な封建制度が残っていたため、
市民革命(17世紀~)以後を「近代」
とする見方もあるようです。

このあたりは、
学者の中でも意見が分かれているようですね。

 

ちなみに、
世界の時代区分は大まかに
以下のように分けられています。

「古代」→「中世」→「近世」→「近代」→「現代」

私たちが今生活しているのが「現代」ですから、
「近代」は「現代の一つ前の時代」とも言えます。

スポンサーリンク

近代とは何か?

近代とは 

 

近代とは、一言で言うと
理性や個人を重視した時代」でした。

 

「理性」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>理性の意味をわかりやすく解説

 

まず、時代の流れを簡単にするために、
近代より前の時代を解説します。

 

「近代(モダン)」より前の時代は、
前近代(プレモダン)」と呼ばれていました。

 

プレ」は英語で「pre」と書き、
一つ前の・前の」などの意味があります。

つまり、
「モダン」より前の時代なので、
「プレモダン」ということですね。

 

「前近代」では、
伝統・宗教・神様・自然・村落共同体」などを重視
する時代でした。

当時は、神様や宗教などを信じることは
当たり前のことだったわけですね。

 

ところが、
ヨーロッパで変革が起こります。

 

この変革は一度になされたものではなく、
きっかけが複数ありました。

  • ルネッサンス(14世紀~16世紀)
  • 宗教改革(16世紀~)
  • 科学革命(16~17世紀)
  • 市民革命(17世紀~19世紀)
  • 産業革命(19世紀~20世紀)

 

このような時代の変革となるイベントが複数起こり、
「近代」へ突入していったのです。

 

そして、
時代は神様や宗教よりも、
個人・自由・平等・理性・科学
などを重視する時代になりました。

 

今までは神様や宗教を信じていたのが、
近代以降は、科学的なものじゃないと信じない
という考えに変わっていったのです。

関連記事:>>科学と化学の違いとは?意味や使い分けも

 

例えば、「前近代」では、
熱を出して寝込んでしまった場合、
「もののけが憑(つ)いた」とみなしていました。

※「もののけ」とは、人間に憑く悪い霊のことです。

 

しかし、
近代以降は病気への考え方も変わりました。

まず、病気になった原因の病原菌をつきとめ、
それを除去する薬を与えます。

そして、
人の病気を治療していくという考え方です。

 

このように、
非科学的な現象は重視しないという
時代に移行していったわけですね。

スポンサーリンク

近代で重視した価値観

近代 価値観

 

「近代」は、
「神や絶対者に代わって個人が主役となった時代」でした。

 

近代より前は、
「自分が日本人であるとか、イギリス人である」
といった「アイデンティティ」は持っていなかったのです。

関連記事:>>アイデンティティの意味をわかりやすく解説

 

彼らは、「村」の一員ではありましたが、
「国」の一員ではありませんでした。

今では信じられないですが、
当時は「国家」や「国民」という概念がなかったのです。

 

近代になり、
「国家」が誕生してから「国民」や「個人」
という概念が生まれたわけですね。

関連記事:>>国民国家とは?定義や問題点をわかりやすく解説

 

そこから、
人間とは、一人一人尊厳を持ったかけがえのない存在である
という考えが広まっていきました。

いわゆる、「個人主義」です。

 

また、個人が科学を勉強すると、
人間は動物と違い、頭で考えて行動できる生き物だ
という考えも主流になりました。

俗にいう、
合理主義」です。

つまり、
「人間は理性を持ったかけがえのない存在である」
という結論にいたったわけですね。

 

このように、
個人」と「理性」を重視して
世の中を発展させていこうという時代が「近代」
だったのです。

関連記事:>>合理的の意味を簡単にわかりやすく解説

関連記事:>>ポストモダンとは?意味をわかりやすく解説

 

一方で、
「個人主義」や「合理主義」にも
デメリットがあります。

 

「個人主義」を徹底しすぎると、
個人と個人の対立が避けられなくなります。

また、世界の全てが
合理的に解決できるわけではありません。

世の中には、「理性」ではなく
「感性」で解決できることも多いのです。

 

このあたりの主張は、
どちらもメリット・デメリットがあるため、
筆者がどちらを重視しているかが大事になってきます。

文章を読む時は、
そのようなことも意識しておきましょう。

スポンサーリンク

近代と現代の違い

近代 現代 違い

 

近代と現代の違いも
整理しておきましょう。

 

「近代」とは、
「現代の一つ前の時代」でした。

一方で、「現代」とは、
「我々が生きている時代」です。

 

したがって、

  • 日本史の近代⇒明治維新(1868年)から終戦(1945年)まで。
  • 世界史の近代⇒15世紀以降~20世紀中頃。
  • 日本史の現代⇒1945年以降(いわゆる戦後)~現在まで。
  • 世界史の現代⇒20世紀中頃以降。

となります。

 

ちなみに、
これはあくまで歴史上の区分であって
明確な区分はないと言っている学者もいます。

 

近現代(きんげんだい)
という言葉もある通り、
「近代」も「現代」も同じ時代と考えている人もいるのです。

最初の辞書の説明でも、

「近代」=「現代に近い時代。また、現代。

と記述されていますからね。

 

ただし、一般的には
1945年で分けるのが主流のようです。

 

「1945年」は、日本が敗戦した年です。

それまでは、
「大日本帝国憲法」により、国を統治していました。

 

ところが、1945年以降は、
GHQから与えられた「日本国憲法」で
国を統治するシステムになっています。

ここが近代と現代の境目というのは、
比較的分かりやすい見方ですからね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

近代」=日本では、明治維新(1868年)から終戦(1945年)まで。世界では、15世紀以降~20世紀中頃。

「近代」とは、理性や個人を重視する時代。

ということでしたね。

 

歴史や背景なども解説したので、
だいぶ理解が深まったのではないでしょうか?

「近代」についての理解は、
これでもう大丈夫ですね。

今回は以上です!

スポンサーリンク