この記事の所要時間: 410

 

今回は、
水を差す
の意味を解説したいと思います。

 

「水は万物の源」とも言われるくらい
人間にとって大事なものです。

その水をさすとは、
一体どういうことなのか気になりますね。

 

果たして良い意味なのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

水を差すの意味

 

「水を差す」
の意味を調べると、
以下のようにあります。

【水を差す(みずをさす)】

①水を加えて薄くする。

仲のいい者同士や、うまく進行している事などに、わきから邪魔をする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

水を差す」とは、
うまくいっている物事に対して邪魔をすること
を言います。

 

例えば、会議の場で
多くの人が「A」という意見で
まとまっていたとします。

このまま自然に進めば、
会議がスムーズに終わるでしょう。

 

ところが、会議の最後で突然、
「やっぱりBのほうがいいんじゃない?」
と言う人が現れたとします。

この場合、
せっかく会議がうまくいっているのに、
また一からやり直さなくてはいけません。

 

このように、
うまく進行している物事に対して
邪魔をすること
を「水を差す」と言うのです。

 

また、「水を差す」は、
仲のいい者同士の邪魔をする
という意味もあります。

 

例えば、山田君と田中君という
お互い仲の良い友達がいたとします。

二人は、共通の趣味である
サッカーの話題で盛り上がっていました。

 

ところが、
空気の読めない「水差し君」が
突然二人の話に入ってきました。

「ねえ、昨日のTVの話聞いてよ~」

この場合、二人の間には何とも言えない
気まずい雰囲気が流れるでしょう。

 

このように、
「水を差す」という行為は、
基本的に第三者が邪魔をする行為となります。

 

したがって、
水を差された側としては、相手のことを
「空気が読めない人だなぁ」と思うわけですね。

スポンサーリンク

水を差すの語源

水を差す 語源

 

「水を差す」の語源は、
どこから来ているのでしょうか?

 

差す」というのは、
入れる」「注ぎ込む」などの意味があります。

ここから、「水を入れる」
という行為を考えてみましょう。

 

例えば、熱いお茶というのは、
水を入れれば一気に冷えてしまいます。

また、甘いジュースも水を注ぎ込めば、
薄くなってしまいます。

料理の味付けも、
ちょうど良い具合いの味に水を追加すれば、
たちまち台無しになってしまいます。

 

このように、
温度や味付けがしっかりしている飲み物に
水を追加する行為は、その人の邪魔をすること
になってしまいます。

 

ここから、
水を差す」=「邪魔をする
という意味になったわけです。

 

つまり、
「水を差す」の由来は
食べ物や飲み物などの料理からきている
ということですね。

水を差すの類語

 

「水を差す」の
「類語」も確認しておきましょう。

【腰を折る(こしをおる)】

話などを途中で妨げること。

【横槍を入れる(よこやりをいれる)】

人の話や仕事に、横から口を出して妨げること。

【出鼻をくじく(でばなをくじく)】

やり始めたばかりで、邪魔が入ること。

【楔を打ち込む(くさびをうちこむ)】

親しい間柄に邪魔を入れること。

いずれも共通しているのは、
邪魔する」「妨害する」という意味ですね。

人の話や物事に対して
「邪魔をする」行為であれば、
基本的に類語となります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

「水を差す」という言葉を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 盛り上がっている話にいつも水を差すので、彼はやりにくい存在だ。
  2. 映画のクライマックスに水を差すように、関係ない人達の声が聞こえてきた。
  3. 彼が女の子と仲良く話していると、水を差すように彼女が割って入ってきた。
  4. 水を差すようで申し訳ありませんが、明日の仕事の待ち合わせ時刻を確認したいです。
  5. 盛り上がっている所に水を差すようで悪いが、そろそろ時間も遅いのでお開きにしましょう。

 

「水を差す」は、
様々な場面で使われます。

1.のように鈍感な人に使うのは、
分かりやすいケースです。

この場合は、
単に空気が読めない人という意味ですね。

 

3.のように、仲の良い関係性に対して
第三者が嫉妬をする場合も使われます。

この場合は、彼女がわざと
「水を差した」ということですね。

 

4.は、ビジネスマンが
使う表現として挙げられます。

ビジネスの現場では、
目上の人に意見をする場合
何かクッションとなる言葉が必要です。

 

いきなり、

「明日の仕事の待ち合わせ時刻を確認したいです!」

と言うよりも、

水を差すようで申し訳ありませんが~

とワンクッション入れたほうが、
その場の雰囲気を壊しにくいということですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

水を差す」=うまくいっている物事に対して邪魔をする。仲のいい者同士の邪魔をする。

ということでしたね。

 

「水を差す」という表現は、
仕事やプライベートなど様々な場面で
使うことができます。

これを機会に、ぜひ正しい使い方を
覚えていただきたいと思います。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク