この記事の所要時間: 433

 目くじらを立てる 意味とは 例文 語源 類語 由来

 

「体の一部」を使った慣用句
というのは色々ありますよね。

 

特に、「」を使った表現は
よく使われていると思います。

「目が離せない」

「目からうろこが落ちる」

ところが、
目くじら」という言葉は
なかなか聞かないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、
目くじらを立てる」の意味・由来・使い方
などを詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

目くじらを立てるの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【目くじらを立てる(めくじらをたてる)】

目をつりあげて人のあらさがしをする。他人の欠点を取り立てて非難する。目角 (めかど) を立てる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

目くじらを立てる」とは、
他人の欠点を取り立てて、責めること」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

僕の父は、母の作った料理にすぐ目くじらを立てる

この場合は、
「父が母の料理の欠点を責める」
ということですね。

 

具体的には、

  • 「味が少し薄い」
  • 「見た目があまり良くない」
  • 「栄養バランスが悪い」

といったことを
細かく指摘するような感じです。

 

このように、「目くじらを立てる」とは、
相手の欠点に対して使う言葉となります。

ただし、この欠点は
普通の欠点ではなく、ささいな欠点
だと思ってください。

つまり、
普通の人なら許せる程度の細かい欠点
ということですね。

 

したがって、多くの場合
この言葉はネガティブな意味で使います。

イメージとしては、
「目くじらを立てる人」=「細かい・神経質・器が小さい」
などと覚えてもよいでしょう。

スポンサーリンク

目くじらを立てるの語源・由来

目くじらを立てる 語源 由来

 

では、「目くじらを立てる」の
語源はどこから来ているのでしょうか?

 

現在では、
「くじら」=「海の生き物」
という認識が一般的だと思います。

しかし、
この場合の「くじら」は
生き物とは一切関係ありません

 

元々、「くじら」という言葉は、
物の両端・端っこ」などの意味を持つ語
として古くから使われていました。

つまり、
目くじら」を直訳すると
目の両端・端っこ」となるわけです。

 

この「目の両端部分を立てる」というのは、
人が怒った時にする表情です。

現在でも、
「目を釣り上げて怒る」などの
言い方をする場合がありますよね?

 

転じて、
怒る」⇒「人を責める」⇒「短所をとやかく言う
という意味に変化していったわけです。

 

ちなみに、
「目くじらを立てる」
の語源はもう一つあります。

それは、
目尻(めじり)が変化したもの」
という説です。

 

「目尻」とは、
目の耳側に近い方の端の部分」を指します。

この「目尻」が変化して、
「目じり」⇒「目くじり」⇒「目くじら」
になったとも言われています。

 

いずれにせよ、「目くじらを立てる」は、
目の両端を鋭く釣り上げた様子からできた言葉
ということですね。

関連記事:>>一目置くの意味とは?例文や使い方・語源も解説

関連記事:>>焦眉の急の意味とは?使い方や由来・類語を解説

目くじらを立てるの類語・英語訳

 

「目くじらを立てる」の
「類語」は以下の通りです。

【揚げ足を取る(あげあしをとる)】

人のミスや失敗を取り上げて、責めること。

【けちをつける】

人の欠点を批判すること。

【目に角を立てる(めにかどをたてる)】

ひどく怒って、にらみつけること。 

【目口を立てる(めくちをたてる)】

「目くじらを立てる」と同じ意味。

【苦言を呈する(くげんをていする)】

相手の欠点などを注意すること。

意味としては、
「相手のミスを批判する・責める」
といったものが多いですね。

 

すでに説明した通り、
「目くじら」は元々は
「怒った表情」からできた言葉です。

したがって、
「怒る・興奮する」といった語も
広い意味で類語と呼べるでしょう。

 

また、
「目くじらを立てる」は
英語だと次のように言います。

get angry over small things

 

直訳すると、
「小さいことで怒る」という意味ですね。

例文だと、

「You should not get angry over small things.」
(ささいなことで目くじらをたてないほうがいいよ。)

などがあります。

スポンサーリンク

目くじらを立てるの使い方・例文

 

最後に、
「目くじらをたてる」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 彼は部下の欠点にすぐ目くじらを立てる小さい男だ。
  2. そんな細かいことで目くじらを立てるなんて情けない。
  3. 目くじらを立てて、常に彼女の粗探しをしているようだ。
  4. いちいち目くじらを立てるのは、器が小さい証拠だ。
  5. 目くじらを立てて非難されそうなので、しっかり準備しよう。
  6. 彼らは、こんなことで目くじらを立てるのですか?
  7. もしもの話だから、目くじらを立てずに聞いてほしい。

 

実際の使い方としては、
「ささいなことをとやかく言う人」
という意味で使うことが多いですね。

世の中には、
細かくて神経質な人はたくさんいます。

したがって、「目くじらを立てる」は
慣用句の中でも比較的使いやすい言葉
と言えるでしょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回の内容をまとめると、

目くじらを立てる」=他人の欠点を取り立てて、責めること。

語源」=目くじら(目の両端)を釣り上げるのは「怒った表情」だから。

ということでしたね。

 

相手を批判するのは、
お互いにとって気持ちよくありません。

この記事をきっかけに、
うまく目くじらを立てずに
人と接して頂ければと思います。

今回は以上です!

スポンサーリンク