この記事の所要時間: 48

脅迫 強迫 違い 使い分け

 

皆さんは、
脅迫」と「強迫
の違いを説明できますか?

 

「相手を脅迫する」

「買主を強迫する」

「どちらも相手をおどす」
というイメージだと思います。

 

この2つには、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

脅迫の意味

 

まずは、
「脅迫」の意味です。

【脅迫(きょうはく)】

相手にあることをさせようと、おどしつけること。

刑法上、他人に恐怖心を生じさせる目的で害を加えることを通告すること。民法上の強迫に対応。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

脅迫」とは、
相手をおどして、実行をせまること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

「借金取りが、相手を脅迫する」

この場合は、
「相手をおどして、お金を払わせようとする」
ということですね。

 

つまり、
何かをさせるために相手を怖がらせること
「脅迫」と呼ぶのです。

 

「脅迫」は、
刑法(けいほう)」で使われる言葉となります。

「刑法」とは、
犯罪を犯した人へ罰を与える法律ですね。

強迫の意味

 

続いて、
「強迫」の意味です。

【強迫(きょうはく)】

あることをするよう無理に要求すること。むりじい。

民法上、他人に違法な害悪を示して恐怖心を生じさせ、その人の自由な意思決定を妨げること。強迫による意思表示は取り消すことができる。

無意味で不合理と思える考えや行為が、意志に反して支配的になる状態。自分でもばかげていると自覚しながら、打ち消そうとするとさらに強くなり、その考えや行為を繰り返さずにはいられなくなる。→強迫性障害

出典:デジタル大辞泉(小学館)

強迫」とは、
相手に強制させること」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

「土地の取引で、売主相手に強迫する」

つまり、買主が売主に対して、
「無理やり安い値段で売らせようとする」
ということですね。

 

「強迫」は、
民法(みんぽう)」で使われる言葉となります。

「民法」とは、
個人間の争いについて定めた法律ですね。

 

また、「強迫」には
心理学としての意味もあります。

代表的なのは、
強迫観念」という言葉です。

 

「観念」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>概念と観念の意味をわかりやすく解説

 

「強迫観念」とは、
ある考えが絶えず頭の中に浮かんでしまうこと
を言います。

 

例えば、
ガスコンロの火をちゃんと消したのに、
何度も確認するようなことですね。

  • 「本当に消したっけ?」
  • 「もしかして消し忘れてないかな?」

このように、
繰り返し頭に浮かぶ病的な考えを、
「強迫観念」と呼ぶのです。

スポンサーリンク

脅迫と強迫の違い

脅迫 強迫 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

脅迫」=相手をおどして、実行をせまること。

強迫」=相手に強制させること。

ということでした。

 

どちらも、「相手に害を与える」
という点は共通しています。

しかし、
両者には明確な違いが2つあります。

 

1つ目は、
使う場面」です。

 

脅迫」は、
刑法上使う言葉となります。

したがって、脅迫罪など、
基本的には犯罪がからむ場合に使うのです。

 

一方で、「強迫」は
民法上使う言葉となります。

したがって、
こちらは個人のやり取り間で使われるのです。

極端な話、
「強迫」で逮捕されることはないわけですね。

 

イメージ的には、
「脅迫」の方が「強迫」よりも極悪
と言えるでしょう。

 

2つ目は、
心理学として使うかどうか」です。

 

先ほども説明した通り、
「強迫」は心理学の用語としても使います。

一方で、「脅迫」の方は、
このような使い方はしないのです。

 

まとめると、

脅迫」=刑法の用語として使う。

強迫」=民法の用語として使う。(心理学としても使う

となります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、両者の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【脅迫の使い方】

  • 脅迫罪が成立すると、2年以下の懲役又は30万以下の罰金となる。
  • 相手から脅迫の電話が来たので、警察に相談した。
  • 借金を取り立てるために、ヤミ金から脅迫状がきた。
  • 人質犯から、身代金を要求する脅迫文が届いた。

 

【強迫の使い方】

  • 「玄関のカギを閉め忘れてないか?」という強迫観念に駆られる。
  • 「自分の周りは全て敵では?」という強迫観念にとらわれる。
  • 強迫性障害は、几帳面で神経質な人がなりやすい。

 

ちなみに、
新聞などの報道機関では、
脅迫」の方で統一しているようです。

 

つまり、
心理学としての意味以外は
「強迫」を使わないということですね。

一般的に見ても、
「強迫」は「強迫観念」という
使い方が圧倒的に多いですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると

脅迫」=相手をおどして、実行を迫る。刑法

強迫」=相手に強制させる。民法

「強迫」の方は、心理学としても使う。

となります。

 

ポイントは、
法律上の区分を理解することですね。

今回は以上です!

スポンサーリンク