この記事の所要時間: 456

 

今回は、
虚心坦懐
の意味を解説していきます。

 

「虚心」と「坦懐」

どちらも見慣れない漢字なため、
イメージがわきにくいと思います。

 

しかし、
もしこの言葉の意味を理解できれば、
人間関係が円滑になることは間違いないでしょう。

後半では、
英語訳についても解説していきます。

 

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

虚心坦懐の意味

 

「虚心坦懐」
の意味を辞書で引くと、
以下のようにあります。

【虚心坦懐(きょしんたんかい)】

何のわだかまりもないすなおな心で、物事にのぞむこと。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

虚心坦懐」とは、
わだかまりがない素直な心で、物事にのぞむこと
を言います。

 

わだかまり」とは、
心の中に残っている相手への不満や不信」です。

つまり、
不満や不信をなくし、素直な心でのぞむこと」を
虚心坦懐」と言うわけですね。

 

使い方としては、
以下のように使います。

A君とはずっとギクシャクしていたが、この前のクラス会で久しぶりに虚心坦懐に話し合うことができた。

この場合、前後関係として
A君との仲がうまく行ってなかった
ことが想像されます。

例えば、
何気ない一言で相手を傷つけたり、
お互いの意見がぶつかり合ったりといったことです。

 

そこで、
今までの不満を一切考えず、
お互いに平静な態度で話し合った
ということですね。

 

「虚心坦懐」は、基本的に
人と人が接する場面で使います。

その場合、
過去に考えていた自分の負の感情は、
全部ない状態にします。

 

言いかえると、
心の中に余計な考えがない状態にする
ということですね。

スポンサーリンク

虚心坦懐の語源・由来

虚心坦懐 語源 由来

 

「虚心坦懐」の語源は、
どこから来ているのでしょうか?

 

まず、「虚心」の「虚」には、
からっぽ・中身がない
などの意味があります。

 

これは「空虚」「虚無」
などの言葉もあるので、
イメージしやすいと思います。

つまり、
「心がからっぽ」なので「素直な心」
という意味になったわけですね。

 

ここで注意すべきは、
「虚心」の「虚」には、
「ウソ」という意味は含まれていない
ということです。

 

「虚」という字を調べると、
「ウソ・偽り」という意味もあります。

ただし、
この意味で使うのは
「虚言」「虚偽」など限定的な場合のみです。

本来の言葉の意味としては、
すなお・謙虚」だと覚えておきましょう。

 

そして、「坦懐」は
おおらかな気持ち。心が平らなこと
などの意味があります。

 

「坦」という字は、
「平坦」「分担」などがあるように、
「平らにする」という意味です。

ここから、
「気持ちを平らにする」⇒「素直にする」
になったわけですね。

 

まとめると、
本来の意味としては、

虚心」=心をからっぽにする。

坦懐」=気持ちを平らにする。

となります。

 

つまり、どちらも
似たような意味を持った言葉
ということですね。

あえて同じ意味を重ねることにより、
わだかまりのなさを強調した言葉
となっているのです。

スポンサーリンク

虚心坦懐の英語訳

 

「虚心坦懐」は、英語で
to be free from all bias」と言います。

 

「bias」は「偏見・先入観」
「free」は「自由・なし」などの意味です。

つまり、
偏見や先入観をなくす
ということですね。

 

文章表現だと、

We talked frankly.」などがあります。

「frankly」=「素直に、率直に」
という意味です。

 

他には、
「openly」「honestly」などを
使ってもよいです。

上記2つも「素直に」
という意味があります。

 

また、くだけた表現だと、
an open mind」などもあります。

これは、
「心を開いて」という意味ですね。

虚心坦懐の類語・対義語

 

続いて、

「類義語」と「対義語」です。

類義語

【虚心平意(きょしんへいい)】

わだかまりがなく、平静な意思。

【虚心平気(きょしんへいき)】

わだかまりがなく、平静な気持ち。

【明鏡止水(めいきょうしすい)】

何のわだかまりもなく、静かな心の状態。

「明鏡」は「一点のくもりもない鏡」
「止水」は「止まって静かになった水」という意味。

【一点素心(いってんそしん)】

ほんのわずかな純粋な心。

「一点」は「一つの」、
「素心」は「純粋な心」という意味。

対義語

【意馬心猿(いばしんえん)】

心が混乱して落ち着かない様子。

「走り回る馬」や「騒ぐ猿」は、
落ち着かないため。

【玩物喪志(がんぶつそうし)】

珍しい物に心を奪われて、大切な志を失うこと。

「玩物」は「珍しい物」
「喪志」は「目標や志を失うこと」

【疑心暗鬼(ぎしんあんき)】

疑いが増え、何でもないことにおびえること。

【焦心苦慮(しょうしんくりょ)】

心を痛めて、思いをめぐらし悩むこと。

以上が、
「類義語」「対義語」となります。

 

「類義語」は、
「わだかまりがない・純粋な・平静な」
などの意味が多いです。

一方で、
「対義語」は「混乱・疑心・悩み」
などの意味が多いですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

虚心坦懐 使い方 例文

 

「虚心坦懐」の使い方を、
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 今までのことは全て忘れ、虚心坦懐に話し合おう。
  2. 虚心坦懐な態度で接して、相手と仲良くなった。
  3. 虚心坦懐に話せたので、過去のわだかまりを清算できた。
  4. 先入観を捨てて虚心坦懐に話せば、良い人かもしれない。
  5. 彼は嫌いな人だが、今日だけは虚心坦懐に誕生日を祝おう。
  6. 虚心坦懐に話したかったが、彼女は無愛想に対応した。
  7. 虚心坦懐に意見を聞けば、彼の意見も納得できた。
  8. リーダーは、「メンバー全員と虚心坦懐に話し合いたい」と述べた。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

虚心坦懐」=わだかまりがない素直な心で、物事にのぞむこと。

ということでしたね。

 

一言で、
純粋な心・平静な気持ち
などと覚えても良いでしょう。

今回は以上となります!

スポンサーリンク