この記事の所要時間: 449

 

今回は
虚構」の意味を
解説していきたいと思います。

 

「虚構」という言葉は、
「ドラマ・映画・評論文」など
様々な場面で目にすると思います。

しかも、
それぞれの場面で微妙に
使い方が異なるようですね。

 

一体どのような意味なのでしょうか?

さっそく、見ていきましょう。

スポンサーリンク

虚構とは?

 

虚構
の意味を辞書で引くと、
以下のように書かれています。

【虚構(きょこう)】

事実ではないことを事実らしくつくり上げること。つくりごと。

文芸作品などで、作者の想像力によって、人物・出来事・場面などを現実であるかのように組み立てること。フィクション。仮構。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

虚構(きょこう)」には、
2つ意味があります。

まず、簡単な方から
解説していきます。

 

1つ目は、
架空の出来事を書いた作品」という意味です。

 

「架空(かくう)」とは、
ウソ」「現実でない」などの意味です。

 

簡単な例だと、
「ドラマ」や「小説」などが挙げられます。

例えば、

  • ドラマ」⇒「半沢直樹」「GTO」
  • 小説」⇒「走れメロス」「ハリーポッター」

といったものです。

 

上記のような作品を
「虚構」と言うわけですね。

 

「虚構」のことを難しい言い方だと、
フィクション」と呼ぶ場合もあります。

文学の世界では、基本的に
「フィクション」と「ノンフィクション」
にわかれます。

 

「フィクション」とは、
事実にもとづかない架空の出来事を書いた
小説やドラマなどを指します。

一方で、
「ノンフィクション」とは、
伝記やインタビューなど
実際の出来事にもとづいた作品を指します。

 

つまり、「虚構」とは、
現実でない世界をあたかも現実のようにした作品
を言うわけですね。

 

では、もう一つの意味は
どんな意味なのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

虚構の使い方

虚構 使い方

 

虚構」のもう一つの意味は、
事実ではないことを、事実らしく作り上げること
という意味です。

 

この場合は、
以下のように使います。

「平等という概念は虚構にすぎない」

※「概念」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>概念と観念の意味をわかりやすく解説

 

この意味は少し難しいので、
わかりやすく説明したいと思います。

 

「平等」という言葉は、よく聞きますよね?

例えば、
以下のような考えです。

「みんなが幸せになることを目指そう!」

しかし、
現実にはどうでしょうか?

  • 「お金持ちの人」と「貧乏な人」
  • 「足が速い人」と「足が遅い人」
  • 「体が丈夫な人」と「丈夫じゃない人」

 

世の中は必ずしも平等ではありませんよね?

つまり、
先ほどの文は

「平等とは作られた概念であり、現実には人は平等でない」

ということを言っているのです。

 

この意味で使う場合は、
「評論文」などでよく使われます。

 

「評論文」では、
具体的な起源や根拠がないのに、あるように装うこと
という意味でよく使われます。

 

「平等」以外には、
「自由」「国家」なども虚構に過ぎない
ということがよく言われます。

 

もしも、
現代文で「虚構」が出てきたら、

どのような点で虚構と言えるのか?

といったことに注目すると良いです。

 

先ほどの例だと、
「お金持ち」「足の速さ」などですね。

そうすれば、
文章が読みやすくなるでしょう。

虚構の類語

虚構 類語

 

「虚構」の「類語(同義語)」には、
以下のようなものがあります。

【フィクション】

作り話。小説。

【ロマン】

小説。特に、長編小説。

【絵空事(えそらごと)】

大げさな表現。現実にはありえないこと。

「絵空事に過ぎない」のように使います。

【仮構(かこう)】

想像によってつくり出すこと。また、そのもの。

「仮構の世界」「仮構の話」のように使います。

【虚像(きょぞう)】

作られたニセのイメージ。

※「実像」の対義語で、否定的に使われます。

【擬制(ぎせい)】

事実でないことを事実としてみなすこと。

「擬制」も「フィクション」の英語訳で、
主に法律用語として使われます。

以上が、
「類語」となります。

 

いずれも共通しているのは、
人間が作り出した想像上のモノ
ということですね。

 

ちなみに、
「虚構」の対義語は
事実」となります。

スポンサーリンク

虚構の例文

 

「虚構」の使い方を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  • 俳優という職業は、虚構の世界で生きている人だ。
  • 桃太郎は、しょせん虚構の人物に過ぎない。
  • 彼はドラマの見すぎで、現実と虚構の記憶が混じっているようだ。
  • 虚構の世界から、人は色々と学ぶことができる。
  • そんなうまく成功するなんて、虚構に決まっている。
  • 「男らしさ・女らしさ」などは、虚構なのかもしれない。
  • 「国」という概念は、一種の虚構に過ぎない。

 

一般的な場面では、
「虚構」は「小説・作り話
という意味で使われます。

この場合は、
良い意味でも悪い意味でも使われます。

 

しかし、
現代文の場合は、基本的に
悪い意味で使われることが多いです。

 

例えば、
最後の例文です。

「国」というのは、
「人間が勝手に線引きして作ったもの」
という否定的な意味で使われることが多いです。

この辺の理由については、
以下の記事で詳しく書いています。

>>国民国家とは?定義や問題点をわかりやすく解説

 

国民国家」も、
現代文にはよく出て来る単語なため、
確認しておくことをおすすめします。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

虚構」=①架空の出来事を書いた作品。事実でないことを事実らしく作り上げること。

ということでしたね。

 

使い分けとしては、

①⇒一般生活でよく使われる。②⇒評論文でよく使われる。

と覚えておきましょう。

 

今回は以上となります!

スポンサーリンク