この記事の所要時間: 435

効果 効能 違い 意味 使い分け

 

皆さんは、
効果」と「効能
の違いを説明できますか?

 

「薬の効果

「温泉の効能

どちらの言葉も、薬局や旅館など
日常的な場で使われていますね。

この2つの違いは、
一体どこにあるのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

効果の意味

 

まずは、
「効果」の意味です。

【効果(こうか)】

ある働きかけによって現れる、望ましい結果。ききめ。しるし。

演劇・映画などで、その場面に情趣を加える技術および方法。雨音・風音・煙・雪など。エフェクト。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

効果」とは、
ある働きによって現れる良い結果のこと
だと思ってください。

 

例えば、
以下のように使います。

  • 胃薬の効果が現れる
  • 練習の効果が出た
  • CMによる宣伝効果

 

「効果」を覚える上で大事なのは、
結果に対して使う」という点ですね。

先ほどの例文だと、

「胃薬の効果」⇒「胃の痛みが治まった」

「練習の効果」⇒「本番でうまくいった」

「宣伝の効果」⇒「売り上げがのびた」

のようにいずれも結果があります。

このように、
何らかの望ましい結果が出た時に、
「効果が出る」と言うわけです。

効能の意味

 

続いて、
「効能」の意味です。

【効能(こうのう)】

よい結果をもたらすはたらき。ききめ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

効能」とは、
良い結果をもたらす物質の働きのこと
だと思ってください。

 

例えば、
以下のように使います。

  • 効能がある温泉
  • 緑茶の効能は多い
  • りんごに含まれる効能

 

「効能」の場合は「結果」ではなく
働き」や「作用」に対して使われます。

具体的には、

「温泉の効能」⇒冷え性の改善・水虫の予防

「緑茶の効能」⇒抗酸化作用・コレステロールの低下

「りんごの効能」⇒疲労回復・便秘対策・むくみ改善

といったことですね。

このように、
ある物事が持つ働きを説明した内容を
「効能」と呼ぶわけです。

 

「効能」は基本的に
健康に対してのみ使う」と思ってください。

スポンサーリンク

効果と効能の違い

効果 効能 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

効果」=ある働きによって現れる良い結果。

効能」=良い結果をもたらす物質の働き。

ということでした。

 

両者の違いは、2つの点から
比較すると分かりやすいでしょう。

 

1つ目は、
結果と働きのどちらに使うか」です。

「胃薬」を例にすると、

効果がある」と言った場合は、
「胃痛や胃もたれの解消」という「結果」をもたらす
という意味です。

一方で、
効能がある」と言った場合は、
「胃酸の分泌を抑える」などの「薬の働き」がある
という意味になるのです。

 

つまり、両者の関係性は、
効能によって効果が出る
ということですね。

ここで大事なのは、
効能によって、必ずしも効果が出るわけではない
ということです。

 

例えば、
「温泉の効能」と言っても、
「この温泉に入ると、必ず健康になる」
という意味ではありません。

あくまで、
「効能は結果へ導くためのプロセス」
だと思ってください。

したがって、
「効能はあったけども、効果はなかった」
ということも当然あるのです。

 

2つ目は、
意味の範囲」です。

 

「効果」は、
「医療・健康」はもちろんのこと、
映画や宣伝など様々な対象に使うことができます。

一方で、「効能」の方は、
「医療・健康」の分野でしか使えないのです。

 

つまり、
「効果」の方が大きな意味を持った言葉
ということですね。

 

まとめると、

効果」=「結果」に対して使う。(幅広い分野

効能」=「働き」に対して使う。(医療・健康のみ

となります。

関連記事:>>表示と標示の違いとは?意味や使い分けも

 

補足すると、
両者の違いは漢字にも表れています。

「効果」の「」は、
「結果」「成果」「因果」
などと同じ漢字です。

転じて、
物事の終わり・最終地点
などの意味を含んでいます。

 

一方で、「効能」の「」は、
「能力」「機能」「性能」などと同じ漢字です。

関連記事:>>機能と性能の違いとは?仕様の意味も解説

 

つまり、「効果」の方は
物事の能力・性能」などの
意味があるわけですね。

このように比較すると、
両者の違いがより分かるかと思います。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【効果の使い方】

  • 下痢止めの薬を飲んだら、すぐに効果が出た。
  • 彼へアドバイスをしてみたが、逆効果だった。
  • この映画は、映像に特殊効果を多く使っている。
  • 殺虫剤を振りまいたが、効果がなかったようだ。

 

【効能の使い方】

  • 薬の効能には個人差があり、必ずよくなるわけではない。
  • 温泉の効能としては、皮膚病・関節炎などが含まれる。
  • ブロッコリーには、がんを抑制する効能があるらしい。
  • 玄米には、健康に良い様々な効能が含まれている。

 

ちなみに、
両者は「英語」だと
以下のように言います。

効果」⇒「effect

効能」⇒「efficacy

 

「effect」は、
他に「結果・影響・効力」

「efficacy」には、
「効き目・有効性」などの意味がありますね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

効果」=ある働きによって現れる良い結果幅広い分野

効能」=良い結果をもたらす物質の働き医療・健康のみ

となります。

 

ポイントとしては、
大まかな流れを押さえることですね。

効能という働きによって効果が出る

このように覚えておけば、
違いを理解しやすいでしょう。

スポンサーリンク