この記事の所要時間: 459

公募 募集 違い 応募 意味

 

今回は
公募」と「募集
の違いを解説していきます。

 

「何かを集める」という意味で、
2つの言い方がありますね。

「作品を公募する」

「アルバイトを募集する」

この2つの違いは、
一体どこにあるのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

公募の意味

 

まずは、
「公募」の意味です。

【公募(こうぼ)】

広く一般から募集すること。

広く不特定多数の投資家を対象に、新株または公社債を募集すること。⇔私募。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

公募」とは、
広く一般から人やモノを集めること」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 公募推選」で大学に合格する
  • 公募川柳」に作品が採用される

 

「公募」は、特定の条件を公表し、
その条件に該当する対象を集めます。

上の例だと、

「公募推選」⇒学校の成績・課外活動・人柄などの受験資格。

「公募川柳」⇒お題やテーマに沿った川柳。

といったことですね。

 

逆に言えば、
「条件に合致しない対象は、公募されない」
と考えてください。

 

また、「株式」や「社債」などの
金融商品に使えるのも大きな特徴です。

最も有名なのが、
公募増資(こうぼぞうし)」ですね。

 

「公募増資」とは、
「50名以上の投資家に、新株を売り出すこと」
を言います。

主に、会社が資金調達する目的で行われます。

募集の意味

 

続いて、
「募集」の意味です。

【募集(ぼしゅう)】

広く呼びかけて必要な人や物を集めること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

募集」とは、
必要な人やモノを広く集めること」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • アルバイトを募集する
  • ボランティアを募集する

 

「募集」は、
特に条件をつけずに広く一般から集めます。

上の例だと、

「アルバイト」⇒年齢不詳・学歴不問。

「ボランティア」⇒やる気さえあればOK。

といった感じですね。

 

また、「募集」は「公募」よりも
フランクな場面で使われることが多い
と思ってください。

スポンサーリンク

公募と募集の違い

公募 募集 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

公募」=広く一般から人やモノを集めること。

募集」=必要な人やモノを広く集めること。

ということでした。

 

比較しても分かる通り、
両者の意味自体に違いはほとんどありません。

ただし、
実際の使われ方」が若干異なります。

 

大まかに2つに分けて解説すると、

1つ目は、
条件がつくかどうか」です。

 

「公募」は条件が指定されます。

したがって、
条件に該当する範囲内で広く集める場合
に使うのです。

 

一方で、
「募集」は条件がつきません。

よって、「募集」の方は
無条件で広く集めるような場合に使うのです。

 

2つ目は、
使う場面の違い」です。

 

「公募」の方は、
前に「」がつくように、
公式な場・正式な場で使うことが多いです。

具体的には、

  • 川柳・短歌などの「文学作品
  • デザインや絵画などの「芸術作品
  • 株式や社債などの「金融商品

などを集める場面ですね。

 

逆に、「募集」の方はどちらかと言うと、
フランクな場面で使うことが多いです。

極端な話、
「彼女を募集中です」などの使い方もします。

「公募」の方は、このような
フランクな使い方はしないわけですね。

 

まとめると、

公募」=条件を指定する。公式・正式な場が多い。

募集」=条件を指定しない。フランクな場が多い。

となります。

 

ちなみに、
「公募増資」とは言いますが、
募集増資」とは言いません。

「公募増資」という言葉は、
一種の専門用語と考えるのがよいでしょう。

スポンサーリンク

応募の意味

 

似たような言葉で、
「応募」があります。

「応募」の意味も
押さえておきましょう。

【応募(おうぼ)】

募集に応じること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

応募」とは、
募集に応じること」を言います。

「応じる」=「相手の働きかけに対して、行動を起こす」
という意味です。

 

つまり、
募集をする人(相手側)に対して申し込むこと
「応募」と言うわけですね。

 

例えば、
以下のように使います。

「ネットの転職サイトで、応募する」

この場合は、
「会社側の募集に対して、ネットで申し込みをする」
ということですね。

 

それぞれの違いを整理すると、

公募・募集」=人やモノを集める側の行為。

応募」=「公募・募集」する側に申し込む行為。

となります。

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【公募の使い方】

  1. 公募推選ではなく、一般入試で合格を目指す。
  2. この美術作品の愛称は、公募で決まった。
  3. 各党は、選挙に向けて候補者を公募している。
  4. 公募増資によって、株価の下落が加速した。

 

【募集の使い方】

  1. 部員が足りないため、募集をかけています。
  2. リスナーから大喜利の回答を募集する。
  3. このアパートは、現在入居者を募集中だ。
  4. 会社の募集要項を入念に確認する。

 

【応募の使い方】

  1. プレゼントをもらうには、応募が必要だ。
  2. 応募要項に従い、懸賞を申し込む。

 

補足すると、

募集要項」=「こういう方を求めています

応募要項」=「このように申し込んで下さい

という意味です。

要項」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>要綱と要領の違いとは?要項との使い分けも

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

公募」=(条件を指定して人やモノを広く集めること。

募集」=(条件を指定せずに人やモノを広く集めること。

応募」=募集に応じること。

「公募」は「公式・正式な場」が多く、
「募集」は「フランクな場」が多い。

ということでしたね。

 

実際には、
必ずしも上記のような使い分けが
されているわけではありません。

「募集」でも、
条件を指定するような場合はあります。

したがって、
「厳密な使い分けが存在するわけではない」
ということも頭に入れておきましょう。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク