この記事の所要時間: 529

 

この記事では、
言葉の単位」について解説していきます。

 

今回の内容はとても大切です。

なぜなら、
すべての文法の基礎は
「言葉の単位」にあるからです。

 

もしも、ここでつまづいてしまうと
文法そのものに苦手意識を
持ってしまうことになります。

そうならないためにも、
分かりやすく簡単に
解説していきたいと思います。

 

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

文章・段落・文・文節・単語とは?

 

まず最初に、
全体像から説明します。

 

「ことばの単位」は、大きい順

文章」→「段落」→「」→「文節」→「単語

となります。

 

一つずつ説明していきます。

文章

 

文章」とは、
一つのまとまりのある内容全体を書き表したもの」です。

 

例えば、
一つの小説であれば
その小説全体を「文章」と言います。

また、手紙であれば手紙全体、
俳句であれば俳句全体を書き表したものを
「文章」と言います。

段落

 

段落」とは、
文章を内容ごとに区切ったもの」を言います。

 

「段落」には2種類あります。

最初の1文字を下げて書いたまとまり
形式段落」と言います。

 

そして、いくつかの形式段落を
意味や内容のつながりなどで
まとめたものを「意味段落」と言います。

※「意味段落」はあまり使いません。

 

」とは、
句点で終わる一続きの言葉」を言います。

 

「句点(くてん)」とは、「」のことです。

 

例えば、以下のような文章が
あったとします。

「私は中学生です部活はサッカー部です

この場合、「。」によって
2つの文ができていると言えます。

 

別の言い方をすると、

「。」の数=「文」の数

とも言えるでしょう。

文節

 

文節」とは、
文を意味がわかる範囲で区切ったもの」です。

 

例えば、
「私はからあげが好きだ」という文が
あったとしましょう。

この場合、「文節」に分けると、

「私は からあげが 好きだ」

となります。

 

区切るときは、
発音上不自然にならない程度に
できるだけ短くします。

単語

 

単語」とは、
最も小さい言葉の単位」です。

 

「単語」は、
「文節」をさらに細かく分け、
これ以上分けると意味がなくなる所まで分けます。

先ほどの例だと、

「私 は からあげ が 好き だ」

となります。

スポンサーリンク

見分け方を簡単に

 

では、実際に
どのように見分ければよいのでしょうか?

 

簡単な例を用意しました。

 

例題

 大谷翔平は、有名な野球選手だ
2012年に日本ハムにドラフト1位で入団した

 入団後は、日本人初の二刀流として話題を集め、
2016年にはチームを日本一に導いた

 そして、2017年オフには「ポスティングシステム」
を利用してメジャー移籍を発表した

 渡米後は、打者と投手両方での成績を残し、
全米のファンをとりこにしているもちろん、現在も活躍中だ

 

まず、「文章」は
最初の「大谷翔平は」から
最後の「活躍中だ」までのすべてです。

「文章」は、
最も大きな言葉の単位なので、
最初から最後まで含まれるのです。

 

次に、
段落」は、最初の1文字が
下がっている所
を探します。

 

すると、
「大谷翔平」「入団後」「そして」「渡米後」
の前が1文字空いていることに気づくと思います。

この空いた部分を数えると4つなので、
4段落となるのです。

 

そして、「」は
」の数を数えます。

 

すると、赤字の部分を見れば
分かるように、6つです。

よって、
文の数は「6つ」となります。

 

残りの「文節」と「単語」は
最初の段落で説明します。(全部だと長いため)

 大谷翔平は、有名な野球選手だ。
2012年に日本ハムにドラフト1位で入団した。

文節」の分け方は、簡単です。

それは、
ネ・サ・ヨ」のどれかを後ろに入れて、
意味が伝わるかどうか確認してみることです。

この場合、

大谷翔平は 有名な 野球選手だ 

2012年に 日本ハムに ドラフト1位で 入団 した

となります。

 

もしもこれ以外の所に
「ネ・サ・ヨ」を入れると意味が伝わりません。

例えば、
「大谷翔平ネ はサ」だと
「はサ」の部分が意味不明です。

このように判断すれば、
文節に分けるのは意外と簡単なことが
分かると思います。

 

最後は、「単語」です。

「単語」は、

大谷翔平 は 有名 な 野球選手 だ

2012年 に 日本ハム に ドラフト1位 で 入団 した

となります。

 

単語に分ける時は、
これ以上分けられない」という所まで区切ります。

言いかえれば、
「これ以上分けると、言葉として機能しなくなる所まで分ける」
ということですね。

スポンサーリンク

練習問題で確認

 

では、今までの内容を理解できたか
確認しておきましょう。

 

以下に、問題を用意しました。

 

問題1

次の文の赤線部分で
「文」と呼べるものはどれでしょうか?

(ア)天気が良いので、外に出た。

(イ)今日は、ぼくの誕生日です。

(ウ)なぜそう思うのか、友達に聞いてみた。

(エ)はい。私は元気よく返事をした

解答

正解は(エ)です。

文というのは、
「。」で終わる一続きの言葉でしたね。

問題2

次の文を文節に分けてください。

「僕は今日お姉ちゃんと動物園に行く」

解答

僕は・今日・お姉ちゃんと・動物園に・行く

「ネ・サ・ヨ」を正しい位置に
入れられたでしょうか?

問題3

次の文を単語に分けてください。

「友達の家はとても遠い」

解答

友達・の・家・は・とても・遠い

手順としては、
文節に分けた後さらに単語に分けます。

問題4

次の文章の形式段落と文の数はいくつでしょうか?

 人間は、動物が好きである。
その中でも犬と猫が好きなようだ。

 犬は人懐っこくて従順な性格だ。
しかし、しつけをサボると大変である。

 猫は気ままで自分勝手な性格だ。
しかし、散歩をしなくてもいいので楽である。

 どちらもメリット・デメリットがあるが、
動物を飼うのは相当な労力が必要だ。

解答

「形式段落」の数→4つ

「文」の数→7つ

形式段落は、一文字下がった部分、
文は句点の数を数えるということでしたね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

文章」=一つのまとまりのある内容全体を書き表したもの。

段落」=文章を内容ごとに区切ったもの。(最初の1文字を下げて書く)

」=句点で終わる一続きの言葉。

文節」=文を意味がわかる範囲で区切ったもの。

単語」=最も小さい言葉の単位。

ということでしたね。

 

上記5つは、
これから何度も出てくる言葉なため、
ぜひマスターしておきましょう。

今回は以上となります!

スポンサーリンク